タグ:ユダヤ料理 ( 34 ) タグの人気記事
イタリアン シナゴーグ from Conegliano to Jerusalem
さて、ようやくぼちぼちと復活の兆しです。ご心配おかけしました。

お約束していたエルサレムのイタリアン シナゴーグです。

お散歩がてら、ぷらぷら歩いて行ってきました。エルサレム新市街にあるこのシナゴーグは小さなミュージアムになっていて、入場料は大人15シェケル。以前はイタリア系ユダヤ人の知人がここの管理者だったので、このシナゴーグには遊びに行ったことはあったのですが、ミュージアムははじめての経験。

このシナゴーグはもともと北イタリアのコネリアーノ(Conegliano)のコミュニティーにあったのですが、第二次大戦後の1951年にエルサレムに転居。シナゴーグ内にあるもののほとんどは18~19世紀のもの。シナゴーグの内部の一番奥のゴージャスな戸棚はアロン・ハコデッシュといって、ユダヤの聖典であるトーラー(旧約聖書のモーセの五書)が保管されています。このアロン・ハコデッシュは1652年に作られたもので重厚ですね。世界各国、どこのシナゴーグでもアロン・ハコデッシュはエルサレムのかつてのユダヤ神殿の西の壁、つまり嘆きの壁の方向に置かれます。
e0009669_20595478.jpg


シナゴーグの真ん中にあるのは祈りをリードする男性の立つお立ち台。
これは常にアロン・ハコデッシュに向いています(つまり西の壁の方向)。
一階は男性、二階が女性の場所です。二階のギャラリーからは木彫りの目隠しのあいだから一階を見ることができます。正統派ユダヤのシナゴーグの場合は、上階と下階または左右で男女別々に座ります。

e0009669_2101934.jpg


職人さんが1652年作のアロン・ハコデッシュの飾り部分をちょうど塗り直しをしていました。ほんものの金なのかなあ・・・。うーん、尋ねればよかったのですが、慎重に塗っていたのでそそそそーっと外に出てきちゃいました。
e0009669_2104844.jpg



e0009669_211111.jpg

ミュージアムの中。1600年に作られたアロン・ハコデッシュや、椅子、18世紀あたりの銀細工の祈祷書カバーなど、いろいろな道具があります。

e0009669_2113760.jpg

これは来週にやってくるハヌカの祭りに使う古い銀のハヌキヤ。ああ、ハヌカがくるともう12月なんだなあと実感。

e0009669_2115449.jpg

いかにもイタリアーンなデザイン。ビーナスの乗っていた貝殻のようなモチーフもありました。
で、ここまで写真を撮ったところで、「あー、写真撮影はあかんでー」だって。

そしてシナゴーグとミュージアムを後にして、イタリアーンとくればパスタかピツァと行きたいところですが、やっぱりエルサレムなので思いっきりローカルにホムス。なかなかおいしかった!
e0009669_2121017.jpg

で、このホムス。以前は自分でよく作ったのですが、最近はたまーにレストランなどで注文するぐらい。作り方は簡単。缶詰(または家庭で茹でた)ひよこ豆の汁を切ってミキサーでガーッ。そこにレモンの絞ったの、オリーブオイル、タヒニ(練りゴマ)、ガーリック、を加えてさらにガーッ。塩を適当に入れて、はい、できがり。タヒニを多く入れるとまろやか~でグー。でも太るよ、絶対に。初めてイスラエルに来たときに2ヶ月で5キロ増えたオンナです。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-11 05:47 | 中東の職人技
アーティチョークの炒め物、と美しい日本
そしてまいどの中東の食卓です。

アーティチョークの炒め物。
季節感のあまりないエルサレムですが、昼間はまだ日本の5月ぐらいでしょうか。
それでもここしばらくで朝夕はすっかり冷え込んできました。
ちょっとこってりしたものが食べたくなったかも。

e0009669_11393773.jpg

便利なのでスーパーなどに売っている缶詰を使います。
マハネ・イェフダ市場で生のものの写真を撮るのを忘れました。

にんにく、たまねぎのスライスをぎゅっと握ってから、
オリーブオイルをひいた中華なべで、炒めます。
そこに戻した干ししいたけ、ねぎ、キャベツ(または白菜)のみじん切りを加え、
缶のアーティチョークもえいっ、よく火を通します。
これに作り置きのハーブ入りトマトソースをよくからめてできあがり!
今回は干ししいたけを入れたので、
トマトソースの代わりにおしょうゆとお酒で味付けをすればあっという間に中華風。
それもおいしそうやなあ。

