タグ:中東に降る雪 ( 106 ) タグの人気記事
プラハの旧ユダヤ人墓地
e0009669_18552533.jpgプラハはここ数年の間、「行ってみたい街」のリストのトップなのですが、なかなかその機会がなくいまだに行けずじまい。

今回はそのプラハの旧ユダヤ人墓地についてです。この旧ユダヤ墓地は、プラハでも人気の観光地の一つだそうですが、ヨーロッパに存在するユダヤ人墓地では最古のものなのだそうです。1439年から1787年までの348年の間に10万人のユダヤ人が埋葬され、埋められている層がなんと12層、つまりある一定の時間が過ぎるとその上にまた新しい住人さんをお迎えするということですね。そしてその狭い墓地にある墓石の数は1万2千個。まさにむぎゅむぎゅ、オシクラ饅頭状態。

この旧ユダヤ墓地にはかつての有名なユダヤの方が埋葬されているとのことですが、プラハの有名なユダヤ人といえば、このお方。朝起きたらムシになったよ、フランツ・カフカ。でも残念なことにカフカはこの墓地が閉められた遥かのちの1924年に亡くなっているので、ここには眠っていないのだそうです。なので、この墓地で最も有名な墓は、カフカならず、ユダヤ教の神秘主義のカバラを学んでいたラビ・ユダ・ロウ(Judah Loew 1525 - 1609)。彼はユダヤ版フランケン・シュタインを作り出したとされ、伝説的人物とされました。そしてもう一人は1439年に亡くなったラビ・アヴィグドール・カラ(Avigdor Kara)。彼は1389年のプラグでのポグロム(集団で行うユダヤ人に対する暴行・破壊や虐殺)を生き延びた数人のうちの一人でした。このポグロムは、プラハのカトリックの司祭たちが「ユダヤ人はキリスト教の儀式に使う聖体を盗み、黒魔術をかけている」とうわさを流し、それを信じたプラハのキリスト教徒によって当時プラハに住んでいた3000人のユダヤ人のほとんどが虐殺されました。こういう根拠のないデマを流し、町人を駆り立てたポグロムはヨーロッパの各地で行われていました。

こんな疑問・・・

「なぜこのプラハの旧ユダヤ墓地がヨーロッパ最古のユダヤ墓地となったのか?」

単刀直入、第二次大戦のホロコースト時にヒトラーによって破壊されなかったから。ではなぜ破壊されずに済んだのか。ヒトラーはユダヤ人撲滅後にプラハに、「こんな特殊な人種がかつてこの地上に存在しとりましたん。でもね、今はもうこの人種は絶滅してまっさかいに、博物館に収めましてん。見ておくれやす。」と、ユダヤ博物館を作る計画を立てており、そこでこの旧ユダヤ墓地を残すことにしたのだそうです。

e0009669_18572252.jpgこの写真は旧市役所のヘブライ語文字の時計。一階は昔のシナゴーグで現在も使用され、上の階もまた新しくできたシナゴーグだそうです。時計の文字盤をよく見てみると、なるほど、ヘブライ文字ですね。

プラハの旧ユダヤ人街を見てみると、亡くなった方の墓地だけではなく、数件のコーシャーレストラン(写真右)、9軒のシナゴーグなど、いまだにユダヤの人々が住み生き続けているのが伺えるようです。e0009669_1902212.jpg
[PR]
by ck-photo | 2004-12-20 18:53 | ユダヤ雑学
じょーじ君もハヌカ
e0009669_202031100.jpg


ホワイトハウスでじょーじ君とひげもじゃんの子供たちがハヌカの光を灯す式典とハヌカパティーが行われたそうです。こちらでじょーじ君のハヌカな映像が見られます。じょーじ君のスピーチは最初はちょっと何かつっかえてるのが彼らしいお笑いを誘います。それと途中から出てくるKol Zimra(コール・ジムラ)という、いかにもアメリカン・ユダヤなコーラス隊の歌がおもしろいですね。

そしてやっぱり、じょーじ君。カメラに映っていることも忘れ、歌を聞いている彼の「ナンじゃこりゃ!」の表情が・・・、そんでもって「はっ!カメラに映ってるよ、オレ」と再びニッコリとほほ笑んで見せるじょーじ君。さすがは大統領・・・・。

「if a democratic Palestinian state still doesn’t live peacefully next to Israel, the Jewish state has the right to defend itself, and its efforts would receive U.S. backing.

