タグ:引っ越し人生 ( 4 ) タグの人気記事
およよっ、行けなかった・・・。・・・カウントダウン 1/31
さて、ヤド・ヴァシェムに行くつもりで昼頃に家を出たのですが、今日明日中に銀行口座もクローズしなければいけないので、その前に銀行に寄りました。・・・らば、甘かった・・・。銀行口座を解約するのは簡単なのですが、問題はヴィザカード。携帯電話やその他のものがヴィザでの分割払いになっていて、それをキャンセルするのにものすごく時間がかかり、それが済まないと口座が閉められない。

幸いにも友人が銀行のおエラいさんだったため、彼女の計らいでなんとかなりそうですが、今すぐに口座を解約するのはムリだということで、銀行宛にヴィザでの支払いがすべて済んだ時点で解約して欲しいと手紙を書いてサイン。

口座に少しでも残高がある場合は銀行側は勝手に顧客の口座をクローズすることはできず、残高があるかぎり毎月手数料が10シェケルほど引かれていく。そこで口座にはヴィザの未払分をぎりぎりマイナス10シェケルぐらいにして残し、引き落とされたあとに彼女がそのマイナス分ぴったりを入金して、解約するということになった。もつべきは友である。

そういうことで一件落着、しかしその時点で3時を過ぎてしまい、しかも土砂降りの雨。閉館5時の博物館はあえなく断念。明日にする。帰宅途中にシュークに行き、いつものお惣菜屋のおやっさんにサヨナラ。ちょびひげオヤジ、「なんだよー、いつ帰ってくんだよー?エルサレムを出るなんて、御愁傷様って言いたい気分よ。すぐ帰ってこいよー」そうやね、寂しいよね。なんだか、みんな急に優しくなった(笑)。

最後イチニチとなったが、明日はまだばたばたと用事があり、まだお別れを言ってない友人たちもいたり、うーむ、忙しそうだ。


さーて、エルサレム生活、残りイチニチです。はいっ。



*コメント、どうもありがとさんです。お返事とみなさんのブログ訪問はもうちょい落ち着くまで待っててね。
[PR]
by ck-photo | 2008-02-13 01:33 | 何気ない日々
ただいま引っ越し屋さん中・・・カウントダウン 3/31

いやー、大バラガン中です。
バラガンというヘブライ語ですが、まさに混沌とか、むちゃくちゃとか、そういった意味合いですが、この言葉なくしてイスラエルは存在しないというか(笑)。 エイゼ・バラガーン(むっちゃくちゃやーん)、は知っておいて損しないヘブライ語。

ということで、ちと恥ずかしいほどのバラガン状態ですが、引っ越し屋さんが来ました。パッキングをしてもらっていますが、ここにいないといけないのですが、かといって仕事はできないし、ぼーっとする以外はすることがなくなってしまいました。
e0009669_16591814.jpg



e0009669_16595675.jpg


e0009669_1702822.jpg



パッキングはしてもらうものの、輸送するものを事前にまとめておかないと行けないので、それが大変でした。キッチン用品が少々、実家などから送ってもらった食材、本、服、書類、コンピュータ、などなど。家具がないのは引っ越し屋さんにもわたしにとってもコレ幸い。


ブログを書いている間に、あれまっ、どんどん作業が進んでますヨ。やっぱりプロは早いなー。あと30分もあれば片付きそうな予感。お見事、イェイ!
e0009669_17145676.jpg



e0009669_17142565.jpg

[PR]
by ck-photo | 2008-02-11 17:17 | 中東の職人技
猫日・・・カウントダウン 7/31
午前10時、くー&たんを獣医サンに連れてゆく。ぶっとい注射でマイクロチップ挿入。さすがに痛かったらしく、ああ、ごめんね。

ケージはやっと取り寄せたイタリア製のもので、あまり感情を現さない獣医サンも
「おっ、すてきなケージだね!」と笑顔。これまでの9か月、どうもありがとう。大変お世話になりました。10時半に帰宅。獣医サンが近所でよかった。