アーティチョーク、食感はたけのこの炒め物。
野菜大好きなわたしとしてはかなりうれしい一品です。
ブロッコリー(エルサレムでは高級品)を入れてもよさそう。
お肉がほしい方は、ミンチを入れるといいでしょうね。


e0009669_0304551.jpgそして、今日の午後、宝物がひとつ増えました。
大切にしている絵本のコレクションにもう一冊、こんなすてきな絵本が浜名湖の湖畔のお友達から届きました。

画家の原田泰治さんと、歌手でありなんでも器用なさだまさしさんの絵本、というか、原田さんのほんわりとした絵にさださんの美しい歌の本。ページをめくるたびに、古きよき日本がそこにあり、日本にいても海外にいても、とにかく思いっきりホームシックになりそうな一冊です。永久保存版ですね。こんな砂漠の僻地までこれぞという品を送っていただいて、本当にどうもありがとう!

e0009669_0315898.jpg

その湖畔のお友達に教えていただいたのですが、さださんって歌のほかにも美しい絵本や本も書かれているのですね。

小さいお子さんのいる方、そして大人の方もぜひ本屋さんで見てみてください。

で、美しい日本といえば、こちら、のらさんのブログ。今回ののらさんの写真がなんともこの絵本と重なります。


原田泰治美術館


追記・・・投稿直後には「エルサレム・アーティチョーク」と書いてありましたが、ボケてました。
これとエルサレム・アーティチョークは別物っ!
エルサレム・アーティチョークはお芋のような、でも味はちょっとごぼうのような野菜です。
これは単なるアーティチョーク(の芯の部分ね)ですワッハッハ。失礼おば。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-31 00:46 | 中東の食卓+α
ほうれん草のサラダを彩る宝石

バラの香りの真っ赤なルビーはいかがですか?
おうちでちょっと贅沢

e0009669_10541654.jpg


ローズウォーターをかけた柘榴の誘惑

甘くて酸っぱくて
バラの香りが口いっぱいに広がったよ

ほうれん草のサラダを彩る赤い宝石
ドレッシングははちみつレモン&オリーブオイルできゅっと
[PR]
by ck-photo | 2006-10-20 03:28 | 中東の食卓+α
シェルターとクッキーなわけ
仮庵の祭りも終わり、雨乞いが叶ったようで4月以来はじめて本格的な雨が降り、ついに夏が終わってしまいました。そこで引越しをしました。

といっても、家内引越し。

自宅のまわり近所がどうにもやかましい。毎日毎日、どうやったらそれだけの騒音が出せるのか。一階に住む中年おやじは毎日のようにがなる、趣味の日曜大工で鉄を切るチェーンソーのようなものをウィーーーーーンンンンッと日がな一日中使い続ける。その家の躾のされていない犬たち。そして、向かいの家の子供たちに手を焼いている母親のヒステリックな叫び声。

たしかに人間の日常の営みなわけですが、自宅で仕事をしている者にはかなりきつい。そこで、自宅のリビングにあった仕事場を、シェルター内へ引っ越しました。シェルターは、当然ほかの部屋よりも壁も頑丈で厚く、鉄製の窓と入り口のドアをガシャーン、閉めてしまえば外からの音はほぼ遮断。これほど仕事場に向いている部屋はあるまい。今まで書庫&物置状態だったので、もったいないことをしたなあ。写真だとごくごく普通の部屋に見えますねえ。左に写ってるヘブライ語が書かれたのが、鉄の窓。重くて片手では開け閉めは無理。これだったら生物化学兵器もシャットアウトかな?と、サラリとそういうオソロシイことも言ってみる。
e0009669_21593085.jpg

