タグ:くまおと姫 ( 27 ) タグの人気記事
くー&たん
e0009669_2314147.jpg


e0009669_2322564.jpg


ひさしぶりに登場のお二方。
くまお(くーし)は前回のおっぺけぺーからの汚名挽回。(笑)
Foxyな彼。

たんたんはあいかわらずのメルヘンチック街道まっしぐら。
これが彼女の持ち味。
ふわっふわでかわいいなあ〜(ネコ親バカ・笑)。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-17 02:34 | 猫三昧
くまおが狙っているのは
e0009669_9575343.jpg


ハルヴァでござんす。
練りごまとハチミツでいやー、甘い甘い。
でもけっこうハマる美味しさ。
(ハルヴァについてはこちらをどーぞ。最近こんな手抜き記事が多いが許したもれ。)

e0009669_1015321.jpg


マハネ・イェフダのシュークで売っているのはイマヒトツ。
舌触りがザラザラ。
こちらのヒミツの店のハルヴァ、
口の中でまろやかーに溶けて
なんともいえないすてきなリッチな後味。
尾を引きますな。

ピスタチオ、
ドライフルーツ、
なんてのがグー。
この塊は二週間半ほどで食べた。
あー、ヤバいヤバい。(笑)


そんでもってなんだかおっぺけぺーなくーさん。ほんとはもっとハンサムなんだけど(笑)。
e0009669_108753.jpg


たんたんの写真が最近あんまりないね。


(追伸。さきほどアップした記事ですが、やっぱり取りやめました。ごめーん。
もう読んじゃった人はそのままもうしばらく秘めといて。そのうちまた時期をみて載せますから。(笑))
[PR]
by ck-photo | 2008-01-13 10:06 | 中東の食卓+α
明日
久しぶりに2ニャンのお話。彼らとの同居がはじまってはや5ヶ月。すっかり大きくなってしまったぷーたんくーたん。毎夜の追いかけっこも半端じゃないドタバタ騒ぎ。

実は明日、ぷーたんくーたんは獣医さんのところにお泊まり・・・。そうです、不妊と去勢手術を施すことになりました。これに関しては彼らとの同居が始まって以来ずっと考えてきたのですが・・・。

女の子であるぷーたんの不妊手術は、彼女が人と同居していく限り避けて通れないことはわかっていたので、これはさほど悩まずにいた。問題はむしろくーたんの去勢について。これについては本当にずっと考えてきて、現時点での結論はやはり手術するしかないのだろうということ。これはかなり自分を説得するような形でもあったのだが。でも、明日ぷーたんと一緒でなくても、いずれ彼の猫ライフのどこかの時点でそうしなければならない日が来る可能性の方が来ない可能性よりも高い(と理解しているけど)。それならばそろそろ生後六ヶ月になる今のほうが後よりもよいのだろう。

もうひとつずっと考えているのは、完全家猫スタイルについて。エルサレムは猫の街と言っていいほど、あちこちで猫を見かける。ノラもたくさんいるし、出入り自由の家猫もたくさんいる。自宅の下階に住む猫も玄関の猫ドアから出入りし、隣の建物の窓からも赤毛の首輪をつけた家猫が出たり入ったり、サザエさんちのタマのような彼らの日常。先日テル・アヴィヴの海辺で10匹ほどの猫家族に出会ったのだが、彼らが岩の上に寝そべりながら海をほーっと目を細めて眺めている姿を見て、ああ、やっぱりそういうのが自然なんじゃないかと思ったり、いや、このご時世、交通事故に病気感染、外へ出るのが必ずしもいいとも限らない。しかし、くーたんの悲しそうな「外に出たいよー」という顔を見るたびに、出してあげたいと思うのも正直な気持ちなのだから、困ったものだ。

ここまで去勢についてクリアなるまでの道のりはけっこう長かった(この時点でもまだ100%それが正しい選択だとは言い切れないのだけど・・・)。まっとうな飼い主ならば、飼い猫が健康で幸せに長く暮らしてくれることを望まないわけがない。明日、すべてよかれと信じて獣医さんに預けてきます。

e0009669_1161910.jpg
e0009669_1165696.jpg
(Pusha and Kumao /08.Nov.2007 追いかけっこの最中)
[PR]
by ck-photo | 2007-11-08 11:10 | 猫三昧
郵便局にて
東京のDさんに8月の終わり頃に送っていただいた小包がなかなか届かない。楽しみにしている本や雑誌など、ろくろっ首になるほど楽しみにしているのだが・・・。Japan ←→Israel間の郵便事情は、これまでのわたしの個人的経験によれば、かなりよい。のだったが、今年の春ぐらいからちょいちょいと宛先不明扱いになり、数ヶ月後に日本に送り返された小包がいくつかあった。