もしひとつのパレスチナ民主主義国家がいまだにイスラエルと隣り合って平和に共存できないのならば、このユダヤ国家(イスラエルね)は彼ら自身を守る権利があり、米国はそれを支援する。」

・・・んだって。パレスチナの民主主義とは何ぞや?じょーじ君はあのパレスチナ自治区の事を指しているのか、はたまた別物を指しているのかなや。でも米国で多くのユダヤ人がこの前の選挙でじょーじ君支援だったんはこういうことかいな。それとも票を入れてくれたらサポートしたるわ、ってことだったのかな。・・・っと思ったのだった。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-14 20:20 | ユダヤの暦
石を置きませう。でなければトリツカレチャウのよ・・・。ユダヤ神秘主義の死後の魂の観念と石の関係。
久しぶりにひげもじゃ教のお話しです。

先日の「日曜日の哲学カフェ」のコメントで、『どうしてユダヤのお墓の上には石を置くのか』と言う質問をいただいたのでそのことについて。

ユダヤの墓地ではロウソクや花はほとんど見られません。その代わりにその辺に転がっている石を置きます。それはね、ここだけの話、やっぱり彼らがけちんぼだからですね。・・・あ、いや、冗談です。ユダヤ教ではミツヴァと呼ばれる613個のしなければならない義務のようなものがあります。もともとは神殿への奉仕の仕方などにかかわりがあったので、神殿が崩壊した今では613個すべてではなく、その半数ぐらいの数が義務とされています。

さて、このミツヴァのひとつに「死者を敬え」というものがあります。このミツヴァは、まず死者を葬り墓を作り墓石を置くことなのですが、昔々はもちろん今のような墓石などありませんから、そのあたりに転がっている大き目の石などを数個集めて墓の目印として置いていました。そして一周忌などで訪問者が墓へやって来る毎に、自然に荒らされた墓はわかりづらく、またまた辺りから石を集めて墓を整えなければなりませんでした。そこで石を置くことが墓石を整える行為として死者を敬うミツヴァの一つとされています。

この理由から、現在でも、今では立派な墓石の上にであっても、死者の墓を訪ねる時にはミツヴァとして「今でもあなたのことをちゃんと気にかけているのだよ」と墓を直すように石を一つ二つ置くのですが、世俗社会ではこのような理由はすっかり忘れられていて、「ただなんだかわからないけど、習慣だから」と。

そして実はこれにはもう一つ理由があります。マドンナがハマッているカバラと呼ばれるユダヤの神秘主義では、人が普通に病気や老衰などで亡くなって魂(ソウル)が身体から離れても、次の7日間はその魂は自分の墓のあたりにいるとされています。そして暴力や思いがけない事故で亡くなった場合は、魂が身体から離脱してから30日間ほどは、その人の魂がまだ墓のあたりをウロウロとしているとされていています。

その他の場合では、現世に強い未練が残っている死者は、死後に魂が身体から離脱しても未練のために長い間どこへも行くことができずに、墓参りにやって来た人へ悪さをしたり、その人に乗り移って次の世界へ行くために現世で終えなくては成らないことを成し遂げようとします。神秘主義のこれらの解釈はかなり迷信的な部分があるのですが、それでもやはり避けられるのならば避けなければならないでしょう。人が単に墓場を通り抜けたり石を置くミツヴァを行わない墓参りに行くと、この彷徨っている魂に狙われやすいとされています。そこで神との約束事であるミツヴァをしに行く墓参りでは、そういった魂に取り付かれないようにと、その人は守られているのだそうです。そこで石を一つ、置いていくのですね。ちなみにこの彷徨える魂を驚かさないようにと、ユダヤ教では死者を埋葬してから30日間は墓石を置かないことになっています。