イスラエルの家屋にはシェルターが備わっているものが多く、一般的にはアパートのビルの地下に住人共同シェルター(ほぼ、物置状態だったりする)となりますが、うちの場合は築9年ほどなので、どうやら家の中に個人のシェルターを設置したよう。近所などでは、公園の地下に地区のシェルターもありますね。

今年の夏のハイファのように、いつ何時他国から攻められるかわからないイスラエル。なので、シェルターがあるわけですが、エルサレムにはいらないなあ・・・・。いちおう、イスラームいわく、エルサレムはイスラームの聖地のひとつですから、自爆テロは起こしても空爆などの標的にする確立はほとんどない。安全なのか、そうでないのか、よくわからない街です。

e0009669_220728.jpg

そして、雨が降るたびに気温が下がっていくエルサレム、これから冬にかけて食べたくなるのがこのジャムサンド・クッキー。暑い夏場は見向きもしませんでしたが、今頃になるとこの赤い子供だましのようなジャムに、どうもついつい手が伸びてしまいます。カシェル的には肉でも乳製品でもない中間食品なので、当然バターもミルクも使ってないので、クッキー独特の甘いバターの風味もありませんが、それでもお菓子のおいしくないエルサレムではかなりハマッテしまうクッキーです。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-15 22:16 | 戦争と平和
イエメンのご飯 ~レモンの鶏肉とポテト煮込み
「中東の食卓」というカテゴリーがあるにもかかわらず、このブログになってからはお料理も遠のく日々。たまには何かつくらなあかん・・・と、久しぶりにかんたんイエメン料理を作ってみました。

e0009669_24128100.jpg

イスラエルの家庭でよく炊かれるイラク米。
名前がイラク米なので、イラクのお米なのかなあと思うものの、本当はどうだかわからない。
タイ米やバスマティ米のような風味と細長さで、ピラフやカレーにグー。

でもなかなかうまく炊けたことがなかった。
なんでかなあ。

「お米を洗う。
炊きはじめたら触らない。」

この鉄則が、どうもうまく炊けない理由のよう。
イスラエルのお母ちゃん方を見ていると、このイラク米は洗わないで、そのまんま、なべへ。

おなべにオリーブオイルを多めに温めたところに、お米をバラバラッと。
そして、油を絡めるようにして、お米を5分ほど弱火でジャッジャッ、炒める。
そこにお水をジャーっといれて、チキンスープのもを入れる。
もう一度、お米がくっつかないようにかき混ぜてふたをする。
それから、途中でもう一度、ふたを開けて、混ぜ混ぜ。

さて、炊き上がったお米は・・・
e0009669_242873.jpg

こんな感じで、おいしそうにパラパラ。
熱々のうちに風味付け。新鮮なディルとコリアンダーのみじん切りを多めに混ぜる。
これだけでもしっかりピラフのようでおいしい。

そして、お米を炊いているあいだに、イエメンの煮込みを作ります。
(いや、本当はその反対。煮込んでいるあいだにお米を炊く。)
材料はじゃがいも2~3個。たまねぎ2個。鶏肉を適当。よく洗ったレモン1個。
スパイスはパプリカの粉。

たまねぎとじゃがいもを3ミリぐらいの輪切りに。
おなべにオリーブオイルを熱して、そこにパプリカの粉を大匙2ぐらい。
ええ、あとでスープが真っ赤になるくらいの多めがいいんですよ。

そこに、輪切りのたまねぎを敷き詰め、その上にじゃがじゃがを重ねます。
そしておなじように、適当に切った鶏肉を乗せます。
最後に一番上に、スマイリーに切ったレモンを皮のついたまま敷き詰めます。

そこにお水をレモンの上すれすれぐらいとスープのもとを入れて、
40分~1時間、弱火~中火で煮込みます。
焦げないようにね。でも混ぜないで。

できあがりはこちら。炊いたご飯の上に、かけて召し上がれ。
ちょっとおいしそうに見えませんねえ・・・。残念。
e0009669_329612.jpg

レモンが酸っぱくて、たまねぎとじゃがいもがなんともおいしいのですが・・・。
で、いつものごとく、鶏肉は別になくてもよかった・・・。
まあ、お愛想であったほうがいいかということで。
そして、忘れてはいけないのが、これ。スフーグ。
これがレモンの酸味の効いた煮込みにぴったり。
e0009669_2445040.jpg

