タグ:ホロコースト ( 12 ) タグの人気記事
知られざる1945年の脱走劇
ホロコースト書きついでに、こんなお話しをしましょうか。

私は年に数ヶ月ほどヨーロッパへ出掛ける事があります。そして時間とお金が許せばニューヨークのユダヤの街へも出かけて行きます。これらの旅は観光ではなくて、イディッシュ語の文化と、そして現代で失われたものを探しに行くのですが、そこで出逢う人たちの多くはホロコーストと関係のある人たちです。ある人は命からがら収容所を脱出した人だったり、運良くホロコースト前夜にヨーロッパから逃げ出した人だったり、または不運にもおじいさんがナチに連れ去られて二度とは帰ってこなかったりと。そういう人々の心には、何か失われたものがあって。それはなかなか言葉で現しにくいものですが。

ヨシュアという80歳を過ぎたユダヤ人の彼。ヨーロッパのある国で今は一人で老人ホームで海を見つめながら静かに、でもとても明るく過ごしています。彼はその当時19歳の若者で町では床屋をしていました。そして、徐々にナチの影が近づいて来て、ヨシュアを含めた町のユダヤの男性は皆、ナチの手によって収容所へと連れ去られて行きました。ヨシュアの着いた所は絶滅収容所*(下記参照)で、その名前どおり人々を絶滅させる事が目的のキャンプでした。

ある時、いつものように気まぐれのナチの親衛隊がやって来て、ヨシュアと他の人たちを宿舎の外で一列に並べました。彼の気まぐれゲームはその収容所では有名で、毎日のようにこのゲームは行われていました。囚人を並ばせて、銃をぶら下げて順番に誰かの名前を呼びます。そして返事をした者はそれっきり戻ってはきませんでした。親衛隊が名前を呼びました。それは最悪にもヨシュアの名前だったのです。ヨシュアは心臓が止まりそうになって、喉が詰まって声が出ません。そして彼にはドモリの癖がありました。焦れば焦るほど声になりません。でも返事をしなければ!でも返事をしてしまえば最後なのです。声にならずに目の前が真っ暗になって。すると、彼の隣に立っていた男がヨシュアにささやきました。

「君の名だよ。」

親衛隊はその声を聞き逃しませんでした。そして、空に銃声が一つ響いて。その日のゲームはそれで終わりました。ヨシュアはしっかりと閉じた目を開けました。そうです、撃たれたのは彼ではなく「君の名だよ」と言った隣の男でした。その一言が生死を分けてしまいました。その親衛隊には、それがヨシュアだろうが誰だろうが、一人囚人が減る事以外は関係なかったのです。

彼は運良く収容所では床屋という職に就くことができて、その恐ろしい絶滅収容所でなんと4年近くも生き延びる事が出来ました。そして1945年、終戦の10日前のこと。この収容所ではナチの命令で1200人いた囚人の全てを処理することが計画され、囚人たちは自分達が処理後に埋まるための穴を掘らされていました。ヨシュアもまた、穴を掘る手伝いをしていた最中のことです。囚人達はこれが逃げ出せる最後のチャンスと、あたりの様子を伺っていました。そして団結して一気に反乱を起こしフェンスをなぎ倒し、まわりに作られたぬかるんだ沼を渡り、ナチから発砲される弾丸の中を一斉に駆け抜けました。

ヨシュアも走って走って、走りました。そして1200人いた囚人のうち、最終的に脱出成功したのはたったの80人だけでした。

終戦後にヨシュアは生まれ育った町へ戻り、家族を待ちましたが、誰も戻ってはきませんでした。そしてその後、戦犯の裁判に呼ばれ、あの親衛隊の気まぐれゲームの生き証人として証言をしました。それからヨシュアは現在の海の見える街へとやって来ました。彼の瞳はその海のように蒼くて、子供のような笑顔がこぼれます。ヨシュアに尋ねました。「どうやってあなたはあの弾丸の中を助かったの?」と。彼は「あははははっ」と笑って、「ほら、見てごらん。僕はこんなにおチビだろう?当時は本当に栄養失調だったからね。小学生並みさ。弾丸はみんな頭も上をかすめて行ったよ。でももし普通に大きかったら、きっと弾丸は当たってたかもね。」といたずらっぽくウインクしました。

後日、彼と他の方々を交えて色んな話をしていくうちに、会話は「神」の存在について語られ始めたのですが、私にはヨシュアに「それでもあなたは神を信じるのか」とは尋ねる事はできませんでした。そして、彼はみんなに向かって静かに一言「そんな話はしたくない・・・」と。