余談ですが、こんなミツヴァについて思い出しました。ミツヴァには色んなミツヴァがあるのですが「寄付のミツヴァ」というものがあります。例えば誰かが日本に行くとします。そこでその人の旅立ちにあたっては知り合いや家族などはポケットの小銭をその人に渡して、日本についたらどこかへこの小銭を寄付してもらいます。するとこの旅立つ人は単に旅に出るのではなくて、日本で寄付をする「寄付のミツヴァ」を行うために行動しているのであって、彼の身は危険から守られるべき存在となり、安全な旅ができると言うものです。

数年前にまだ旅にあたっての「ミツヴァによる守り」のことを知らなかった私は、NYからエルサレムに帰る時に、ある知人に1ドル札を渡され「エルサレムまでしっかりと持って行ってね。嘆きの壁のそばの募金箱にでも入れてちょうだい。」と言われたのを、「彼女は何か願い事でもあるのかしら?」と、トンチンカンにとても不思議に思った記憶があります。でも彼女は私が安全に旅を終えれるように計らってくれてたのですね。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-14 18:48 | ユダヤ雑学
マカロンではないけれど
ちまたではマカロンが流行っているようですが、実はマカロンって先日まで聞いたことなかった。なんだかもちゃもちゃするクッキーはエルサレムに来てから一度だけ食べて、ナンじゃこりゃ?だったのでそれがマカロンだったのかは謎。

そんでもって、今夜、お散歩がてらに新市街の深夜過ぎまで開いているお菓子屋さん&カフェに行ってきました。普通、お菓子と言えばバターの甘い風味ですよね。でもイスラエルのお菓子全般なのですがあのバターの風味にかけるんですよ。コーシャーの規定があったり、バター自体にコクがないのと色々な理由で、イスラエルのお菓子、やっぱり欧米や日本のお菓子には勝てませんね。

e0009669_2025834.jpgメレンゲ~♪とっても好きなお菓子ですが、甘すぎるので食べるのは一年に一回ぐらいでしょうか。あ、焼きメレンゲと言うのですね、これ。フランスのユダヤのマダ~ムは焼きメレンゲがお好きだそうですが、エルサレムでもみんな好きですね。これって、ユダヤのお菓子と言うわけでもなさそうですけどね。色はピンクと白、たまにクリーム色もあり。


e0009669_20254070.jpgこれはなんだか知らないけど大き目のナッツ類がゴツゴツいっぱいのビスコッティー。ピンクとグリーンのドライフルーツ(?)がいかにも中東っぽいかな。


e0009669_20261917.jpgこちらは中東コテコテお菓子。油っぽい&甘い&ハイカロリーと3拍子。真ん中のお菓子はピスタチオのパイというか、イスラム圏のお菓子やサンならどこでもある甘い甘いシロップ付け。


e0009669_20264970.jpgエルサレムの代表的なクッキー。ぶあつ~いクッキーにいちご(らしき)ジャムが挟まれていて、一つ食べるとオナカイッパイ。紅茶にとってもよくあいます。でも大きな口をあけないと食べられないのでデートの途中にはおすすめしませんよ。


e0009669_20275192.jpgそしてこれはルゴラ。エルサレムの国民的お菓子。黒っぽいのはチョコレートじゃなくて、芥子の実のジャムのようなもの(だと思う・・・)。大きさは5cmくらいかな。ルゴラってなんだか怪獣みたいな名前ですが、焼きあがったらアツアツのところにべったりと砂糖シロップをハケで塗りたくります。もう甘いの甘くないのって・・・。でもみなさん好きですよ。安息日の前の金曜日の午後にはおいしいルゴラのお店の前に行列ができます。


e0009669_2028284.jpgそして今夜買ったものはこれ、やっぱりメレンゲ。久しぶりに食べたくなりました。おいしかったよ。ちょっと昔お祭りで食べたカラメル焼きを思い出しました。


あ、そうそう、このお菓子屋さんですが、以前はこの場所にはSubarro(スバロ)というアメリカ系のイタリアン・ファーストフードの店がありました。現在は移転しましたが、その理由は、2001年にはじまったインティファーダで、このSubarroはコッパミジンに爆発しました。100人以上の死傷者を出し、多くのランチを楽しむ人たちが亡くなりました。その中にはイスラエル人だけではなくて、アメリカ人やヨーロッパからの留学生、観光客も含まれていました。