イエメンのグリーンチリペッパーとコリアンダー、にんにく、
ほかなんだかわからないものいっぱいのスパイシーなペースト。
赤いスフーグもありますが、わたしはこのグリーンのものが好き。
マハネ・イェフダ市場のお店には、ホームメイドのものもありますが、
日持ちがしないので、いつもこれを買ってしまいます。



デザートは、季節外れの桃とココナッツミルクのシナモン風味寒天寄せ。
e0009669_35476.jpg

ゼリーで作るともっとプルプルかもしれませんが、
煮込みのあとは、あえてちょっとシャキッと寒天で。

ごちそうさんでした。


追記:ヘブライ語ではオレズ・イラキー(イラクのお米)と呼んでいたのでイラク米と思っていましたが、スーパーなどではパッケージにはイラン米と書いてありますね。ということは、イラン米のイラク風に炊いたん、ということなのでしょうか。こんがらがってしまいました。真相はいかに?

追記2:後日になりますが友人の料理人に聞いてみたところ、やはりイラン米やバスマティーなどをイラク風に炊いたものをオレズ・イラキーと呼ぶそうです。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-13 03:13 | 中東の食卓+α
ちょっと一息、うちのかんたん食卓
e0009669_23462743.jpg

エルサレムもユダヤの新年のころにはざくろの季節。
大きなざくろが今年もマハネ・イェフダ市場に並びます。
子供のころ、ざくろは学校の校庭や家の庭の木からもいで食べるものでしたが、
近頃では店先に並んでいるざくろを、お金を出して買うのはなんとも不思議な気分になります。

ざくろを見るときらきらとルビーのようで、それだけでなんだか幸せになります。



さてと、取り出したるは、一枚のピタ。
e0009669_2347291.jpg


これを二枚にスライスして、オリーブオイル、トマトピューレ、ハーブ、むらさきたまねぎ、ツナと乗せていきます。オーブンで5分、チーン!はい、かんたんサクサクピザの出来上がり。えっ?チーズですか?いえね、冷蔵庫に買い置きがなかったんですよ。というかほとんどイエローチーズは買ってまでは食べないから。イスラエルでチーズというと、やはりカッテージなどの白いチーズですね。

e0009669_2348730.jpg



そしてこれまたかんたんクスクス。穀物屋で買ってきた乾燥クスクスをつかって。

e0009669_23485728.jpg
本当ならば、クスクスとスープは別のなべで作るのですが、すぐに食べるから一緒のおなべで。
作り置きのチキンスープにトマトピューレを混ぜて沸騰させる。
そこにクスクスをどどどっ。弱火に落としてふたをして待つこと5分。クスクスのできあがり~。
これは時間がたつと固まっちゃうので、すぐに食べるときだけおすすめ調理法。
チキンスープがないときは、野菜スープ、缶入りのソーセージとお汁なんかでもかんたんですね。
[PR]
by ck-photo | 2006-09-30 00:01 | 中東の食卓+α
チキンスープと秋  ユダヤの新年
ご心配をおかけしましたが、ぼちぼちアタマも働くようになりつつあります。今回のウィルスはしんどかったぁ・・・。疲れ気味のこともあって、長引いてしまいました。ウィルスもどんどん進化するので、困ったものですね。春も、ヨーロッパから帰ってすぐにマハネ・イェフダの市場へ買い物に行ったら、即効で何かもらって来ました。その後、数日は気分がすぐれなかった。エルサレムは雑菌が多すぎるのでしょうか。

さて、ユダヤの新年。今年は安息日と重なりました。ショファーも安息日だと吹いてはいけないので、静かな新年でした。新年がやってくると、やはり秋も近くなりつつあるエルサレムです。夜は寒いので、毛糸の靴下。でも昼間はまだ灼熱してますが。そしてこのあとは、一年に一度の贖いの日がやってきて、それから仮庵の祭り。それが10月の終わりごろでしょうか。そうなると雨が降り始めます。これからの一ヶ月は、イスラエルへ旅行するにはちょうどいい季節ですね。

