タグ:旧市街 ( 43 ) タグの人気記事
シュールといえば・・・
e0009669_18554169.jpg

(The Ethiopian Church, The Old City of Jerusalem. Aug/2007)

エルサレムでもっともシュールな世界といえば、Holy Sepulcher とこのエチオピア教会。この独特な宗教画と同じく、庭を歩くペンギンさんのような僧侶たちの姿もおもしろい。ふだんは静かでひっそりしているので、こっそりヒミツの場所だったのだが、なんのことはない、夏場はここまでがやがやと観光客がやって来る。まあ、しょうがない。


所変わって、その隣りのHoly Sepulcherの一郭、ロシア正教の天井画。
e0009669_18562026.jpg

(The Holy Sepulcher, The Old City of Jerusalem. Aug/2007)

パワフルかつゴージャス。しかしこういった絵を眺める度に、Jesusの手にしているのは旧約or新約どっち?と気になってしまうリアリステックすぎる自分。が、宗教と政治について論議すると友情が破綻するとよくいわれますので、この話はやめておきましょう(笑)。


e0009669_1857559.jpg

(The Holy Sepulcher, The Old City of Jerusalem. Aug/2007)

1845 年にロシアから訪れたらしい巡礼者の足跡。こんな落書きは1800代にもあったんですね。人って変わらないな・・・。これが今までこの建物の中で見つけたいちばん古い落書き。探せばさらに古いものもあるのかも。実はこのすぐそばに1600年代らしき落書きもあるのですが、どうも18が16に見えるだけのようで、ちょっとがっかり。落書き、というか石の壁や柱にね掘ってまでそういうのはいかんヨ〜と思いつつも、そのときイッショウケンメイ掘った人の姿や想いを思い浮かべたり、当時のロシアからエルサレムに巡礼に来てなにを見たのかな?なんて、ワクワクしたりするのがまた楽しやエルサレム。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-19 19:27 | エルサレム・エルサレム
赤ワインじゃないよ
e0009669_17344223.jpg

(harub Juice by the Damascus gate, Jerusalem. Set/2007)
東エルサレム。旧市街のダマスカス門を出たところ、塀の上に腰掛けているジュース売りのおじちゃんがいる。ハルルルーブ!ハルルルーブ!何かと思ったらキャロブのジュース。キンキンに冷えたジュースが大きなプラスチックカップ一杯3シェケルなり。おじちゃんの奥さんの手作りなのだろう。新市外ではあり得ない値段。鞄から持っていたミニペットボトルを差し出して、うちで飲みたいからさここに入れてちょーだい。あははっ、それでもやっぱり3シェケルだった。値段はあってないようなもんか。

そして気になるお味は・・・、そうか、キャロブだって豆だもんね、飲む水ようかん。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-11 17:42 | 中東の食卓+α
たまにはこんなベタなのも
e0009669_4374320.jpg

(The Western Wall & The Dome of the Rock, Jerusalem. Sep/2007)

エルサレムと言えばこの黄金のドームに西の壁(嘆きの壁)。
こんな風景も見慣れちゃって、ふ〜ん。
でもそれってきっと、実はすごく贅沢なんとちゃうかなと思ったりして。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-11 04:42 | エルサレム・エルサレム
どうやねん?
e0009669_513511.jpg

(Arab Quoter The Old City of Jerusalem July/2007)

今夜はイスラエル版「スター誕生5」の決勝戦。
北部キネレットの湖畔で決勝ライブステージ。

ロシア系の娘、マリーナ
イェメン系の爽やかコカコーラ青年、ボアズ
アシュケナジー系にも見えるけどよくわからない
ちょっと時代遅れのロック野郎、シュロミ。

この3者の戦い。

野外会場にはイスラエル国民の半分もいるんじゃないかと思うぐらい
とんでもない数の観客たちの熱気。
すごいなあ・・・・。
イスラエルの国旗もはためいている。
まるで大晦日の紅白のような
国民的イベント。

こういう時、ふと気になる。

アラブ系イスラエル国民は
こういったイベントや祭りをどう見るのだろう。
自分たちには関係ないね、と割り切っているのか、
同じように、でも自宅のテレビで見るのか、
それとも疎外感でいっぱいなのか。

旧市街で焼き物屋を営む、
生まれも育ちもエルサレムだけど、
ついこの前まではヨルダン国籍、
そしてようやくイスラエル国籍を手にした
シリア正教で弟はユダヤに改宗した友人のエリ。
今度彼に会ったら聞いてみよう。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-30 05:27 | 中東の食卓+α
そういうことか。
e0009669_1329124.jpg

(At The Holy Sepulcher, Christian quarter of The Old City of Jerusalem)

以前から不思議だと思っていたマリア像。胸に剣が突き刺さっている。

聖墳墓教会を後にして、アラブ市場をダマスカス門へ抜けようと歩いていると、知人でベテラン・ガイドのシノブさんご一行さまにバッタリ出会った。シノブさんはツアー中(つまり仕事中)だったらしく、これから聖墳墓教会へ行くというので、今行って来たところだったが彼のガイドが聞きたかったので「イッショに行ってもいい???」「もちろんオッケーさ!」と優しきダンディー、シノブさん。「やったー!」ちゃっかり便乗させてもらって一行さまの後ろについて教会へ戻る。

