タグ:エルサレム探索 ( 126 ) タグの人気記事
休息前
目まぐるしい一日が過ぎていますが、ただいま午後4時半を回ったところ。ヤド・ヴァシェムから帰宅したところですが、はーーーー、疲れた・・・っ。朝から所用で旧市街へ行き、その足で午後からヤド・ヴァシェムへ。

2005年にできた新館は、「迫力」、その一言。入った瞬間に「やっぱり出よ」と迷ったくらい。しかし、ここもしばらくは来られないだろうからと、覚悟して回りました。博物館というか記念館の館内は撮影禁止ということで、残念ながら館内の写真は載せられません。外からは撮りましたが、えー・・・、っとですね、どういう場所なのか、なにを思ったのかについては、ただ今とにかくむっちゃ疲れているのと、まだなにを言いたいのかまとまらないのとで、ヤド・ヴァシェムについてはもう少し環境的にも落ち着いてから書くことにします。

今から一眠りして、スーパーにちょいと買い物に行き、それから近所の友人夫妻に会い、テレビやらのいらない家具をあげる友人たちに取りにきてもらい、その足でヒーターを別の友人宅へ返しに行く。そのころにはすでに深夜ごろだろうから、それからニャンズに精神安定剤入りのごはんをちょっとあげ、ゴミを全部捨て、ちょっと掃除し、タクシーに連絡。もういちど最後に荷物の点検をして、夜中の3時に家を出てベン・グリオン空港に向かう。そんな予定です。

これまでブログを通してイスラエルを楽しんでいただいていた方々には申し訳ないのですが、とりあえずわたしのイスラエル通信はこれにて終了です(また再開なんてこともあるかもしれませんが。笑)。この後はどういったカタチでブログを続けるかは検討中です。あっちこっちと何個も分散してブログを書くのは(ログインするのもね)面倒なので、一か所でなんとかならないものかと。ここで引き続き書くか、それとも新しいところで書くか。書く題材にもよりますが。ここで続けたほうがよい、新しいところのほうがよい、ご意見あれば遠慮なくお願いします。

ということで、これから一眠りします。
それじゃ、またあとで。
[PR]
by ck-photo | 2008-02-13 23:34 | 何気ない日々
やー、咲いたよ!間に合ったよ!・・・カウントダウン 4/31
去年は1月28日に咲いていたけど、今年はちょっと遅い春の足音。

毎日、今日はどうやろ?まだちょっと早いか?明日は?いやー、いつだ?とドキドキしていましたが、でも咲いてくれましたよ。

岩のあいだからこんにちは、シクラメン。
e0009669_22111647.jpg


先週からいきなりキタキタ、花粉症。目がかゆいよお。それなのに花粉飛び散る満開のアーモンドの花の下へ行くなんざあ、アホかいな。でも人生、そんなアホなことをせずにいてはつまらない(笑)。
e0009669_22115571.jpg


ポピー。
e0009669_22125341.jpg



さてさて、残念ながらブログが追いつきません。なんとか今日アップしましたが、この先ちょいどうなるやら。カウントダウン・ゼロは更新したいんですけどね・・・。むむっ。はいー、がんばりまーす。みなさん、応援(?笑い)どうもありがとうございます。トダ、トダ(ありがと)、感謝感謝♪


追伸:雅子たん、イスラエルの地図はもうちょいお待ちを。
[PR]
by ck-photo | 2008-02-10 22:18 | 何気ない日々
雪とエルサレム
e0009669_22385482.jpg


昨夜から今朝まで雪が降りました。
まだ屋根の上にも雪が残ってます。
これにてエルサレムの雪もひとまず見納め。

今朝も4時頃に誰も歩いていない通りを歩きました。
写真的にはまったくなんの面白みもなくて、
一時間ほど街中をグルグルしながら、
雪と水たまりとで歩きにくくて、
旧市街ももうやめた。
雪をかぶったシルワンあたりの谷はきっと美しかったかもしれないし、
でもそうでもなかったのかもしれない。

時々、雪の見に来たひとたちとすれ違った。
みんな黒いコートで黒いズボン、
信号機の赤と青と黄色、
そして街路樹のオレンジに反射したオレンジの雪、
ふしぎな世界だった。

