<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
うそつきカスタード
エルサレムで美味しいもの、またはおいしいお菓子を探すのはほとんど無理に近いと以前から書いているのですが、先日誕生日だったこともあってどうしてもおいしいケーキを食べたくなって困ってしまいました。

もちろんケーキ屋というか、お菓子屋さんはエルサレムにも何軒もありますが、だからといって美味しいお菓子があるわけでなく。旧市街のアラブ街へ行けば、激甘シロップに浸かったバクラワなどはあっても、日持ちもしない生クリームのケーキなどは皆無。というか、ケーキ自体を見たことすらないような気がする。そして新市街のユダヤのケーキ屋ではこれまた激甘なチョコレートケーキや、どうしたらこうも美味しくないのか疑問なチーズケーキなどはあっても、日本なら普通にある生クリームにイチゴのお誕生日ケーキはまだ見ぬ遠い国のお菓子。

友人のシギーに「売ってないよね?!ねっ?こういうケーキ!」と言ってみるものの、どんなケーキを言っているのがわかってもらえない。だって、生粋のエルサレムっ子の彼女はそんなケーキをこれまでに見たことがないんだもん。しかし、イスラエルのユダヤ家庭では生クリームとスポンジのケーキをまったく作らないわけでもないらしく、あるにはあるけど、かといってそこに果物を入れるつもりはないらしい。・・・なんでやねん。

エルサレムの目抜き通りのキング・ジョージ通りにおっフランスからの移民のケーキ屋がある。ショーケースに並ぶケーキの数々は見るからにさすがおっフランスで、美味しそうなことこの上なし。が、おフランス系であってもやはりここはエルサレム。何が美味しくないって、カスタードがカスタードしていない。なんというか、こう、ぼてっ!もごもご、というか、失敗したカスタードなのね、うそつきー!という感じで、決して滑らかなクリームではない。しかも、ケーキ屋ではユダヤの食品規定カシェルの関係で、バターやミルク、クリームなどの乳製品をまったく使わないものが多いことも美味しいお菓子がない理由のひとつなんだろうと。そして、現在のイスラエルは基本的には世界中からのユダヤ移民の集まりの建国60年足らずの国だと思うので、国独自の昔からの伝統的な文化というか、そういう感覚が希薄。なのでお菓子ひとつにしても宗教的なお祭りで食べるお菓子を除いてはその文化にかなり乏しい。

e0009669_9222352.jpg


とかなんとか散々文句を言いながらも、こういう↑ケーキですら久しぶりだったので、結局は丸々ひとつぺろりと食べちゃったのである。カスタードの部分はさておき、イチゴと下のタルトの部分はサクサクと美味しかった。ちなみにカフェなどで小さなチョコレートケーキなどを注文すると25シェケル(ファラフェル&ピタパンで10シェケル)ほどもするのが、このおっフランスのイチゴタルトは15シェケル。これが良心的かつ妥当な値段というものですな。
[PR]
by ck-photo | 2007-03-29 09:23 | 中東の食卓+α
イスラエルの歌姫 ニネット
e0009669_414523.jpg


イスラエル版『スター誕生』第一回で優勝したニネット・タイブ(1983年生まれ、若いな~!)。お父さんはニュニジア、お母さんはモロッコからのユダヤの移民で、やはりモロッコ&中東パワーが圧倒的なイスラエルでは、あーっという間に国民的トップスターにのし上がってしまいました。

昨日のイスラエルと英国のサッカー対戦でも何万人という観客の集まる
ラマット・ガンのスタジアムでイスラエルの国家「ハティクヴァ(Youtubeではこちら)」を熱唱。ニネットの透明感のある歌声がなんともグー。

2003年にデビューしてからまだ数年ですが、デビュー当時はコッロンコロンだったのが、テレビで見るたびにどんどんと輝きを増して美しくなっていくのがホント、すごいなあ~。中東美女でかなり個人的にツボなニネット、これからの飛躍が楽しみ。(それにしても、さすがモロッコ系。いわずとしれた、すんごい巨乳さんでございます。はい。)

e0009669_5293224.jpg
Youtubeで見られるニネット:
נינט טייב - אם תבוא
She knows
e0009669_5294639.jpg

e0009669_7542122.jpg
[PR]
by ck-photo | 2007-03-26 04:43 | 中東の職人技
いろいろ。
くったくたの2週間の終わり。
はーっ、疲れたよ。

エルサレムはすっかり気温が真冬から初夏へと、またしても急激な変化。
週末は暖かいそうですが、その後また急降下したりして。
もうすぐ出エジプト記にちなんだ過ぎ越しの祭り(ペサハ)がやってきます。
エルサレムでは祭りのためにみんな家の大掃除に大忙し。
(またこのあたりのことは改めて)

で、お祭りとはまったく関係ない話ですが、
寝不足でお昼寝をしていた数日前のこと。
午後2時過ぎだったかな?

