<   2008年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧
雪とエルサレム
e0009669_22385482.jpg


昨夜から今朝まで雪が降りました。
まだ屋根の上にも雪が残ってます。
これにてエルサレムの雪もひとまず見納め。

今朝も4時頃に誰も歩いていない通りを歩きました。
写真的にはまったくなんの面白みもなくて、
一時間ほど街中をグルグルしながら、
雪と水たまりとで歩きにくくて、
旧市街ももうやめた。
雪をかぶったシルワンあたりの谷はきっと美しかったかもしれないし、
でもそうでもなかったのかもしれない。

時々、雪の見に来たひとたちとすれ違った。
みんな黒いコートで黒いズボン、
信号機の赤と青と黄色、
そして街路樹のオレンジに反射したオレンジの雪、
ふしぎな世界だった。

また誰もいなくなった通りを歩いてゆくと、
雪のせいでか壊れた駐車場のゲートが
カッタカッタカッタ、
上がったり下がったり
永遠に繰り返していた。

機械だけが取り残された
廃墟のようなエルサレムは
怖いくらいの異次元だった。
じゃりじゃり雪の上を歩きながら、
いろんなことを思った。
これまでのエルサレムのこと、
今の自分の中のエルサレムのこと、
やっぱり結論は同じだった。
これでよいのだ。

またいつか、この足で
雪のエルサレムを歩くことを楽しみにしている。
その時はなにを思うのだろうか。

またね、エルサレム。
雪をどうもありがとう。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-31 22:58 | 何気ない日々
和風に魚だヨ! ・・・カウントダウン 14/31
昨晩からの雪で、今日は休みになったシゴトや学校も多いはず。
シギーに電話すると
「とうぜんじゃ!」
と一言。シゴトは行かなかったそうだ。
カメハメハ♪雪が降ったらお休みで♪
子供の頃憧れたあの歌みたいなところがいいなあ、エルサレム。

さーて、ここでパーッと気分転換でも。
美味しいものでも食べたいところだが、
気がつくと、冷蔵庫にはなんにも食べるものがない・・・が、
あーっ!!雪で店は閉まってるやん!!
うう、ひもじい。

ということで、先日食べたお魚でも見ながら飢えを凌ぐとしませう。

2008年の中東、三大宗教の聖地と呼ばれるエルサレムの一郭。
台所でもくもくと魚をさばくひとりの日本人女性ありき。
e0009669_758456.jpg


おそらく南洋サヨリコケビラメ

そ、こんな美味しそうで新鮮な小魚も売ってましたね。シュークに。
が、いつも行く魚屋にはこういうのが置いてなかったので、
実はつい最近まで気がつかなかったんですよ。
たいていは魚屋では大降りな魚の切り身やらなんやらで、
こう、日本の夕食に上がるような焼き魚っぽい雰囲気とはまたちょいちがい。

買ってきた南洋さよりはお造りにしたいのをぐっとこらえて、今回は塩焼きに。
コケビラメは骨までパリパリ唐揚げ攻撃。
でもあの鮮度ならお造りでも大丈夫だったかもしれないが、
なんせ、お魚狂いの方々がふたりおりますからね。
そうちんたらもやってられず。

しかもこれらを魚屋で購入したはいいが、内蔵をとってもらわなかったので、
夜、くー&たんが寝静まったころをみてバババッと鱗を落としおなかを出して、ほっ。
新鮮なお魚をいじるの、好きだったりする。
あのきれいに美味しそうになってゆく姿にワクワクしたりね。
でもお肉はイマヒトツ、匂いもダメかも。

e0009669_8164093.jpg

(ニャンズの襲撃を避けて急いで撮った・笑)

気になるお味のほうは・・・
うまいっ!