また誰もいなくなった通りを歩いてゆくと、
雪のせいでか壊れた駐車場のゲートが
カッタカッタカッタ、
上がったり下がったり
永遠に繰り返していた。

機械だけが取り残された
廃墟のようなエルサレムは
怖いくらいの異次元だった。
じゃりじゃり雪の上を歩きながら、
いろんなことを思った。
これまでのエルサレムのこと、
今の自分の中のエルサレムのこと、
やっぱり結論は同じだった。
これでよいのだ。

またいつか、この足で
雪のエルサレムを歩くことを楽しみにしている。
その時はなにを思うのだろうか。

またね、エルサレム。
雪をどうもありがとう。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-31 22:58 | 何気ない日々
カウントダウン 19/31
e0009669_250451.jpg



e0009669_251378.jpg



e0009669_2524127.jpg



ちょっと遊んでみたシルワン村。いつ作ったんだっけなあー。覚えてない。


たんたんとくーしの常食であるサイエンス・ダイエット子猫用が店先から消えた。
ペットショップのおじさんいわく、もうイスラエルへの輸入をやめたってよ。だって。しかたなく他のカリカリを買ってはみたものの、困ったことにたんたんはこれがどうも嫌らしい。くんくんしてぷいっ。ミュ、ミュと悲しそうな声。

ごめんよー、たんたん。

缶はおなかを壊すから、もう少しだけこれでがまんしてね。引っ越し先にはあるから。それから、引っ越し先の国への猫の引っ越しは、マイクロチップ挿入が決められていた・・・。

こんなことって、したくないのですが・・・。
やむを得まい。

そして、飛行機に乗せるのも、トランジットがあるのも、ああー、かわいそうで、今から心が痛い。好奇心旺盛のくーしといえどもさすがに飛行機はイヤだろうが、たんたんは大きな音もお外も怖い。しかも乗客室に一緒に乗れないらしい。

あああ〜〜〜、
はあ〜〜〜〜。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-27 03:27 | エルサレム・エルサレム
シュトライマレ体験   カウントダウン 22/31
e0009669_1592519.jpg


写真の整理をしていて、こんなのが出てきました。

e0009669_0483465.jpg


そ、こういう帽子。
シュトライマレ(またはシュトライマ)という
正統派ユダヤの中でも
ハシディック派の正装の帽子。
本来、昔からこれは毛皮なのですが
現代では雨用のフェイクファーもあり(笑)。

この写真をみていて思い出したのですが、
これをかぶっている友人に一度貸してもらって
かぶってみたことがありました。

感想、


お、重い・・・。


帽子の内側に、カッパのお皿のような感じの
あたまに固定する部分があるのですが、
慣れるまでは重心がヨロヨロっ。
しかも頭上に異様に固い重圧感が・・・。
首がぐらぐらしました。

これをかぶってむっちゃくちゃ早足というのは
ある意味すごい芸当だったんだなあと。
ま、慣れなのでしょうが。

だからどうしたって話でもないのですが、
懐かしい思い出です。

ハシディック派とは?
[PR]
by ck-photo | 2008-01-24 01:02 | ユダヤ雑学
金曜の市場 18/1/2008
胃が痛いと思われ。(笑)
先週と先々週の寒波のおかげで
家の中が寒かったからね、
なんか暖をとらねばと、
むちゃ喰いをしたせいらしい。
起きたら胃が痛いー。
漢方の胃薬も切れたし、
治すということにおいては西洋医学の薬は好かん。
起き抜けに毎朝ハーブ酒をコップに少々飲むのだが、
これがまたけっこう胃がすっきりする。

他人が調子が悪かったり病気だったりすると
それこれがいいだのあれがいいだの思いつくのに
自分のときはまったく絶望的なまでに
どうしていいのか思いつかない。
ふしぎやねー。

e0009669_823439.jpg


と、そんなことはどーでもよくって(いやちっともよくないけどサ)、
シュークに並んだくだものをみていると
なんやらこう、季節感に欠けているような。
柿といちごとマンゴがイッショに並ぶって、
なんか「おっ?」みたいな。

e0009669_8225796.jpg


といっても
今週は樹々の新年、トゥビシュヴァットもあり、
スターフルーツなんぞはこの時季のくだものか〜。
甘くて好みの味なんだけど、
皮をむかないくだもの怖し、エルサレム。

e0009669_8245295.jpg

(なんで今回は写真にロゴがはいってないかって?めんだうだったから。笑)

このピンク色のニシンのマリネも当たり外れが多い。
いちばん美味しかったのはNYのスーパーで売っていたものと、
エイラットのホテルで食べたもの。
まずいものは生臭い、小骨多い、まずい(笑)。
おいしいものは、とろーり、小骨なし、美味!