休養中と新年の間に、いろーいろと人生の方向について考えることがあって、まあ、西暦の2006年は、自分にとっては考える年なのでしょう。今年の答えは来年だなあ、きっと。それはそれでよし。物事にはすべてそれにあったタイミングがあるわけですから。と、「オーラの泉」という番組をYouTubeで見ていて、なんておもしろいんだと思ったここ数日です。東京に住む私のいとこは全部丸見え&すごい体験の数々で、美輪さんやら江原さんやら、ああ、そういう方たちってやっぱりいるんやなあ、へー、と。

で、以前お世話になったチベット仏教学の長尾先生が、去年98歳で亡くなられたのですが、「現世ではもう間に合わないから、来世でしてみよう」と笑いながらおっしゃっていたことなどなどを「オーラの泉」を見ながら思い出したり。先生のような悟られた方でももしまた輪廻するなら、今はどこにいらっしゃるのでしょうか。またどこかでお目にかかれることを願わずにはいられません。と、こういう輪廻という観念はユダヤにはないので、ユダヤの友人たちに話したところでピンとこない。なぜかしら、自分の中では、秋から冬にかけては仏教的な感覚が強くなります。不思議ですね。

e0009669_918051.jpg


と、とりとめもなく書いてしまいました。で、書きついでにもうひとつ。休養中に友人が訪ねて来たのですが、「高熱で気分悪いから・・・」「えー?!なんか作ってあげるよ!ダブルめだまやき?!サラダ?!」うーん・・・・、めだまやきなんてそんな濃いものはいらん・・・、サラダは体が冷えそう&消化に悪い・・・。この感覚の違いっておもしろいなあ。で、結局、自分で作ったのが、手羽先のチキンスープ!わはは・・・。これも、日本では、病気のときの食べ物ではないですね。ユダヤの家庭だと、病気のとき=チキンスープ。でも意外といいんですよ、これが。すーっと体に沁みるし、栄養もあるし。と、これはかなりユダヤな影響部分ですね。

ということで、ぼちぼち再開していきます。またよろしく。



[PR]
by ck-photo | 2006-09-25 10:20 | ユダヤの暦
ひとり遊びが好きよ。

と、いきなりですが、キッチンの片隅のコレクション。バサーッとテーブルの上で遊んでみました。仕事もちょっと一段落を迎えそうなそうでなさそうな・・・。まだ他の方のブログをたずねてゆくゆとりがもてませんが、たまにはこうしてぼーっとしてみるのもいいかなあ。ちなみに、安息日前の金曜の午後のイスラエル、とあるポピュラーなラジオからは、毎週のごとく繰り返しビートルズが流れてきます。ふしぎだ・・・。
e0009669_2150359.jpg


さて、ユダヤのワイン、いわゆる食品カシェル認定済みのワインのコルクたち。なんていうと、とてつもなく飲兵衛のような数ですが、いえいえ、ここ一年半ほどのワインです。はい。

イスラエル産の主なワインでは、北部で採れるJarden、Golan Hights、Tishbi、などなどですが、値段はピンからキリまで。安息日などに飲まれる一般的なワインは29~35シェケル(800円)ほどでしょうか。これでもかなり高い気もしますが、これ以上の値段のワインは高価なワインの部類になってしまいます。安いものでは16シェケルほどものもあります、が、飲めないね~・・・やっぱり。

こちらは、お気に入りのコルクデザイン。ランプがいかにも中東らしくておもしろい。
e0009669_2153613.jpg

これまた、とってもユダヤなデザイン。トーラー(旧約のモーセの5書)の巻物がモチーフ。
e0009669_21523315.jpg

コルクによっては、ちゃんと「カシェル」とヘブライ語で(日本語じゃないですね、当然)書かれているものも。

もともと、ユダヤの人たちには文化的に飲酒の習慣というものはないのですが、ここ最近になって若者の間では「目指せヨーロピアン!」の風潮が強く、都会のテル・アヴィヴのカフェ・レストランでは、カシェルに関係なくおしゃれに外国産のワインを飲んだりもするようです。が、黒ひげも(正統派ユダヤ)の人たちにとっては、ワインはやはり安息日や行事につかうためのもの。カシェル認定がなければなりませんね。