コケビラメは笹ガレイのようで、小さいけれど身はモッチリ。
南洋サヨリはちょっとパサッとしてたけど、
和風の魚の塩焼きってことだけでもう十分に美味しい。
ごはんとお味噌汁もとは思ったが、
すぐに食べたいキモチ100パーセント優先。

やっぱり美味しい魚はいいねっ。


で、新しいスキンにしてみたヨ。
なんでこれかって?
向こうに行ったらこんなケーキを食べるんだー!
それですよ、それ。そのエネルギーがね、必要。
そんなシンプルな楽しみが待ってるってのを忘れないように。がははっ。
(両手をモロ上げてウヒョヒョな引っ越しでもない部分もあって・・・。
ええ、奥歯にがっつん、物が挟まってますよ。)

新天地はいちおう腐ってもヨーロッパの端くれ、
ケーキやお菓子はなかなか美味しい。
エルサレムではこういうケーキもちらりと見かけるが、期待ナシ。
というか、ケーキはやっぱり日本のがいいね。
(いまだに断然イチゴショート派)



[PR]
by ck-photo | 2008-01-31 05:21 | 中東の食卓+α
ふふふと神は人の計画を笑う・・・カウントダウン 15/31
まずは猫&飛行機についてのコメント、どうもありがとうございました。いろいろな方の体験談や励ましで、だいぶんと気が楽になりました。コメントの返事はあらためて、のちほどします。ありがとうございました。


今日一日、みぞれのような雪がまだ降り続けていますが、今夜から明日にかけてさらに降るそうだ。

昨夜、あれから写真を撮りに行ったのだが、途中からべた雪が降り出して100枚ほどしかとらず、しかも使えそうなものもなく、シッパイ。びしょぬれで帰宅すると、階段に時々みかける大きなヤクザな風貌のノラが縮こまっていた。ご飯をくれる人がいるのかもしれないし、ゴミでも十分なのか、このあたりのノラは太ってる。しかしこの雪空のした、カワイソウに思い、くー&たんの缶詰をあげた。侘しいノラ人生で人相がわるくなっただけなのか、ごわごわの毛をなでてやるとちょっとかわいい表情になり、もっともっと、と思ったよりもぜんぜん大人しい。ああ、そっか、ずっと寂しかったんやね、君も。

しかし家には連れて行けないよ。段ボール箱を持ってきて、「ほら、ここに入るとちょっとは暖かいよ」「もう行っちゃうの?」ノラが寂しそうな目で見るのを後ろ髪を引かれながら、階段を自宅へと上った。それからしばらくすると、悲しそうな鳴き声が数回、ああ、ごめんよ。もっと早くに友達になればよかったね。でも君があんまり強面だから、ちょっと遠慮してたんだよ。早く春が来るといいね。にゃんこセンセイはどうしているのだろうか、とふと胸が痛んだ。きっと大丈夫さ。

引っ越しが徐々にストレスになりつつある。飛行機はけっきょくトルコ航空で予約をした。わたしの場合、旅でも帰国でも、たいてい出国したい日の10日前ほど、時には一週間前になって予約することが多い。それまで予定が決まらないのだ。しかし今回は引っ越しのいろいろな段取りがあるため、自分では早めのフライト日時決定となった。とはいえ、これだって予定変更もあるかもしれないが。

さて、現地のアパート状況がいまひとつよろしくない。相手の都合で話がコロコロ二転三転し、ええーいっ、イイカゲンニセー!なのだが、向こうのメンタリティーもこちらと似たようなもので、「きちんと日本人」には理解不能だ。今月アタマからはじめてもらう予定だったアパートの改装(壁、パイプ取り替え、他)がいまだにはじまっていないという。ちょっとちょっとぉー・・・、なんやそれぇ! 海越しに何度言っても埒があかないので、とりあえずは他の小さなアパートに二週間ほどという話なのだが、それだって入ってしまえばそのまま大きいほうのアパートの改装がなーなーになりそうで、はああーーー・・・。

そんなこんなで、もうええわいっ、勝手にせいっ。向こうに着いたらひとアバレして、それでだめならおよよっと泣いてみて、それでもだめならまた他の手を考えるさ。ただ、アパートのことは、くー&たんに必要以上のストレスを与えたくないゆえに、あっちこっち流浪するのは勘弁して欲しい。

気晴らしに、サザンの桑田さんをガンガンにかけて、まだ手を付けていない靴の整理に取りかかった。多いのか少ないのか、全部で17足ほどだったが、その半分はサンダル。向こうではそんなに履くこともなさそうなのだが、持って行くことにした。

