タグ:中東に降る雪 ( 106 ) タグの人気記事
キツネの頭になるならライオンの尾になれ ー選民思想とはー
e0009669_1715343.gifユダヤの新年の晩に聞いた話から思ったことを少し。プジョーのロゴとよく似たライオンが街のシンボルなエルサレム。

ユダヤの新年の食卓には、甘い年になるようにとリンゴとはちみつが上りますが、魚が泳ぐ時、当然先頭になるのは尾ではなくアタマ、つまり尾にならずに頭になるようにと、魚の頭もテーブルの上に堂々と飾られます。

選民思想。これは多くのユダヤ人自身を含む世界中の大多数の人たちによって、最も誤解されているユダヤの教えのひとつなのですが、一般的にはユダヤ人が「おれたちゃ神に選ばれた民だから偉いんだよ、フン!」と非ユダヤ人が劣等であるかのような差別意識を表わした思想だと思われています。過去のヨーロッパでも事あるたびにこの誤解された選民思想が他の人たちの反感を買い、なぜああいった悲惨なホロコーストが起こったかの理由のひとつとしても語られてきました。

しかし、選民思想とは本当は一体どういうことなのか。

選民とは、一般に理解されている「選ばれた民」ではなく、「選んだ民」。多神教が流行りモラルも何もなくなっていたアブラハムの時代。そのモラルの欠けた世に生きたアブラハムは疑問と自己探求の末に、多神ではなく唯一神が絶対の神であると悟った。つまりアブラハムが神を選んだわけです。そしてそれを本心だと受け止めた神は、アブラハムを選び、彼と契約を結ぶ。その契約によって、アブラハムを長としその子孫は他の民の光となり、世界を正しい道へ導く者としての責任を負う民となることがアブラハムとその子孫の選択となった。ユダヤの民は他のどの民よりも社会の秩序や道徳を保ち、それによって神の存在を正しく伝えていく責任を担いでゆくことを選択した、それが本当の選民思想。

そのことを忘れないために、ユダヤの新年には魚のアタマを食べますが、アタマ、つまりリーダーになるのなら何でもよいということではなく、例えば、キツネの頭とライオンの尾ではどちらがよいのか。キツネは歩く時は頭を下げて歩き、ずるがしこくせこくて卑怯なイメージがあります。そんな部類の頭になるよりも、強いライオンの方が当然よい。しかし、ライオンのリーダーになるには並大抵のことではなく、だからといって妥協して下を向いたキツネの頭になるよりは、ライオンの尾になったほうがよい。誇りを持った正しい者の尾には価値がある。ライオンは尾をピンと立てて勇ましく歩いてゆくものだから。

選民とライオンのしっぽと魚のアタマ、そんなことを考えた夜でした。
[PR]
by ck-photo | 2004-09-19 16:59 | ユダヤ雑学
ああ、愛しのごちゃ混ぜエルサレム
e0009669_7261621.jpg
今日は、エルサレムの旧市街ではなくて、わたしの住んでいる町のご紹介。

エルサレムの台所マハネ・イェフダの市場の近く、エルサレムの中心にありとても歴史あるナハラオットという町。ずっと昔は他の中東近辺からのユダヤ移民であふれ、スファラディム(スペイン系ユダヤ人)やミズラヒム(アフリカや中東系ユダヤ人)と呼ばれる人たちが住んでいた。ごちゃごちゃと小さな靴箱のような家がひしめき合い、つい最近までエルサレム切ってのスラム街。それがここ数年で、アメリカのLA周辺からのニュー・エイジでヒッピー&スピリチャルなアメリカンユダヤの若者(移民だったり留学生だったり)がどっと流れ込んできた。そのおかげで家賃は恐ろしいほどにアメリカンプライスに値上がり、しかし町も美化され、スラム街だったのが今では、

「Yo! Yo!」 ヒップな英語。
「Ah,bon!」 おっされ~なフランス語。
そして
「Ma?ma?ma?ma?」 不思議な言葉、ヘブライ語。

e0009669_7265024.jpgこんなふうに住民たちはごちゃ混ぜで、安息日を守るとても伝統的な人もいれば、その反対にMTVに夢中の金髪に染めたの若者の姿も見られる。そして腰の曲がったアラブっぽい老婆の窓からはモロッコ音楽がガンガン流れ、向こうの窓からはミヅラヒど演歌が響いて来る。そんな町に紛れ込んだ私、ニッポンジン。

e0009669_7273216.jpgこんなごちゃ混ぜ文化の町。この家は典型的なこの町の一軒。このあたりでは、こんなエルサレムの花崗岩、エルサレム・ストーンを使用した石造りの家が多く、夏はヒンヤリ涼しくて、そして冬もそのまま冷たいまんま。短い冬とはいえ、実はこの石造りの家はとっても寒いのです。