それからSubarroは壊れた店を建て直し、たくさんのお客さんに支えられていたのですが、残念ながら一度そういうことの起きた店はもとのようには流行りません。そして数ヶ月前にここにできたのがこのお菓子屋さん。イメージもすっかり明るく一転して、ここでたった数年前にたくさんの人が亡くなったことは、知らなければ夢にも思わないでしょう。エルサレムの場合、お菓子屋さんひとつとってみてもこういう悲しい過去がある。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-13 20:23 | 中東の食卓+α
おかげさまでエルサレム、優勝です。
2004年イスラエル貧乏コンテストの栄えある優勝者はじゃーん。わが街、エルサレムとなりました。前年度優勝者のベネイ・ブラクの街は惜しくも第2位に降下。ちなみにエルサレムはParisよりも大きな街なんですけどね。

さて、久しぶりにまじめなお話。今回のお題は年末ということもあってこれ、税金について。イスラエルの馬鹿げた税金のしくみ、この国はいかに市民から税金を取るように作られていると言ってもいい程、税金が「バカ」高いのですわ。

まず日常の買い物などにかかる付加価値税がなんと18%!と、かなりの額です。そして新車の購入に関してはビックリ、信じられません。新車は100%の税金がかかります。200万のピッカピッカのトヨタを購入すると支払う金額は400万になるってこと。

ある日、役所の待合室で雑談していたおっちゃんの話。このやっさんみたいな細身のおっちゃん、なんでもピカピカの新車を買って、次の日には保険をかけようと家の前に駐車しておいたのが、翌朝にはドロロン、新車は跡形もなく消えうせていたそうです。つまり、盗難。

それで涙チョチョ切れになっていると、さすがイスラエル。どこからか情報が入ってロシアのマフィアが彼の車を隠し持っていると言う。そこでやっさん、コネを使って親分さんに話をつけに行きました。

「おぅ、親分さんよぉ。これオレの新車やがな。返してんかぁ。」
「いんにゃぁ、そんな証拠はどこにゃもないズラコフ。この車がほしけりゃにゃ、これだけ支払うんスキー。」

と、結局買ったばっかりの新車の半値をカツ揚げされて車を引き取ったんだそうです。踏んだりけったりなやっさんでした。


それはさておき、所得税について。これは各自の所得水準によって課せられるのですが、最低10%から最高50%の6段階に分けられています。月給が850 ドルまでならばそれほど引かれませんが、それが1000ドルを越えてくるとうーむ、さらに2000ドルを越えると最高税率が50%にもなるのです。つまり、2000ドルから50%引かれると1000ドルですよね。そこからさらに税金の18%の180ドルが引かれて、最終的な手取りは850ドルになる。そんなアホな。あら、でも2000ドルの場合は50%じゃなくて30%だったかも。それにしてもかなりの額が引かれるわけです。

そしてイスラエルにも住民税というものはあります。平均ユダヤ人家庭人数は3人、これがアラブ人になると5人に膨れ上がります。ユダヤの世俗社会では欧米並みに文句なしに共働きでる社会なので、当然両親二人が働きます。しかしアラブ社会は女性が働く社会ではなく、一家の男性しか働かないわけです。ここでアラブとユダヤ社会に収入の差が出るのですが、住民税はどのように支払われるか。

私はエルサレムの中心の住宅街にアパートを賃貸しているのですが、このアパートの面積と立地地区、そしてアパートの面積に対しての人口密度によって市民税の金額が決められます。つまり高級住宅地区の50坪の家に3人家族が住んでると税金はもちろん高額ですが、同じ50坪の家でも庶民地区で5人家族ならば税金は安い。そして、月給額が850ドル以下であれば住民税は30%オフから全額オフになります。

そして先ほども書いたように、アラブ人家庭では夫一人が働き、子供も多いのに妻には収入がない。そこで住民税は全額免除となり、当然国からの失業手当てと子供手当を貰うワケです。エルサレムの失業手当の役所の前には朝からアラブの女性がずらりとチョウダノレツです。この失業手当は当然平均月給をもらっている働いている市民の税金から出てるんですね。これはひげもじゃな子沢山家庭にも支払われます。