パッキングと運送は引っ越し屋に頼んだのだが、さいきんイスラエルで引っ越し屋の詐欺事件が発覚したらしく、シギーにも他の知人にも言われて、おお、大丈夫か?と一瞬思ったが、家財道具なし、本が80パーセントのうちの荷には向こうが儲かるようなものはなにもないし、金額も大したものではない。しかもしかるべきところを通して紹介してもらった会社だから大丈夫だろう。と、もうなんでもどっちでもいいや状態かもしれない。なるようになる。


以前、とあるラビの奥さんから聞いた話を思い出した。旧市街でなにかの講義の時だったように憶えている。「すべて自分の思い通りに事が運んでいるから、すべては順調、幸せよ」というような歌があるが、問題は自分の思い通りにならない時にどうするか、なのよと。その時の乗り切り方が大切なのだと。そうだよなあと思ったのを思い出した。


e0009669_21435359.jpg

テヘランのサラさんのブログで見た絨毯の雪洗いの様子を思い出して、ちょっと(いやかなり・笑)ちがうが、ベランダに出しておいた。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-30 21:36
雪!
「かーちゃん、コレなにッ??? なんか降ってる!!」
e0009669_916335.jpg

そーね、あーたたち、生まれて初めて見るんやね。
雪ってゆーんやで。



e0009669_9163948.jpg

窓からパチり。
さてと、出かけますかね。って、もうそろそろヨナカの二時半なんやけど・・・。
まだ降ってるから明け方まで待つかなあ・・・。
西の壁まで行こうか、やめとこか。
エルサレム雪景色。
願いかなったり。


[PR]
by ck-photo | 2008-01-30 09:18 | 何気ない日々
雪待ち人 ・・・カウントダウン 17/31

昨夜から続く嵐。
がんがん、バンバン、ドカーン、
久しぶりに大荒れだ。
雪になるらしい。

おとといの前日、
去年の暮れから切ってあった
携帯電話をオンにした。
チリとつもったメッセージが・・・。

食事中だろうが、寝ていようが、トイレだろうが、
こちらの都合などおかまいなしに鳴る。
携帯はもちろん、
自宅の電話も、
忙しかったり疲れている時は
音を切ったり線を抜いておく。

そんなこんなで、
きのう、
一か月ぶりで電話に出て
シギーに会った。
彼女はブログにもときどき出て来るので
記憶にある方もいるかもしれないが、
たんなる友人というよりは、
大人になって初めて会った従妹のような、
そんなつながり。

一か月ぶりのシギーは
居候していた実家を出て
カタモン地区のアパートに引越していた。
小さなリビングとそのまた半分ほどのベッドルーム、
キッチンとバスルーム。
それで、あの地区で、2000シェケル(約500ドル)は高すぎる。
テル・アヴィヴの知人も、
もう1100ドル以下ではテル・アヴィヴ郊外でも
なにも見つからないと嘆いていた。
いやはや、エルサレム、テル・アヴィヴの不動産は
どうなってんだ。

あと二週間ほどで海を越えた付き合いとなる、
シギーが石をくれた。

その石をみた瞬間に
わたしだと思ったという。
インカローズ、ロードクロサイトという石だった。

毛細血管のような、
脳のしわのような、
波のない海面のような、
ピンクや淡いグリーンがまざった
論理的なクリエイティブと情熱の
ふしぎな石だった。

帰宅してから
もう少し詳しくネットで
どんなパワーストーンなのか調べたら
なかなかおもしろい。
しかも牡羊座の守護石だそうで、
なにも言わなかったから
シギーも気がついていないらしい。
わたしの星座だ。

手のひらほどのこののうみそは
旅をしいろんな手にふれられ、
少々疲れている様子だった。
アラブ市場で買ったセージを燃やし、
元気を取り戻すまで
その煙にのうみそをくぐらせた。

何度もくぐらせながら、
セージの煙りが部屋中に充満し、
あー、ふー、うーん。ふぅー。
すーっ。
煙り、香、
たまには焚いてみるものだ。

生気をおびたのうみそを
コンピュータの横に置いた。
原稿を書きながら、
ちらちら、気になる。
手に取って、光りに好かしたり
手のひらに置いたりしているうちに
なんだか
胸が軽くなって
あたまも柔らかくなって
ふしぎな感覚だ。