そこにハシディック(東方ヨーロッパ系の正統派ユダヤ教の一派)の青年が加わると、あらら、こーんな絵に。

明日はユダヤの新年がやってきます。

「Shalom! Shalom!」
[PR]
by ck-photo | 2004-09-14 07:24 | 混沌の文化
エルサレムで迷い猫・・・
e0009669_16523518.jpg先日ご紹介したうちのにゃんこ先生なのですが、彼、あれから一週間して外に出したのですが、その後まったく帰ってこないと思ったら、なんと、引っ越し前の向こうの家に帰ってたんです。

向こう家の今の住人さんからうちに電話がありまして、にゃんこ先生が家へ入れてくれって言うんだけど、と。なので、彼女には、センセがウロウロしてたら引き取りに行くから電話してくれるように頼んだのですが・・・。

どうも、今のうちの近所がいやな様で、かといってあっちにほっとくわけにも行かず。でも、そんなにイヤがってるのをもう一度無理やりつれて来ても(これまでに2回とっ捕まえたのですが)、彼はまた向こうに行っちゃうだろうし・・・。もともと自由気ままに出たり入ったりしてたので、いまさらまったくの家猫にはなれないだろうしね。猫って家に付くというけれど、ほんとなんですね~。

なーんてノンキなこと言っている場合じゃないのですよ。
猫ちゃんのブログをいっぱいあっちこっちで見かけるのですが、
どうなのでしょう、こんな場合って?
[PR]
by ck-photo | 2004-09-06 16:44 | エルサレム・エルサレム
羊の肉料理,中東編
e0009669_16411764.jpg

シャワルマ!

ピタパンやラッファというインドのナンのようなものにひよこ豆のペーストホムスを塗り、長時間かけてグリルしたシャワルマをスライス。そこへ一緒にサラダとフライドポテトも。ラッファでグルグルっと巻いて、はい、できあがり。

お肉の上にかかっている黄色いソースはマンゴで作った辛いソース。これがちょっと羊の脂っこさをおさえてくれて、なかなかおいしいですよ。とは言うものの、エルサレムだと羊肉はほとんど使わず、コストの安いチキンや七面鳥が主流。羊の味を出すために羊の脂身をチキンなどの間に挟んであるので、味覚的にはちょっとちがうけど何となく羊(笑)。

イスラエルやトルコでは、シャワルマ(トルコではギロス)やファラフェルのお店は、日本のラーメン屋さんかたこ焼き屋さん感覚。

これぞまさに中東のファースト・フード。
最近では日本のフェスティバルなどでもちらほら見かけるようになりましたね。

e0009669_164154100.jpg
[PR]
by ck-photo | 2004-09-05 16:43
ホムス!
e0009669_106234.jpg

北へ行く猫さんのモロッコ風ひよこ豆のスープからTBです。

中東では欠かせない食べ物、ホムス。
茹でたひよこ豆に練りゴマ、ガーリック、お水少々、レモンをしぼってミキサーでペースト状に。

お皿に盛り付けて、残りの茹でたひよこ豆を真ん中に。 
オリーブオイル、パプリカをサササッと振りかけて召しあがれ~。
[PR]
by ck-photo | 2004-09-03 10:05 | 中東の食卓+α
タクシー
さて、バスが爆発しても銃撃戦があっても、ここにはここの日常があるわけで。

今日は新しい仕事のミーティングがあったので、午後からエルサレムの町の端っこの死海へ行く道に建つ、エルサレムのなんちゃってシリコンバレー、テクノロジー・パークへ行ってきました。

うちを出てから「さてっと、バスで行こっかなー」なんていつものようにお気軽に思ってたんですけどね、齢30半ばにしてエルサレムでコッパミジン・・・・・、ってな死に方もきっと親には文句ぶつぶつ言われるだけで、お葬式もろくろく出してもらえそうにもないだろうから、結局タクシーで行くことにしたんですね。