日本からでは、Air Mailではふつうの航空便と、国際スピード便のEMS便とSal(サル)便とがあり、EMSだと一週間ちょい、サル便だとEMSよりも割安で2〜3週間で着くのでまあまあよし。なのに、ふつうの航空便はなんだか3週間〜5週間ほどかかるは、EMSやサルのように書留(というんでしょうか?受け取り時にサインするのね)ではないので、配達がいい加減なのか、なんだか扱いがちがう。送り返された小包はふたつとも航空便だった。今回送っていただいたのもふつうの航空便だったので、ネットでの追跡調査もムリ。近所のいつも不在届けを持って小包を取りに行く郵便局にダメで元々、問い合わせに出かけた。

わたし「すみません、実はですね(割愛)・・・。でカクカクシカジカ、ありませんか、わたし宛」
係員 「ないよ、あんた不在届け持ってんの?」
わたし「いや、一度も配達されてないみたいだから、不在届けももらってないですよ」
係員 「だったら探しようがないわさ」
わたし「そこをなんとか。ここにあるはずなんだからサ。で、そこの棚(こっちから見えてる)とかに、最近日本から送られた小包、いくつかあるんじゃないの?」
係員 「もっちろんあるさー!日本はもちろんヨーロッパからだってアメリカからだって、世界中からの小包があるんだからよ!すごいだろー!」

いや・・・あのー、そういう自慢話を聞きたいんじゃなくてサ・・・。
わたしの小包があるかって話なんですが・・・。

はあー。これもまた送り返されるんだなあ。二ヶ月経っても誰も取りにこなかったって。そこにあるのわかってるのに手が出せないって、ものすごーく歯がゆいぞ。いやはや、どうしたものだかね。コネがないとダメなんだよなあ、こういう時って。って、そういう国なんですよ、ハイ。


e0009669_8501330.jpg盗み食い日記 by くまお:

ゆでたまご。CKがあっち向いてる間に取ったもんねー。どうにかして殻を破って黄身だけ食べたヨ。ぼく黄身は大好き。うっしっし。

茹でたひよこ豆。CKがホムスを作った時にあまったのをこっそり食べた。あんまり美味しくなかった・・・。

ピタパン。CKが市場で買って来た、アツアツのピタがおいしいんだよねー。ヤメられないトマらない♪これはぷーたんも大好き。ふたりで半分こして食べた。
[PR]
by ck-photo | 2007-10-14 09:02 | エルサレム・エルサレム
くまおの災難・・・。火傷してみないとわからない。
さてさて、いろいろありました、今週も。まずは今週のわたし的ハイライト。

「くまお、3階の窓から地上に落ちる!の巻き」

自宅にはキッチンの横と寝室にベランダがついているのですが、このキッチンのベランダがくーたん&ぷーたんのお気に入り。ベランダの花の鉢に入って寝たり、空を見上げたり、ほのぼの〜空間でした。はい、すでに過去形Closed!

いたずらさかりのくまお。そのベランダの柵の上からリビングの窓(鳩の巣があったあそこです)へ飛び移ったりしていて、なんどもダメ!と教えたのですが、わかっちゃいるけどヤメられない現行犯逮捕の繰り返し。そして、ボク平気だもんね〜と人生を甘くみたくまお。ついにその瞬間はやって来た・・・。いや、笑い事ではなかったですヨ、ほんまに。こういうこともあろうかと、コンピュータをその窓のそばのテーブルに置いてシゴトをしていたのですが、いつの間にかベランダから窓に飛び移り、無花果の木の葉で遊ぼうとしたらしくガサガサっといつにない音がした。おやっと立ち上がり、窓からちょいと顔を出してみたら・・・・アーレー!っとマンガのように垂直に落下しゆくくまお・・・・。ちょうどその真下にはその家のオーナーの趣味で木製のワイン樽が置かれていたため、ダーンっとそこでワンクッション後、地上に転げ落ちる・・・。ええ、一瞬のデキゴトでした。

大変っ!慌てて駆け下りて行き、その家の門のインターフォンをならすも留守のよう。そこに事を聞きつけた隣に住むCat Loverの友人もレスキュー隊員として参加。はしごを持ち出し門をよじ上り、くまお救出作戦展開。

ようやくくまおを自宅につれて帰ったのですが、ほんっと、幸いな事に、どこも骨折も怪我もなく、内出血などもしていないよう。よく助かったなあ、ミラクルだ!と隣の友人。ほんまですな・・・。ふー。でも彼、よっぽど怖かったんでしょうね(というか、目撃したわたしのほうが怖かったかも・・・)。さすがにその日一日はしゅーんっ。わたしもどーっと疲れましたヨ・・・。そしてちょっと元気になったくまお、いつものようにキッチンの棚の上。そこへぷーたん登場。棚の上でじゃれ合い、まだぜんぜん本調子ではなかったくまお、あっけなくバランスを崩し冷蔵庫の上に転げ落ち、どかんっと床へ・・・。ああ、まさに踏んだり蹴ったり、左前足をちょっとひねってしまいました。