フランシスカンのこの像、キリストと人々の悲しみや苦しみを胸に受けているという像だそうだ。なるほどね。納得。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-14 13:32 | エルサレム・エルサレム
夏はやっぱりところてんが食べたくなる。
e0009669_20242149.jpg


寒天を煮詰めてなんちゃって心太の出来上がり。
夏だねー。

今朝、旧市街のノツリム通り(クリスチャン通り)で一戦あったらしい。そのあたりの住人がユダヤ人セキュリティーガードを襲い銃を奪って発砲し逃走。後、他のセキュリティーガードによって射殺。通行人など10人ほどが巻き添えで怪我。ノツリム通りはヤッフォー門から聖墳墓教会に行く道でもあり、両脇にはみやげ屋がずらりと軒を連ねている。友人エリの焼き物店もこの通りにある。シリア正教のエリはアラブ・ムスリムが大嫌いだから、「観光客で溢れ儲け時のこのシーズン、いい加減にしやがれ商売上がったりじゃないか」とさぞ怒ってることだろう。

旧市街のムスリムとクリスチャン地区では時々こういうことが不意に起こる。まあ、運がいいのか、こういった事件にぶち当たるのが不運なのか。今週は週はじめに行っておいてよかった。いずれにしろ、ガードを一人撃ったくらいのことで尊い命を終えるのはまったくアホらしい。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-10 20:43 | 混沌の文化
おとうちゃん
旧市街をユダヤ地区からアラブのみやげ市場を抜けて、聖墳墓教会へと石畳を歩いて行く。その途中、キリスト教地区に差し掛かったところで「ねえちゃん、ねえちゃん、ひとつつまんでって!」と、アラブ・クリスチャンのおっちゃんたちの笑顔に引き止められた。みやげ市場の前で五月蝿いくらいに言い寄って来る、店番のムスリムのアラブオトコたちとはちょっと声色がちがった。裏路地のど真ん中に直径50センチほどもある大きなシルバーのお皿、いやお盆が三つ。アラブのお菓子が乗っている。

「なになに?なんで?これなに?」
e0009669_2595196.jpg


おっちゃんたちは「まあまあ、いいから食べてみな〜」とスプーンを差し出す。「これ、なんて言うお菓子?これはシロップ?」「こいつは英語はまったくダメダメっ。アカーン。ヘブライ語もアカーン。ネイティヴのはずのアラブ語だってまったくあかーんわっっ!こいつな、昔ちょっと留学した時にやね、すっかりアラブ語も忘れてん、わっはっはっ!」

うーん、濃ゆいなあ、このノリ。うーん、好きやなあ。まわりのおっちゃんたちにからかわれ、ちょっと恥ずかしそうに笑ったおとうちゃんの息子くんの高校の卒業祝い。おとうちゃんが近所のおっちゃん友達にお菓子を振る舞っているのだそうだ。濃いーノリのおっちゃんたちに囲まれたちょいハンサムな息子くん、テレながらもまんざらではなさそうだった。

e0009669_344740.jpg

(「うれし おとうちゃん」Aug.2007 The Christian Quarter, The Old City of Jerusalem )
[PR]
by ck-photo | 2007-08-09 03:13 | 中東の食卓+α
いちばん苦手がいちばんしたいことだったりする

The Holy Sepulcher 

人が好きだから人を映したい。
祈る人、それがいちばん自分の心に響くモノ。
しかしそれがいちばん苦手だったりする。

祈る人、ひとりひとりの祈りに想いがある。
祈る人、をレンズから覗き見、
その人が信じる者との心の対話をこっそり映す。
それってつまりはレイプなんじゃないかって。

そう思うと今日もこれまた難しい・・・。

e0009669_9332992.jpg

[PR]
by ck-photo | 2007-08-07 09:36 | エルサレム・エルサレム
暑いね・・・。
e0009669_8123042.jpg

祈りの本質はユニバーサルだ
(Russian Orthodox Church in The Holy Sepulchre, the Old City of Jerusalem)

と、・・・信じたい(笑)。



いやはや、暑い日々のエルサレムです。
昨日だったか一昨日だったかは38℃だったそうな・・・。
丘の多いエルサレム、
うちは丘の上にあるのでふだんは夏でも扇風機すら要らないのですが、
さすがにうちにもクーラーが欲しいと思ったワ。
でも今夜はすでにいつものようにヒンヤリと肌寒い夜。
ロンドンのように霧が深い。
[PR]
by ck-photo | 2007-07-30 08:34 | エルサレム・エルサレム
水タバコとお茶でもしばこっか
バタバタと仕事が続き、
めずらしく来週とさ来週もいっぱいいっぱい。
ちゃんと書きたいんだけどねー、ブログ。
が、すでにバテバテ、
帰宅と同時にバタンQ。
なので、仕事が一段落するまで
お茶と水タバコでもどーぞ。

コメントのお返事、遅れててすんません。

e0009669_7433389.jpg


エルサレム旧市街の水タバコ屋にて。

ちなみにどうしてこの冷蔵庫もない店で出される水が、まるで氷水のように冷たい!のかというと、(おそらく)自宅で凍らして来た氷入の大きなペットボトル。そこにエルサレムのまずい水道水をジャー。あっという間に氷とボトルの隙間に冷たい氷水の出来上がり。今時こんなんあり?と思いつつ、「はい、どーぞ!」。これが砂漠の街では、こ洒落たカフェのお冷やよりもずっとうれしくなるから不思議。
[PR]
by ck-photo | 2007-06-01 07:46 | 中東の職人技