まったくお金は貯まるどころか、働けど働けど・・・じっと手を見つめる。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-09 20:04 | エルサレム・エルサレム
光のお祭り ハヌカ
世界中どこでもクリスマスムードなのですが、ユダヤの人には異教のキリスト教のお祭りのクリスマスはもちろんお祝いしません。ニッポンじゃ、クリスマスは本来の意味からかけ離れたビジネスとしての年末クリスマスセールや、欧米のキリスト教徒がお祝いするように家族単位ではなくてなぜかカップルの甘~いクリスマス・ディナーと、さすがねじれた欧米コンプレックス・ニッポンだなぁとツッコミたくなるところです。

さて、ところはエルサレム。明日の日没から8日間、ハヌカのお祭りがやってきます。ハヌカは別名光の祭りと呼ばれ、これからの8日間、日没後には家々の窓や玄関の門の上にハヌキヤと呼ばれるロウソク立てに一日一本ずつ灯がともり、寒い冬の家族の楽しそうな団欒の時、街中光に包まれて、一年の中でもとても美しい光景です。

NYにいた時には、ダイナーやレストランの窓にミニ・クリスマスツリーとハヌキヤが一緒に置かれているのをよく目にしました。ヨーロッパやアメリカの町で明日からの8日間、よくよく窓に注意していると、ロウソクが灯されているのを見ることができます。

ハヌキヤに灯されるのは普通のロウソク、またはオリーブ油にロウソクの芯を入れたもの、窓用のもの、外用のもの、いろんな種類があって見ているだけでもなかなか楽しいものです。先ほど言ったようにユダヤ教にはクリスマスがないので、最近ではハヌカはユダヤのクリスマスと呼ばれ、ホームパーティやプレゼント交換なども行われ、「Happy Chanuka!」とハヌカをお祝いし、子供たちはヘブライ文字の書かれたコマを回して遊びます。

そしてやっぱりユダヤのお祭りです。ユダヤ教と食事は切り離せません。もちろん、ハヌカにもハヌカの食べ物があります。ハヌカは油が関係しているので、油を使った物を食べます。一般には、ポテト・ラットゥケスというハッシュドポテトのような揚げポテトパンケーキに、スフガニヨットという写真にある真ん丸いドーナッツ。ドーナッツの中にはいちごジャムやヘーゼルナッツクリームが入っていて、子供たちはみんな大好き。そういえばベルリンではこのドーナッツはベルリーナと呼ばれてましたね。

ハヌカは特に宗教的なお祭りでもないので、簡単な説明だけにしますが、紀元前165年にギリシャがエルサレムの神殿を奪いユダヤ人にギリシャ神教を押し付けますが、ユダヤ人はそれに抵抗し、神殿を奪い返し勝利を収めます。そして神殿を清め、一日分にしかならない清められたオリーブ油の灯がなんと8日間もともりました。これがユダヤ暦のキスレヴの月の25日のことでした。

e0009669_20299.gif

[PR]
by ck-photo | 2004-12-07 20:02 | ユダヤの暦
エルサレムのドラえもんなり。
e0009669_1843158.jpg


ドラえもんってやっぱり猫やったんやね。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-07 18:40 | 猫三昧
ダイエットだよ。
e0009669_18371593.jpg

e0009669_18373892.jpg


(追記:2007年7月25日):懐かしのにゃんこセンセ〜でございます。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-03 18:36 | 猫三昧
おうちでエステ 〜死海の泥パック
ちょっと最近不思議だなぁと思っていたんですが、個人のホームページだとみなさん、ご本人や家族の写真をバンバン載せてらっしゃるのをよく見るのですが、ブログだとなぜかお顔はヒ・ミ・ツ・うふっ・てのが主流ですね。なんか隠さなきゃいけない、みたいな。で、ま、たまにゃあこんなお遊びも。
e0009669_183042100.jpg


ドロボウではございませんよ。というかね、やっぱり砂漠なんですよねぇ。この街。ちゃんと肌の手入れくらい毎日すりゃあいいんでしょうが、やっぱりめんどうくさくってね。それで気がつけば、なんだかお肌がしゅ~ん、としてるのよん。ニッポンだったら、やれどこそこのエステに直行だ~!となるんでしょうが、エルサレムにはそんなハイカラさんなものはございませんっ。あってもすんごく高いだろうし。