来年の春、またヨシュアに会いに行こうと思います。
[PR]
by ck-photo | 2004-10-18 21:23 | 戦争と平和
杉原千畝氏と「ふぐ計画」とニッポンと。
10月になると思い出すこと。
「The Fugu Plan(ふぐ計画)」
 という一冊の英語の本が手元にあります。第二次世界大戦のユダヤ人とニッポンのお話し。ユダヤ人とニッポン、何の所縁もなさそうでいて、実はある時期に1万5千人ほどのユダヤの人たちが日本にやって来たことがありました。

第二次世界大戦の最中の1940年のこと。ヨーロッパ中でどんどん迫り来るナチの手から逃げるために、ポーランドから多くのユダヤの人たちがバルト海沿岸の小国リトアニアへと命からがら逃れてゆきました。でもそこから先はまったくの八方塞で、どの国の大使館も彼らへ訴えに手を差し伸べませんでした。 しかし、当時のリトアニア日本領事館代理の杉原千畝(ちうね)氏(のちにアメリカで彼の話は映画にもなっていて、イスラエルで名誉賞を与えられた唯一の日本人)は、ドイツとの仲を気にかけてヴィザ発効を認めないとする日本外務省の命令にそむいてまでも、

「人としてするべきこと」

と、ユダヤの人たちに日本通過ヴィザを日夜必死で発行し続けたといわれています。毎日領事館の門の前で何時間も立ちじっと領事の発行するヴィザを待ち続けた数多くのユダヤの人々の命を救いました。

一刻を争う状況の中で、彼らは杉原領事の発行したヴィザを握り締めて、絶望と希望の間でシベリヤを横断し、敦賀港へ到着のち、そこからユダヤ教に改宗していたアブラハム小辻教授(下の写真の左から二人目)やその他の方々の助けによって、神戸または横浜へと長い旅を続けました。
e0009669_21152539.jpg

ある記録では1940年10月6日から翌年1941年6月までの10ヶ月間で1万5千人のユダヤの人々が日本に渡ったと記されています。彼らは日本に数ヶ月滞在したのち上海に渡り、そこから安住の地を求めてアメリカや当時パレスチナと呼ばれていた土地へと渡って行きました。

神戸では写真家の安井仲治氏や漫画家・手塚治虫氏の父・手塚粲氏が、貴重にも当時の神戸に滞在するユダヤの人々の様子を何枚かの写真に収めています。まだ幼かった手塚治虫氏にはどうやら父親の粲氏とユダヤの人々の交流が心に残ったのでしょう。のちの彼の漫画にはユダヤの人がぴょこんと出てきたり、晩年に描かれた大作「アドルフに告ぐ」も当時の神戸に住むドイツ人とユダヤ人の二人のアドルフともう一人のアドルフ、ヒトラーを取り巻く物語でした。

安井仲治氏によって撮られた神戸での一枚には帽子をかぶった頬のこけた男性が窓の外を不安げに眺めています。当時の神戸や横浜のニッポンの住人は、この見慣れぬ異邦人の彼らの滞在をどう受け止めていたのでしょうか。そして遠いヨーロッパから来た彼らの流浪の心境はいかなるものだったのでしょうか。家族と祖国とを失い、今まで耳にしたこともないような言葉と、何もかもが慣れないアジアの異国の街で、その先どうなるかもわからぬ不安な滞在の日々。彼らに当時の神戸の町は、そしてニッポンはどのように写っていたのでしょう。

エルサレムのある友人の家族は、実際にこの経路でアメリカへ渡り、ホロコーストを生き延びて、のちにエルサレムへとへ移住してきました。彼らからその当時のことを伺い、その時に頂いたのがこの「Fugu Plan」という本。

毎年10月になると、このことを思い出します。
e0009669_2116228.jpg

  (神戸のユダヤ人 安井仲治氏撮影。)

追記-「フグ計画」:要点だけ説明すると、河豚という魚は強い毒を持っていて、それをうまく取り除けばとても美味で高価なもの。でも一歩間違えれば人をも殺してしまうパワーもある。日本人は未知の存在のユダヤ人をフグに例えて、政治的にも民族としても慎重に扱う事にした。とまあ、こんなことです。

More about 「The Fugu Plan」(申し訳ないですが、英語での説明です。)
[PR]
by ck-photo | 2004-10-17 21:13 | 戦争と平和