そして、今もまだ雪待ち人ここにあり。
今夜夜半には、
エルサレムに白い粉が舞うかもしれない。
きっと舞うだろう。
エルサレム最後の雪を、みたい。


e0009669_23562715.jpg

[PR]
by ck-photo | 2008-01-29 23:58 | 何気ない日々
猫と飛行機
はい、しばらくいろいろ調べていますが、やはり航空会社、路線、などによって条件は異なりますね。

なにも引っ越し先は隠しているわけではないのですが、いろいろありまして、ブログで国名を書くタイミングがまだ整っていません。そういうことなので、テル・アヴィヴからトランジット地点までの路線情報ですが、ごめんなさい。

今回はトルコ航空とオーストリア航空が候補なのですが、テル・アヴィヴのベン・グリオン空港から出ているトルコ航空イスタンブール線は動物は一切客席に持ち込めず(ということらしい。こちらと引っ越し先の国のトルコ航空に確認しても、情報が入り混じっている)。他の路線では猫は一匹だけオッケーだが、機内にビジネスクラスとエコノミーの間に「壁」のしきりがある場合のみ。カーテンでしきってある機種は基本的にダメ。テル・アヴィヴーイスタンブール線は小型機で、ビジネスとのしきりがカーテン。もうすでにその時点でアウト。だったらいっそ、ルフトハンザの大型機(壁あり)でフランクフルト経由でとも思いましたが、それではトランジットも含め、時間が非常に長過ぎる。

オーストリア航空に至っては、テル・アヴィヴープラハ路線では一か月に1〜2便だけがペット特別機で、ペット貨物室が暖かい状態だという・・・。じゃあその他の便はどうなのかと、イマヒトツ意味がわかりません。しかもそのペット便は予定日時には飛んでないし、飛んでいても二月中旬の極寒プラハでの乗り継ぎは、猫たちにとってはキツい。さらにペット輸送規則がものすごく厳しく、それを満たすのがここからではちょっとしんどい。

というのも、例えばアメリカや日本などのようにモノが溢れた国ならば、ケージも選択肢がたくさんありますが、なんせモノの少ないエルサレムですから。テレビをみていても猫缶のコマーシャルなんてこのかた一度たりとも見たことないですし。ふつう、ありますよね(あ、もちろん猫缶は売ってますよ。笑)。

ペットショップの定員だってバイト程度で、ほとんどその場限りの対応(往々にしてそんなものですが)。数ヶ月前にケージをひとつ、ダウンタウンの比較的大きなペットショップで買いました。もちろん店員に飛行機に乗せるものを探していると言ったのですが、「ここにあるのはぜんぶ大丈夫さー!」と、自信満々。うーん、どうなのかなあ、と思いつつ、その時はとにかくケージが一つ必要だったので、これならばと思うものを長さなどを確認してから買いました。

が、その後、ネットで「エアキャリアー 猫」で検索してみると、ダウンタウンにある4つのペットショップでは見かけないような、petmate社のちゃんとしたケージが。ああ、やっぱりこういうヤツじゃないと・・・と、改めてエルサレムのモノの少なさを実感(もう一度探してみますが)。

話が少しずれましたが、そんなこんなで、仮に一匹は客室でも、結局もう一匹は貨物室になりますから、どっちを? 貨物室にひとりで行かされるのを想像するとかわいそうでね。それなら二匹一緒に(もちろん別々のケージですよ)貨物室のほうがいいのかもと。まー、自分のことなら決断もしやすいですが、愛する猫たちのためとなると、いろいろと難しいですね。しかも初めてのことだから。

と、現状況はそんなところです。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-27 18:19 | 猫三昧
カウントダウン 19/31
e0009669_250451.jpg



e0009669_251378.jpg



e0009669_2524127.jpg



ちょっと遊んでみたシルワン村。いつ作ったんだっけなあー。覚えてない。


たんたんとくーしの常食であるサイエンス・ダイエット子猫用が店先から消えた。
ペットショップのおじさんいわく、もうイスラエルへの輸入をやめたってよ。だって。しかたなく他のカリカリを買ってはみたものの、困ったことにたんたんはこれがどうも嫌らしい。くんくんしてぷいっ。ミュ、ミュと悲しそうな声。