先日からズット胃が痛い。ハタチのころに患った十二指腸潰瘍がズキズキ痛む。胃に鉛でも入っているような感じもする。が、おなかもすくから困ったもの。

1時半過ぎに再びくー&たんをケージに入れてタクシーでヤッフォ通りの The Ministry of Agriculture 農林水産省(かな?)へ、ニャンズ出国の証明書のようなものをもらいに行く。事前に予約制だとかなんだとか聞いていたが、住所のところに行ってみると、うそー、ここやないんちゃうんかー?というような人気のない建物。入り口のドアが開いていたので、ずかずかと入って

「シャローム!(たのもー!だね、この場合)」。
「ほーい、だれー?」
「猫の書類取りにきたー」
「おーっ、こっちこっちー」

ローカルだ、ローカルすぎるほどローカルなお気楽さだ。笑顔のおじさんが出てきて、さーて、このコたちね、と、証明書らしきものを一枚発行してもらった。その間、約30分。なぜかというと、話し好きなおっちゃんであったから。

「へー、その国に行くのー?おれも行ったことあんだよねー、海軍のシゴトでさ。で、お嬢ちゃん(なんでやー?!)、どこの人?ヤパーン!カミさんが長いフライトはヤだってっから、いまだに行けないのよねー。すんごーく行きたいんだけどさあ〜」

なーんて会話をしながら、思い出したように、「あ、ここに名前書いてー、で、その国ならカミさんも行きたいってっからさ、夏に行こうかな〜。行ったら案内してくれるよね〜?」「うん、いいよ」「あ、で、ここにサインしてー。そっかあ、飛行機、このコたちもイッショに客室に乗れるといいね。そうそう、はい、68シェケルね」ってなぐあいで、書類なんて話のついでみたいなものだった。

それから帰宅途中、偶然、友人のメイールに会って、立ち話。くー&たん、ケージの中で「まだ〜?かえろーよー」。帰宅して、くー&たん、はじめての長い外出にちょっと喉が渇いた様子だったが、それほどストレスだったというわけでもなさそうで、ほっとした。

昼過ぎにダウンタウンを歩いていると、写真撮ってー!とeffiに呼び止められ、「載せてくれ♪ 載せてくれ♪」というので、それじゃあ遠慮なくー。と、いきなりサングラス掛けなくったってー、わははっ、ふつうに中東っぽい濃い、まあ、整った顔立ちなのにね。だれか行ってみたいと思う方もいるかもしれないので、この美容院の住所を載せておきます。ちなみにここで髪を切ったことはないんですが(笑)。

Ha Histadrut 4
Jerusalem
「Effi Carisma」

エルサレムの人たちの醍醐味は、こんな気さくな、わたしにとってはかなり関西系のベタなノリ、それがいいね。

e0009669_2340242.jpg




そしてこちらのIDチップが入っちゃったお二方は、本日もベランダ大会。先日、陽の傾きにあわせて、ふたりがくつろげるスペースを作ったら、すっかり気に入ったらしく、ずーっとこうしてますワ。残り少ない日々だけど、気に入ってもらえてよかったよ。・・・でもドア開けっ放しでこっちはちと寒いんですがー・・・(笑)。
e0009669_23404797.jpg




ああ、ちなみに、カウントダウンのずれがどうしてかわかりましたよ。こちらエルサレム時間で更新しても、ブログ上での更新時間は時差7時間先の日本時間で表示されてますね。それに気がついてなかったりして、更新日付だけみてると、あれー?なんでだー?となってました。そして、本日も同じシッパイなり。っていうか、失敗しないぞ!と、もうこの時間の日本は2月7日だと思って更新したら、まだギリギリ6日内だった・・・。ううっ。アホや。ってことで、本日の更新日時をちとインチキしておく(笑)。
[PR]
by ck-photo | 2008-02-07 00:00 | エルサレム・エルサレム
ふふふと神は人の計画を笑う・・・カウントダウン 15/31
まずは猫&飛行機についてのコメント、どうもありがとうございました。いろいろな方の体験談や励ましで、だいぶんと気が楽になりました。コメントの返事はあらためて、のちほどします。ありがとうございました。