炎天下の道にしばらく立っていると、ガーッ、とタクシーが一台向こうからやってくるのが見えたので、さっと手を挙げると止まったまではいいのです。でもよく見ると、後部席にはお客さん一人、ちゃんと乗ってますよ。

ビーッと窓が開いて、運転席から運ちゃんが言いました。

「どこまで行くねん?」
「テクノロジー・パーク」
「よっしゃ、乗りーや!」

と思いっきり手招き。ほんじゃまあ、と失礼して、タクシーに乗り込んで、あ、助手席にです、

「で、テクノロジー・パークまでほんまに行ってくれるん?」

と乗ってから思いっきりノンキなことを聞くと

「あ~、後の客?すぐそこで降りるし、そのあとで。」

え~!すぐそこってどこよ?急いでるんだけどなあ・・・。

でもこのお客さん、ほんとにすぐそこで降りてくれたのでホット一息、タクシーは一路目的地へと。このあたりの無駄のなさ、とってもイスラエル。

「ほな、20シェケルでええか?」

と運転手。もちろんメーターなんて使うと後で税金で引かれるでしょ。だから、そんなものは頼まなければ使わないんですよね。頼んでも「壊れてる」とかミエミエのうそ言うこと多々あり、結果ケンカすることも多々あり。で、今日のは、まあ大体メーターでもそれくらいの距離だって知ってたので「OK!」と言うと、運ちゃんすっかり調子に乗っちゃって

「あ、やっぱり30シェケルはどう?」
「んじゃ、やっぱり15シェケルね。」
「ああああー、それはないわ!」

どっちがですか。

と、こういったタクシーの運ちゃんとの会話はいつものこと。バスが吹き飛ぼうがなんだろうがどこかいつもユーモアがあって、でもどこか抜けていて。これもまたエルサレム。
[PR]
by ck-photo | 2004-09-03 10:00 | エルサレム・エルサレム
オリンピックのその後で
昨日の朝、
イスラエルの南の町ベルシェバの中心部にて
走行中のバス2台がほぼ同時に爆発。
イスラム原理主義組織ハマスは犯行を認めた。
  
乗客ら少なくとも16人が死亡、90人以上が負傷したとのことです。 犠牲者の中には3歳になる幼稚園に行く途中のアヴィエルちゃんも含まれていました。亡くなった16人の方は3歳から70歳までの一般市民であり、当然のことながら彼らには、一生をこの悲しみとともに生きて行かなければならない、残された家族がいます。この4年間で亡くなった両者の犠牲者の数は、なんと5千人近くにものぼります。

             アラファトよ、シャロンよ、そして世界よ・・・・・。
 

「グロスマンを読みながら(対話への対話)」

About : 
イスラエル人の作家デイヴィッド・グロスマンの著書「死を生きながら/イスラエル1993-2003」を読みながら、二人の話者(大桑千花、大黒和恵)がそれぞれの考えを話していきます。大桑はヘブライ語版から訳された英語版を、大黒は英語版から訳された日本語版を読みます。

川崎←→エルサレム
2004年7月〜 
[PR]
by ck-photo | 2004-09-02 09:55 | 戦争と平和
Waters of Eden ~楽園の水
e0009669_913042.jpg結婚式についてちょろちょろと書きましたが、今回はユダヤでの既婚女性の月経について。

女のカラダには毎月毎月の変化がありますよね。月のもの、生理。ユダヤの教えでは血はあまりよいものとしては扱われていません。血には魂が含まれているとカバラというユダヤの神秘主義などでは信じられ、カシェルというユダヤ教の食品規定では、お肉に含まれている血はタブー(旧約聖書創世記だい9章4節「ただし,その魂つまりその血を伴う肉を食べてはならない」から)。血の滴るステーキなんて、レストランでもみたことはありません。きちんとカシェルで処理されたお肉は恐ろしいほどに血抜きがされています。

さて、話は生理に戻って、この気だるい生理期間中と生理が終わってからの7日間、身体はゆっくりと休みを取り、次の排卵期へと準備をしていきます。つまりその間の最低12日間、ほぼ1ヶ月の半分、夫は妻に触れることをぐっと我慢。妻と夫はベッドを共にせず、夫は他の部屋で寝たり、ベッドの間を広くしたりと誘惑に負けないように工夫がされます。ま、妻にしてみれば願ったりかなったりかもしれない休暇ですが。宗教色の厳しい家庭では、その期間中の日常生活でも食事時にお皿を手渡したり、間接的に触れることさえしないこともあります。その休息の日々には、女性がついつい忘れがちなこと、自分のカラダの権利者は自分だということを思い出させてくれます。