ごめんよー、たんたん。

缶はおなかを壊すから、もう少しだけこれでがまんしてね。引っ越し先にはあるから。それから、引っ越し先の国への猫の引っ越しは、マイクロチップ挿入が決められていた・・・。

こんなことって、したくないのですが・・・。
やむを得まい。

そして、飛行機に乗せるのも、トランジットがあるのも、ああー、かわいそうで、今から心が痛い。好奇心旺盛のくーしといえどもさすがに飛行機はイヤだろうが、たんたんは大きな音もお外も怖い。しかも乗客室に一緒に乗れないらしい。

あああ〜〜〜、
はあ〜〜〜〜。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-27 03:27 | エルサレム・エルサレム
またしてもコメント不具合、おーい・・・。
なんだか知りませんが、コメントの書き込みができませんね・・・。
ログインしている、いないも関係なしで、なんでやねん?

あちこちでこの不具合も嘆かれていましたが、うーむ、
最近のエキブロ、ちょっと調子悪すぎますね。
エキブロのおもしろいところは、
新しい機能がつくとどっかに支障が出ること(笑)。
いらない機能を削る&サーバの強化に力を入れたほうがヨロシクッテヨ、
と思うわけですが。


ということで、
ぼつぼつとそういうこともあるかもしれませんので
ご了承くださいませー。
中途半端な返コメ、スミマセン。


以上、オシラセでした。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-27 02:18 | おしらせ
今日は更新しないつもりだったんだけど(笑)。 カウントダウン 21/31
一昨日から写真のアーカイブを2003年あたりからずっとにらめっこしているのだが、一枚一枚、ああ、そういえば、ああ、そうだった、あー・・・、いろんな事件やストーリーを思い出した。

いったいいくらあるのかわからない枚数の写真も、これでいいのか?というものが多い。なにかをしようと思ったら最低20年だね・・・、なんて思ったら、わたしはやり残したこと以外にいったいなにをしてきたのかと、どれも中途半端でなにひとつ納得していない。人って、ホント、おかしな生き物だね。自分はどうしたいのか、なにをしたいのか、なにを言いたいのか、そこから先どうしたいのか、しばらくちゃんと考える必要あり。

2006年7月25日。いとこの誕生日のイチニチ後。
e0009669_11264021.jpg


そうだった。

神殿の西の壁の前に、何万という人が祈った日だったっけ。ガザ撤退の行く末を、それぞれがそれぞれの想いで壁の前にいた。
e0009669_1128075.jpg



この伸ばした手は、どこに、誰に、なにを叫んでいたのだろう。
祈り。
そのパワーに、
自分がなにかに祈り続けてきたからなのか、そうではないからなのか、
あの日のことを思い出し、なぜだか目頭が熱くなった。
e0009669_1130198.jpg



つまりは、結局なんだかんだ言いながら、この約十年のエルサレム時代は、この国の政治的にも個人的にもけっこうおもしろい時代だったんじゃないかと思った。やっぱり人っておかしな生き物だ。一つのオワリにあたり、見えてくるいろいろなこと。

さーっ、
ヨナカ、じゃないか、明け方か、にいつまでもひとりでこんなことをしていては、精神衛生上よろしくありませんな。といっても、いろんな理由でこれも今やらなきゃいけないことのひとつだから、コツコツやってますが。

コメントの返事はもちっと待っててね。
さ、そろそろ寝よっと。
明日もよい天気になるといいね、エルサレム。


ちょいと私信:寧夢さんへ(読まれていたらですが。笑)。
そう、一生、I will learn ですよ。


追記:今週の「金曜の市場」はお休みです。
なぜならば、昨日の夕方に行っちゃったから。(笑)
[PR]
by ck-photo | 2008-01-25 11:36 | 戦争と平和
IP, who is?
IPアドレス拒否設定、ようやくきましたね。これでしばらくはスパムも避けられるでしょー。が、あいかわらず不具合も出ているようなので・・・(笑)、ちょっと待ちましょうか。ちなみにこちらのWho is (英語)または日本語版に、スパムコメントのIPアドレスを記入すると、その相手の割当ができます。(なんかニホンゴおかしいですね・・・。汗)
[PR]
by ck-photo | 2008-01-24 22:29 | おしらせ