ウーウーウーウーウー!!

空襲警報のようなサイレンが数分間エルサレムの空の下、
けたたましく鳴り響いて、なんやろ~?っと目が覚めた。
んー?安息日に鳴らすサイレンの故障?
救急車とパトカーがいっせいになんかやってる?
長い間昏睡のシャロン元首相が亡くなったとか?
テレビをつけ、ネットでJ-postやらハアレッツをチェックするも、何もニュースになってない。

その翌日になって知った。
空襲があったときの予行練習のようなものだったらしく、
イスラエル国中にサイレンが鳴り響いていたらしい。
北部の町などで、君はけが人、ぼくは救急隊員、それじゃ、レッツゴー、だったそう。
なんだ、戦争時の練習やったんや。
小学校の時にやった火災訓練みたいなもんやね(ちょっとちゃうか・・・)。
まあ、これも、平和だからのほほーんっとやってられるわけで。
今は至って平和な春のような気がしないでもないのですが。

仕事帰りにマハネ・イェフダ市場の地元食堂で久しぶりにえらくエルサレムチックな
チキンのミックスグリルの夕食。
いったいいつからある食堂なのか、壁には昔っからの有名人の写真がずらり。
なかなか中東らしい味のある店。
が、くったくただったのと、仕事帰りだったのでカメラは残念ながら不携帯。
ごめんよー。また次回にでも。

忙しかったので、当然写真も撮っている暇がなかった。
e0009669_549223.jpg

先月、旧市街のアラブ市場(観光客がお目当ての場所)を通り過ぎに
立ち止まらず狙いを定めないで撮った一枚なので、やっぱりピンボケ。
このアラブお土産市場にはこういった石をよく売っているのだけど、
小さくてキレイデショ?
でもね、観光客さん、ご注意くださいませよ。
ほとんどが、ニセモノデスノデ。
こういう石は人工的に色をつけてあるものがほとんどで、ネックレスでもキケン。
しかも70ドルとか、とーんっでもない値段を吹っかけてきます。
ま、払っても30シェケル(7ドルぐらい)でしょう。
旧市街のアラブ市場でおみやげ物を買うときは、ものにもよりますが、
言われた値段の5~10分の1ぐらいが妥当。
ああ、住みにくい世の中だなあ~。

って、ぼったくりは昔からどこでもあるか・・・。
[PR]
by ck-photo | 2007-03-23 05:56 | エルサレム・エルサレム
レオ君の感想はいかに?
レオナルド・デカプリオと彼の現在のガールフレンドでイスラエル出身のモデル、バール・レファエリ(Bar Refaeli)が、一緒にイスラエル訪問しているみたいですね。

e0009669_2391912.jpgエルサレムの嘆きの壁の下にあるユダヤ神殿時代の遺跡トンネルに見学に来たらしく(事前に知ってたら写真撮りに行ったのに)、あーあー、ほっといてあげればいいのに・・・。パパラッチにもみくちゃ。おかげでレオ君を守ろうとしたボディーガード2人がイスラエルのパパラッチと喧嘩騒ぎで警察に逮捕。さすがイスラエル。すぐ喧嘩になっちゃうのね。(笑

彼氏彼女とは家族ぐるみの付き合いが一般的なイスラエル。まだハタチそこそこで思いっきりイスラエリーなバールちゃんにしたら、気軽に「いいじゃん、一緒にうちに来れば!」みたいな事だったのかもしれませんが。彼女もなかなかやり手というか、イスラエルでは男女共に高校を卒業してから2~3年兵役に付くのですが、女性の場合は既婚していれば兵役は免除。他には宗教の戒律を守っている人、障害のある人、なども同じく免除。バールちゃんは兵役逃れ(おそらくね)のために兵役に呼ばれる一週間ほど前にご両親の知人と偽の結婚をしたそうな。うわさではもうその人とは離婚しているとなっていますが。まあ、モデルを続けるためにかもしれませんが、レオ君の前にもハリウッドスターやお金持ちさんやらとの浮き名も流れているようで、やはりしたたかなんでしょうかね。