そして生理開始から約12日が過ぎて、やっと夫は妻に触れることが解禁となるのですが、おっとっと。その前に女性がしなければならないことがあります。解禁の日の夕暮れ、つまり新しい日のはじまり(ユダヤでは一日は日没とともにはじまります)に妻は「ミクヴェ」と呼ばれるところへと行きます。

女性用と男性用に別れたミクヴェは清めの場所。元来ミクヴァは現在のように室内にあるものではなく、天然の水の流れる泉や川でしたが、今は各ユダヤのコミュニティーに立派なミクヴェが建てられています。ミクヴェには、体温ほどに暖められた天然水が常に流れている小さな浴室があり、そこにゆっくりとつま先から頭のてっぺんまで全身沐浴して身を清めます。それを3度ぽちゃんぽちゃんと繰り返し、神に祈りを告げ、ようやく晴れて妻はエデンの園から流れて来る水によって清浄されたことになります(なので水道水ではなく必ず流れのある天然水を用います)。

ミクヴェから帰りリフレッシュした妻。約12日間の短いようでながーい禁欲生活の終わりのハネムーンの夜。この日は赤ちゃんを授かるには最高の日。というのは、日本ではオギノ式などが一般に知られている排卵日の数え方ですが、実は生理が始まってから12~13日目、これが女性が最も妊娠可能な日です。しかし、世のユダヤの男性諸君よ。もし妻が機嫌を損ねてミクヴェへ行かなければ、いつまでたっても妻に触れることはできないので、常に妻には優しくしておかないとね・・・。これは万国共通、世の中の夫諸君に言いたいことですが。(笑)
[PR]
by ck-photo | 2004-08-31 09:00 | ユダヤ雑学
ウェディングドレスとソウルメイトの秘密
e0009669_3442357.jpgここ数年では、ミニスカートや胸元の大きく開いたウェディングドレスが流行っていますが、正統派ユダヤの結婚式では、流行に流されずクラシックなロングドレスが主流。袖も長袖か肘まで、胸元も首までしっかりカバーのウェディングドレス。これって不思議なもので、露出度の高いドレスよりも、やはり花嫁はクラシックなウェディング・ドレスのほうがすごく清楚ですてき。さてさて、そんなユダヤのドレスにもちゃんとワケがあった。

一昔前の日本なら「破れ鍋に綴じ蓋」、今風に言えば「Soul Mate(ソウルメイト)」というコンセプトがユダヤ、とくにユダヤの中でもカバラと呼ばれる教義にある。誰にでもその人の欠片があり、その欠片を見つけて結婚することによってはじめて一人前の人となる。そんなソウルメイトに巡り会えるまで、肉体関係は当然のことデートで手を握るなんてとんでもない。身体と心の双方でふれあう、それが許されるのはめでたく結婚し夫と妻となった時。

現代に溢れかえるセックス産業に、意味のないお気軽セックス。中高生でも援助交際なんてほんのお遊び。そんなことがあたりまえの世の中で、こういったソウルメイトの価値観を貫いて生きるというのは、ちょっとすばらしい。

e0009669_3451028.jpg結婚式やお祝いの席でダンスでは正統派では男女別々に踊るとどこかで以前ちらりと書きました。はい、ここにもちゃんとワケがありました。女性の踊っている姿ってセクシーですよね。踊ってる娘を見て「あのコ、いいな~」なんてありがちなことでは?そう、だから、正統派ユダヤでは男性は女性の踊っている姿を見てるのはタブー。が、反対に女性は男性の踊っている姿は見てもよい。どうもユダヤ教は女性に有利なようですね。

そしてこれは歌声にも言えます。男性が女性の生の歌声を聴くのはタブー。でもヒゲヅラ男性のダミ声、OK。そしてもうひとつ。髪は女の命・・・とも言うように、美しい髪の女性、ほれちゃいます。そこで正統派の既婚女性は、既婚ですよという印として髪をスカーフやかつらで隠します。ユダヤ教から数世紀のちにできたイスラームの女性がスカーフで頭を覆っているのは、実はここから。