からすみも一度買ったら二年ぐらい冷蔵庫にあったね(笑)。
食べ過ぎると胃にくるんだすよ、これも。

七草粥はとっくに過ぎたけど、
しばらくはお米を炊こう。

昨日と今日、ベッドから出ずに読んだ本、「ドナウの旅人」
おもしろかったといえばおもしろかったけど、長すぎ・・・。
この小説のメイキング版の「異国の窓から」
テルテルのキャラクターがヒジョーにおもしろかった。
小説よりも、彼のエッセイを少し読んでみたいなと思った。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-20 08:42 | 何気ない日々
カウントダウン 28/31
e0009669_261793.jpg


冬は夕暮れ。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-18 02:08 | 何気ない日々
金曜の市場 11/1/2008
e0009669_19313743.jpg

買いたくないパン屋

先々週からピタ(ピタパン)やハラ(シャバットに食べるパン)の質が落ちた。
なんだかパサパサしている。
小麦の高価の影響でなのか。

ちなみに昨年の9月のユダヤの新年からはじまった今年は、シュミタとよばれる年。
この七年ごとにやってくるシュミタの年は安息の年で、
この一年、イスラエルでは畑を休ませる年となっている。
長くなるので以上割愛(笑)。
興味がある人は旧約の出エジプト記23章14節、レビ記25章参照。
そんなこんなで、おかげで今年はシュークの野菜もちょい高め。

しかもバスもついこの前まで5.20シェケルだったのが、
先日乗ったら5.50シェケルになってた。
エゲッドのバス、高いゾ・・・。
テル・アヴィヴ周辺のダンだと4.40、一シェケル安い(わははっ、セコイね)。
これもガソリン値上げからか、単に物価上昇に便乗か。
いずれにしてもどんどん高くなっていくね。
15年ほど前は1.80シェケルとかそんなところだったのにね。

ちなみに今のアパートは月額620ドルなのですが、
次の入居者からは900ドルに上げるんだそうな。
ひーっ、このアパートでその値段はありえん・・・・。
ああ、恐ろしき世界。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-11 19:59 | エルサレム・エルサレム
身近な秋
何でしょ?最近こういう人工的な秋をよく見かける。
e0009669_19184063.jpg

垣根。
e0009669_19191631.jpg

熟れそうなナツメヤシの実。
e0009669_19193768.jpg

相変わらず花の名はちんぷんかんぷん。でも可憐ね。
e0009669_19201380.jpg

ブーゲンビリア。いきなり南国。(笑)
e0009669_19204038.jpg


エルサレムの身近な秋を探したんだけど、
はじめの一枚を抜かせば
ほぼいつもの風景。
でも日差しはちょっと秋かな。

と言いつつも、
まだ日中は半袖Tシャツでもオッケー。
ちょいと肌寒い日もあり。
こうして雨一滴も降らず
夏が長いのはうれしいけれど、あー、日本の秋も恋しけり。
なんだか急にみたらし団子が食べたくなった。
鴨川を北山に向かって自転車でピューッ。
貴船も嵯峨野もお弁当もっててくてく探索。
日本語の本も思う存分読みたいな。
日本と日本語を思う存分吸収したいな。
不足を補いたい。

なーんてこれ以上すてきな妄想を膨らますと危険。
ホームシックになりそ。
やーめたっ。
ここにあるものに感謝すべし。
って、ほんまかいな。(笑)

追記:一番身近な秋を感じられるもの=生え替わったぷーたん&くーたんのセーター冬毛。
[PR]
by ck-photo | 2007-10-28 19:43 | 何気ない日々
金曜日の市場  / 28.9.2007
e0009669_2239622.jpg


やっと出回りはじめたレモン。
レモンってふだんはあまり存在感がないけれど、
なくなってみるとヒジョーに困るモノなのね。

スコット(仮庵の祭り)がはじまって、
七夕のような飾り付けがちょい華やかなエルサレム。
今年はシゴトが忙しくて
祭りの準備でにぎわうメア・シェアリムに
写真を撮りに行けなかったのがどうも残念・・・。
また来年、なんて、いやいや今年は今年、
今できることをして行かないと。
来年なんて先のことはわからへん。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-28 22:49 | エルサレム・エルサレム