まあ、そんなことはどうでもいいのですが、レオ君たちが来てから天候が一気に下り坂。天気予報では雪になるとかならんとか。せっかくのイスラエル訪問もこれじゃおもしろくないでしょうねえ。というか、パパラッチのおかげですっかりバールちゃん家に缶詰状態だとかなんだとか。茹でタコみたいなバール・パパ率いるむちゃくちゃ典型的なイスラエリーな家族とのご対面についてレオ君の感想を聞いてみたいですな。低レベルでやかましくておせっかいでサイアクと思ったのか、それとも初めてなのに家の中ではパンツ一丁でもOKだったしすっごくオープンでサイコーと思ったのか。

ちなみにイスラエルのモデルって、地元ではその辺によくいるような子をダイエットさせればこうなるよなあという感じで、それほどずば抜けてきれいとも思わないけど、アメリカなんかだとそんな彼女たちもエキゾチックに思えるのかもね。先日「ミス・イスラエル 2007年」があったのですが、めでたくミスに輝いた子も、ええ???っと、ありえないようなドレスのイナカッペちゃん。モロッコ系やミズラヒ系の人たちが好きそうな中東グラマーで染めたブロンド。他の国じゃ予選通過も難しそうな・・・。
[PR]
by ck-photo | 2007-03-15 23:01 | 混沌の文化
SmugMug、 ムッとしますな。
さて、杉やらアーモンドやらの花粉症もさることながら、
せっかくの自宅でボーっとするはずの一日。
なんだかムーッとする一日でした。

ねぎってなんぼな関西人、
ネットで使うものはできる限り「タダ」が基本だったのが
どうもそれでは必要な機能が得られないこともある。

フォトブログのほうは続けるつもりだったけど
もっちょときちんとしたものにと
米国の西海岸が拠点らしいSmugMugというのを使うことにした。

「Smugmug suck (サイアク~)」
「Smugmug no good」
「Smugmug thief (泥棒)」

とかネットで検索をかけて調べても、
とくにそれにあてはまる悪評は見つからず。
それよか、圧倒的に使いやすいという意見が多い。

二週間のお試し期間を経て、
以前使っていたFlickrから移る場合は
50%オフになるというクーポンを見つけたので
ん、まあ、よいか、と
昨日仕事に出かける前にクレジットカードで入金してサイン・アップ。

休憩時間にメールをチェック。
おや~?
SmugMugからの確認メールでは
50%オフがなんと$5オフになってる・・・。

オイオイオイッ・・・。
さっそくメールに「5ドルやのーて、50%やないのん??」と返信。
「あ、おっしゃるとおりです。すぐに50%、お返しします」
と向こうからのメール。

それなのに「なぜかクレジットカードに入金できない」と
今日になってもまだ返金されてない。
しかもなんだかしらないが写真をアップロードできず、
その件を問い合わせてあれこれ試してみるも
結局はこちらのISP(インターネットプロバイダー)に連絡しろと言う。

しょうがないので
さっそくここ数年使っているイスラエルでも大手のNetVisonに連絡。
テクニック・サービスのお兄ちゃんとあれこれやってみてもどうにもならない。
やっぱりSmugMugのサーバーに問題があるからそっちに連絡しろと言う。
しかもアップロードするスピードを500Kに上げろと言うので
かけてもかけても出ない電話局のBezeqにようやく連絡がつく。

はたと気がついた。
スピードを上げてもらったおかげで
BezeqとNetvisionの両方への支払いが
毎月40シェケル(1000円ほど)増しとなってしまった。


なんだかとっても腑に落ちない。


スピードを上げたところで、
アップロードの問題はSmugMugでしか起きてないから、
なんのことはない、やはりSmugMugのサーバーに問題ありなんじゃないかと。
しまったー・・・。素直に従うんじゃなかった~!!