一昔前までは、イスラエルの葡萄はとってもおいしくて、本当に蜜の味というか、甘すぎてのどが痛いくらいだったのですが、ここ最近はダメですね。農産国であるこの国、すっかり化学肥料がたくさん使われたりなんだかんだで、すっかり質が落ちてしまいました。市場で葡萄を買って食べようと思わなくなったのが残念。


さて、本題のワインのカシェルについてはまだまだ色々とあるのですが、それはまた次の機会にでも~・・・。(ガクッ)
[PR]
by ck-photo | 2006-09-01 22:10 | 中東の食卓+α
マツァのチョコ&自動加熱なグルメ
さて、本日の話題。

ティシャ・べ・アヴも今夜に迫り、例年のごとくまったく風のない猛暑なエルサレム。
ティシャ・ベ・アヴはかつて建っていた神殿の崩壊を嘆き、24時間の断食。
当然、水分もダメー。
今夜は一晩中、人々は嘆きの壁の前に祈りに訪れます。

このティシャ・ベ・アヴの3週間前からは、娯楽、ショッピング、散髪、などは禁止。
黒ひげも(正統派ゆだや)の人たちの中にはシャワーも浴びない・・・人もいる。
んー、喪に服している様子はよく伝わりますが、
しかもいつもの通りの黒いコートに帽子にと・・・こちらの嗅覚にもつーんと伝わります。
暑いなあ~、しんどそうやな~。

さて、その断食のティシャ・ベ・アヴの前に、ちょいと、食べ物の話でも。
数ヶ月前、NYからエルサレムに留学中のM君のママから届いた託り物。
M君に渡して頂戴と、送ってきたはいいものの、肝心のM君は自分の好きなもの数品を抜き取ると、「残りは後で取りに来るから」。

それから早数ヶ月。「いらんのやったらこっちで処分するで?」「OK、好きにして」
ということで、箱の中身を捨てようと思ったら・・・、
e0009669_17543824.jpg

おおっ?これはなんぞ?
e0009669_1756059.jpg


これはおチョコさまではありませんか?
e0009669_2242115.jpg


続きを読む?
[PR]
by ck-photo | 2006-08-02 18:45 | 中東の食卓+α
エルサレムのニューヨーク
時々、ムショーに食べたくなるベーグル。
e0009669_453525.jpg

もう10年以上も前の第1次NY時代には、
学校の近くのベーグル屋さんでお昼を食べたり、懐かしい思い出。

エルサレムの新市街にある「ホーリーベーグル」。
5つほどのミニテーブルが並んでいる小さなお店ですが、
しっかりとした食感がエルサレムではいちばんおいしい!
テル・アヴィヴなどで食べたベーグルの中でも、
ここがいちばんおいしい!

ということは、この国でいちばんかも?
e0009669_4423156.jpg

一昨日、旧市街へ行く途中のブランチには、
オニオンベーグルに、ねぎの入ったクリームチーズに、アルファルファ、スモークサーモンのパテ。
モグモグモグモグ・・・、半分は後でおやつにでも食べようと思いつつも、
新聞を読みながらペロリ。ああ~・・・、やってしまった、大食らい。
お値段は18シェケルなり。
e0009669_4435068.jpg

おばあちゃんにおじいちゃん、若い学生風に、と、
入ってくるお客さんの95%はアメリカーン。
アクセントから、おそらくは元ニューヨーカーたち。

エルサレムにしてはえらくおしゃれなおばあちゃんが
カウンターの高校生ぐらいの若い店員のオニイサンに、早口のNY訛りの英語で注文。

「コォーフィー(コーヒー)はむちゃくちゃホットにしてちょうだい!そう、あなたくらいアツアツのホットにね!」

いったい何を言われたのか、若い店員のオニイサンはぽか~ん。
一瞬の沈黙のあと、ワタシともう一人のお客さんとで、
おばあちゃんのそのユーモアというか、いつまでたったもオンナはオンナだなあと、
大笑いしてしまいました。

エルサレムにいながら、どことなくNYを感じられる場所。
[PR]
by ck-photo | 2006-07-23 05:12 | 中東の食卓+α