それから今日まであまり元気がなく、ベッドでしれーっとしてますが、食欲はいつも通りだし、ぷーたんと追いかけっこして遊ぶ姿は元気なので大丈夫でしょう。ほんとうは足が完治するまで追いかけっこはヤメて欲しいのですが・・・。子猫も人の子供も同じようなもので、いくら「熱いヨ!火傷するヨ!」と火を差してもわからない。成長した猫なら自分のリミットもある程度はわかっているのだけどね。まあ、ベランダに係らず、けっこう気をつけていたのですが、もっと気をつけなあかんのやねーと思ったのでした。

そんなこんなで、バタバタあれこれの日々でした。


そして昨日の日没から今日の日没にかけては安息日だったのですが、今年はヨム・キプール、一年の反省の日も重なりました。昨年は新年が安息日と重なってましたね。ヨム・キプールの24時間は断食なので、勝手にシリーズ化している「金曜日の市場」はお休み。きっと市場も早々に店じまいだったのでは。さて、ヨム・キプールの過去ログは・・・と言いたいところですが、まだ移して来てなかった・・・。わははっ。またあとで載せますね。

さてと、今週もまた明けました。もうすぐスコット(仮庵の祭り)がやって来ます。

e0009669_4102722.jpg



追記 ー ヨム・キプール過去ログ
2006年:ヨム・キプール ことしもどうぞよろしく
2005年:わたしをゆるしたまへ。ヨム・キプールです。チキン・スープです。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-23 04:30 | 何気ない日々
シュールなふたり
e0009669_1491415.jpg

e0009669_1493159.jpg

e0009669_1495149.jpg

e0009669_1501160.jpg


あまりにもシュールな世界だ・・・。
このシュールという言葉を聞くと沢田研二を思い出す。(笑)

最近のくまおの食事情。
食べたもの:生のにんじんの皮。むしゃむしゃ食べる。お湯につけてふやかし途中のパタイ麺を盗み食い。どうも麺が気に入った模様。もちろん、お鍋のお湯に手を突っ込んで取った。まだ固い麺を両手で押さえながら、びよーんっとのばして食べる。ぷーたんには絶対に渡さない。むむむっ・・・。
[PR]
by ck-photo | 2007-09-19 01:55 | 猫三昧
いや、ぷーたん、それは・・・。
e0009669_1981377.jpg

いちおうコンピュータの上やねんけど〜・・・。
このMacBook、けっこう電気感じますけどね、
暑ないんかなあ〜?
保温マッサージチェアーみたいでええんかな。


本日のサービスショット。
e0009669_1983920.jpg

モフモフ感がたまりませんわ。
ふわっふわっ。

ということで仕事になら〜ン。
市場にでも買い物行ってきまーす。

(Pusha 07/Sep/2007)
[PR]
by ck-photo | 2007-09-07 19:14 | 猫三昧
市場にて
e0009669_16151988.jpg

(Ku& Pu July/2007)

穫れ捕れの、こんなの買ってきました。(笑)

箱、籠、袋、大好き!らしい・・・。
むっちりおしりがなんともね〜。


最近のくまお&姫のフェティッシュ、
どうも足の指くんにハマっている。
とくに、お風呂上がりのフレッシュなのがいいらしく、
シャワーから出て来るとソレーっ!と揃ってやってきては
足の指、甲、かかと、をくしゅくしゅくしゅくしゅ。
海の中で小魚に突かれてるみたいな、
すごーく微妙な気持ち。

今日で予防接種各種、おわり!
犬系ハンサム獣医さん、いつもどうもありがとうでございます。
これから連れて行きますので、どうぞよろしく〜。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-31 16:17 | 猫三昧
暑い日は・・・

じゃーっ。

e0009669_10394098.jpg


滝に打たれる僧か、はたまた行水ですかね?

e0009669_10413467.jpg


・・・くまお、
・・・ほんまに猫かいな?

e0009669_1046115.jpg

「ついでに水も飲んどいたれっ」

そのころ、ぷーたんは・・・?
[PR]
by ck-photo | 2007-08-27 10:49 | 猫三昧
あーたたちのおかげで、鉢のザータ(ハーブ)が押されてヨレヨレ・・・。
e0009669_18484417.jpg


ベランダに無花果の枝がずいぶんとのびて来た。大きな無花果の葉で窓の外やベランダはまるでジャングル。見上げた枝先にはたくさんの実がなっている。今年は去年よりもずいぶんと大振りで美味しそう。うーん、大きな食べごろの実はみな手の届かない高いところ。先が別れた長い棒っ切れで、きゅっとひねって穫って食べたいんやけど。鳥たちもここにはご馳走があるぞとやって来ては、賑やかに実をつついている。子供時代、祖母がまだ元気だった頃、実家の裏庭には、無花果、栗、柿、柘榴の木があった。祖母と同様、今はもう無くなってしまったけれど。

数時間経って、ベランダに出てみると、ちょうど熟れていた実が見事鳥にかじられていた・・・。ああ悔しいなあ、ほんま。

みなさま、残暑お見舞いどうもありがとうございました。
そうですね、日本だとそんな言葉や心使いがあるのでしたね。
そんなちょっとしたすてきな習慣も忘れそうなエルサレムです・・・はい。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-19 18:55 | 何気ない日々