そこで、おうちでエステです。死海の泥パック。コスメのお店で買っちゃった♪のではないよ~。死海へ行けばタダですからね。行くたびに空になったペットボトルに詰めて帰ってきます。と、変なところでケチるらくだのです。このドロロン君をペタペタとお顔に塗って、台所で大きなお鍋にお湯を沸かしてそこに顔を持って行って、10分ぐらいそのまんま、スチ~ムするわけですわ。これがけっこう気持ちよかったりして。で、あとはぬるま湯で洗い流せばあらふしぎっ!うるるるるんってお肌喜ぶあるよ、これが。

でもこんな写真を載せちゃうのは、まったく顔写真を載せないよりもヘンコかもね。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-02 18:30 | 中東の職人技
「塀の向こう」の別荘で
昨日からなぜか友人が出たり入ったりの自宅ですが、男友達の何人かは「塀の向こう側」、ム所生活体験者。といってもヤーさんではない。彼らの別荘生活の理由は様々ですが、今回は昨日うちに来ていたシャウル君のお話。

昨夜9時ごろにうちに遊びに来ていたシャウル君。いきなりうちへ入ってくるなり、「東はどっち?」「あっち→」と私が指差す方へ向かって体を揺らしながらお祈りを始めました。どうも夕方の祈りをまだしていなかったよう。「東」は嘆きの壁のある位置で、彼らはどこにいようとそちらを向いて祈りを捧げます。

さて、このシャウル君もまたヨーロッパからの移民ですが、イスラエルの法律ではこの国に移住した時点で26歳未満(だったと思う)の場合は、数ヶ月の基礎兵役につかなければなりません。彼もその規則に則り、陸軍の基礎トレーニングコースを終えて、そのあとはまた今度、ということで軍隊から一時開放となりました。そして、いわゆるコンピュータ天才君の彼は、エルサレムのハイテク企業でプログラマーとして働きながら引っ越しを数回しましたが、すっかり新しい住所を軍隊へ届け忘れたままでした。

ある日、移転先へ「すぐに出頭せよ!」と軍隊からのお叱りがあり、軍へ行ってみると、「兵役拒否」により別荘生活2ヵ月半を言い渡されたそうです。軍はシャウル君の以前の住所へ、再々、基礎トレーニングの次の段階へ参加するようにと封書を送ったらしいのですが、もちろんシャウル君はそんなことは知らず、のほほんっと移転先で楽しい毎日を謳歌しておりました。それがいきなりヤローばっかりの「別荘生活」と来たもんだから、彼も必死になって、引っ越したので軍からの連絡を受け取っていないことを証明しようとしましたが、軍はそれをあっさり却下し、こうしてシャウル君の別荘生活のはじまりはじまり。

日本でもいつだったか、イスラエルの若者の兵役拒否と投獄について新聞・マスコミで非難されていたのを思い出したので、シャウル君に突撃インタビュー。「衝撃!イスラエル軍によって投獄されたある無実の若者の告白!」  By へぼへぼジャーナル。マイク片手に話を聞いていると、ふむふむ。あらっ?別荘生活、楽しかったの?!

シャウル君は投獄といってもテントで寝泊り。あら、キャンプみたいじゃん~。決められた時刻に起床後テントをたたむこと、それだけがム所での彼の一日で決められたことで、あとの日がな一日、本を読んだり勉強したり、と好きなことをしていたそう。しかも3食付タダ飯で(もちろん費用は市民の汗水流した税金から出ているワケですが)。

シャウル君、「うん、楽しかったよ。」とにっこり。そして、2ヵ月半後に軍からこの先の配属希望を聞かれ、「ジェニンなどでのコンバット部隊はやだから、頭を使う情報部にしてよ~っ」と頼むと「はい、あなたはこの軍隊に不適格。もう二度と召集はありません。いりません。ごきげんよう、さようならっ。」とあっさりポイっと捨てられて釈放。

イスラエルの男性は兵役を終えた後も何十年と一年に一度予備兵として一ヶ月くらい招集されるのですが、シャウル君はなんとそれも生涯免除。理由は単に「不適格」だからだそうな。いまだに一体何が不適格なのかわからない彼はとりあえず「うほほ~っ」と大喜びです。
[PR]
by ck-photo | 2004-12-02 17:12 | 混沌の文化