今日一日、みぞれのような雪がまだ降り続けていますが、今夜から明日にかけてさらに降るそうだ。

昨夜、あれから写真を撮りに行ったのだが、途中からべた雪が降り出して100枚ほどしかとらず、しかも使えそうなものもなく、シッパイ。びしょぬれで帰宅すると、階段に時々みかける大きなヤクザな風貌のノラが縮こまっていた。ご飯をくれる人がいるのかもしれないし、ゴミでも十分なのか、このあたりのノラは太ってる。しかしこの雪空のした、カワイソウに思い、くー&たんの缶詰をあげた。侘しいノラ人生で人相がわるくなっただけなのか、ごわごわの毛をなでてやるとちょっとかわいい表情になり、もっともっと、と思ったよりもぜんぜん大人しい。ああ、そっか、ずっと寂しかったんやね、君も。

しかし家には連れて行けないよ。段ボール箱を持ってきて、「ほら、ここに入るとちょっとは暖かいよ」「もう行っちゃうの?」ノラが寂しそうな目で見るのを後ろ髪を引かれながら、階段を自宅へと上った。それからしばらくすると、悲しそうな鳴き声が数回、ああ、ごめんよ。もっと早くに友達になればよかったね。でも君があんまり強面だから、ちょっと遠慮してたんだよ。早く春が来るといいね。にゃんこセンセイはどうしているのだろうか、とふと胸が痛んだ。きっと大丈夫さ。

引っ越しが徐々にストレスになりつつある。飛行機はけっきょくトルコ航空で予約をした。わたしの場合、旅でも帰国でも、たいてい出国したい日の10日前ほど、時には一週間前になって予約することが多い。それまで予定が決まらないのだ。しかし今回は引っ越しのいろいろな段取りがあるため、自分では早めのフライト日時決定となった。とはいえ、これだって予定変更もあるかもしれないが。

さて、現地のアパート状況がいまひとつよろしくない。相手の都合で話がコロコロ二転三転し、ええーいっ、イイカゲンニセー!なのだが、向こうのメンタリティーもこちらと似たようなもので、「きちんと日本人」には理解不能だ。今月アタマからはじめてもらう予定だったアパートの改装(壁、パイプ取り替え、他)がいまだにはじまっていないという。ちょっとちょっとぉー・・・、なんやそれぇ! 海越しに何度言っても埒があかないので、とりあえずは他の小さなアパートに二週間ほどという話なのだが、それだって入ってしまえばそのまま大きいほうのアパートの改装がなーなーになりそうで、はああーーー・・・。

そんなこんなで、もうええわいっ、勝手にせいっ。向こうに着いたらひとアバレして、それでだめならおよよっと泣いてみて、それでもだめならまた他の手を考えるさ。ただ、アパートのことは、くー&たんに必要以上のストレスを与えたくないゆえに、あっちこっち流浪するのは勘弁して欲しい。

気晴らしに、サザンの桑田さんをガンガンにかけて、まだ手を付けていない靴の整理に取りかかった。多いのか少ないのか、全部で17足ほどだったが、その半分はサンダル。向こうではそんなに履くこともなさそうなのだが、持って行くことにした。

パッキングと運送は引っ越し屋に頼んだのだが、さいきんイスラエルで引っ越し屋の詐欺事件が発覚したらしく、シギーにも他の知人にも言われて、おお、大丈夫か?と一瞬思ったが、家財道具なし、本が80パーセントのうちの荷には向こうが儲かるようなものはなにもないし、金額も大したものではない。しかもしかるべきところを通して紹介してもらった会社だから大丈夫だろう。と、もうなんでもどっちでもいいや状態かもしれない。なるようになる。


以前、とあるラビの奥さんから聞いた話を思い出した。旧市街でなにかの講義の時だったように憶えている。「すべて自分の思い通りに事が運んでいるから、すべては順調、幸せよ」というような歌があるが、問題は自分の思い通りにならない時にどうするか、なのよと。その時の乗り切り方が大切なのだと。そうだよなあと思ったのを思い出した。


e0009669_21435359.jpg

テヘランのサラさんのブログで見た絨毯の雪洗いの様子を思い出して、ちょっと(いやかなり・笑)ちがうが、ベランダに出しておいた。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-30 21:36