そういったいわゆるモラルがしっかりと根付いている正統派ユダヤの世界では、他の男性が誰かの妻を好きになっては大変。不倫、これも本当に恐ろしいほどにご法度です。
[PR]
by ck-photo | 2004-08-30 03:30 | ユダヤ雑学
遅刻した結婚式
ベイト・シェメシュという街で行われたユダヤ教正統派の結婚式に行ってきました。
e0009669_2236711.jpg


e0009669_22514592.jpg日没と共に一日がはじまるユダヤ教では、結婚式はその日の終わりからはじめにかけてにはじまります。夏のながいイスラエルでの結婚式はガーディン・ウェディングが主流。夕日が沈む頃には、ガーデンの奥に「フパ」と呼ばれる、家の屋根を象徴するテントのようなも(4本の柱に天蓋があれるもの)のが建てられます。そして純白のウェディングドレスに身を包んだ花嫁さんは、女性たちに囲まれて花嫁の椅子に座り、新郎がやって来るのをドキドキしながら待ちます。(どうして左の写真に花嫁さんが座ってないかというと・・・。遅刻しちゃったのでこの部分は終わってましたのです、はい。)

e0009669_2256621.jpge0009669_2253229.jpg新郎と花嫁は結婚式の前の7日間は会わないという習慣があるのですが、男性たちにはやされながら新郎が椅子に座っているベールの花嫁を確認しに来たときにそれがやっと終ります。ここで新郎は7日ぶりに見る美しい花嫁姿の彼女にまた惚れ直すというわけでしょうか。その女性が間違いなく自分の妻となる女性だとベールを上げて確認します。そしてまた新郎は男性たちにはやされながら、いよいよ新居の象徴のフパの下へと向かい、母親に連れられて一歩一歩フパへ近づいてくる花嫁を待ちます。

フパの下ではラビ(ユダヤ教の教師)が式典を行い、新郎が花嫁に金の指輪を渡します。キリスト教や日本で行われる結婚式では、普通は指輪は「交換」ですが、では、この指輪の交換の由来はいかに??

ユダヤでは結婚の貢物はもともとは指輪ではなく、宝石や金銀、そのまた昔には数匹のラクダ、など価値のある品を新郎側が花嫁の父に支払いましたが、時代と共にだんだんと金が主流になり、現代になってそれが金の指輪となりました。それをまねてユダヤ以外の人たちも行うようになり、結婚式の指輪交換という習慣となりました。しかしユダヤの結婚式では、今でも指輪は交換ではなく、新郎から花嫁に渡され、花嫁の左手の人差し指にはめます。花嫁は「確かに新郎からもらいましたよ」と指輪の人差し指を差し出すようにして、ラビとまわりの証人たちに見せます。

次に「ケトゥバ」と呼ばれる結婚の契約書が新郎から花嫁の母に渡されます。このケトゥバには、結婚生活上の「夫の義務」のすべて、たとえば・・・、

・祭りごとに妻に洋服やアクセサリーなどの贈り物をする。
・離婚の際に渡す慰謝料の最低金額。
・妻を喜ばせる夜の生活。

などなど、具体的に「夫」が妻を幸せにするための義務の一つ一つが書かれ、こういう約束をしては一番イ~ヤな相手、そう、義理の母にしっかりと証文として渡されます。その反対に、妻にはどんな結婚生活の義務があるかというと、実は「妻の義務」はなし。なかなか女性としては嬉しいではないですか。男性の皆さん、「日本人でよかった~!」でしょ?

そして結婚式はハイライトへと。フパの下で新郎がワイングラスを力を込めて「バンっ!」と踏みつけて割ります。むかしむかしですが、このワイングラスを踏みつける理由が「なるほど・ザ・ワールド」かなにかでクイズになっていたのですが、結婚という人生の中でも最大級に喜ばしい日、その新しい家庭を築いてゆく初日にも、何世紀も昔のエルサレムで破壊されたユダヤの神殿を忘れない、その崩壊の悲しみを次の世代へと受けついで行くために、ワイングラスを踏みつけます。

e0009669_22541852.jpgバン!というグラスの割れた音と同時に歓声が上がり、結婚式はこれにて終了。ホールへと移動してみんな、ダンス!ダンス!ダンス!食べきれないくらいのフルコース・ディナーが待っています。ちなみに正統派では結婚式以外の行事でもダンスは必ず男女別々。会場に大きなメヒツァと呼ばれる仕切りを置きます。その理由は・・・・、長くなっちゃうのでまた今度・・・。がくっ。
[PR]
by ck-photo | 2004-08-30 01:30 | エルサレム・エルサレム