今日またSmugMugに50%返金のメールを送るも返答なし。
それまでは彼らのウェブに書いてあるとおり、
一時間以内にすべて返答があり、
こういったウェブとしては対応もまずまずだった。
となると、それもこれもサインアップさせるまでの技なのかと
余計な不信感が募るばかり。

まだ返答がないので詐欺とは呼ばないし、
返答が来るまでブログに書かないでおこうと思ったが、
こういういい加減な商売の仕方にはほんと、ムッとするね。

さて、50%は返ってくるかな?
アップロードできるようになるかな?
[PR]
by ck-photo | 2007-03-14 03:26 | 混沌の文化
プリム 兵士 ヒッチハイク
月曜日のエルサレムは
旧約聖書のエステル記にちなんだプリムの祭りで、
仮装した人たちでいっぱいでした。
運悪く、わたしはテルアヴィヴの近くで仕事だったので、
今年のプリムの写真はなし。

プリムの祭りはユダヤの祭りまたは行事では珍しく
ユダヤの暦の中でもこの日だけは「酔っ払う」ことが前提。

シナゴーグではエステル記の朗読があり、
悪代官ハマンの名が読み上げられる度に
カタカタと音のなるおもちゃでブーイングを鳴らす。



テル・アヴィヴ近くでの仕事の帰り、
高速のそば、何もない荒野の真ん中のような
ツォメット・メスビムのバス停には
いろいろな方向への長距離バスが停まり、
どこからともなくたくさんの人が集まってくる。
近くには軍の基地もあり、
自宅からの通いの兵士の姿も多い。

この日はプリムとあって、
エルサレムへ出かける人も多いらしく
北部から来たエルサレム行きのバスは満員通過。
シェウルート(ミニバス)もやって来ない。
おかげで一時間も待ちぼうけを食らった。

待ちぼうけ軍団の中には
痺れを切らせてヒッチハイクを試みる人も多く、
でもイスラエル社会も変わってきたんだなあ。

昔は結構みんな停まってくれたのに、
現在はほとんど停まらない。
私も昔はよくヒッチハイクしたけれど、
今はもう危ないなあ。
しないなあ、できないなあ。

ひとり、エルサレムに向かう兵士君がヒッチを試みていた。
彼も一緒なら大丈夫かも?と、
いやいや、待てよ。
ヒッチしている兵士はアラビー(アラブの人)たちの
ターゲットになりやすい。
乗せてあげて、誘拐してどこかでお命頂戴いたします、
ってこともよく聞く話。
うかつに兵士君と同乗したがゆえに巻き込まれないとも限らない。

兵士君はご機嫌に口笛なんぞ吹いている。
その埃まみれのカーキー色の後姿を見ながら、
ん、そっか・・・・。

すっかり小麦色になった肌に
青い目のロシア移民の若者も
笑顔がまぶしいエチオピア移民の若者も、
まるで河原町あたりで
携帯でメッセージを打ちながら
バスを待っている大学生たちと変わらない。

だけど、
軍隊リュックに書かれた名前。
肩から提げた黒い重そうなマシンガン。

そう、
戦争が始まれば、
いざこざが起これば、
すぐにこの子達は
国を守るために身を守るためにこの銃を取り
ひとつ間違えばそこで命を終える。
リュックに大きく書かれた名前は
身元確認に役立つわけだ。

そんなこととは関係ないように
口笛を吹いているのも
ひょっとすれば
明日には命を終えているかもしれないことも、
どちらも現実なんだなあ。

そんなことを思っていると
ようやくエルサレム行きのバスが来た。
バスはすでに満員だったが
また次のバスまで30分ほども待つなんてまっぴら御免。
運転手横、入り口の階段に子供みたいに座る。

運転手「あれ?奥にもう空席ないの?」
わたし「ないよ」
運転手「あっそ。」

バスが高速に乗り、
ビュンビュン景色が流れる。
ひょとしたらここは特等席かも?
でもえらく事故の多いイスラエルの高速。
もしこのバスが事故ったら「ぷちっ!」
わたし、誰よりも先につぶれたトマトになるな。
どうかエルサレムまで無事に帰れますように。

プリムでエルサレムの入り口は大渋滞。
おいしいホムスで有名なアラビーのアブゴッシュの町から
普段なら10分のところを40分ノロノロ。
さすがに階段に座ったままではおしりが痛い・・・。

そうしてようやく着いたエルサレム。
バスを降りた瞬間に鼻がムズムズッ!
花粉さんよ、こんにちは。
恐るべし3月のエルサレムの空気。
[PR]
by ck-photo | 2007-03-09 02:50 | エルサレム・エルサレム
カルチャーギャップ
書きたくても書けないことばかり。

イスラエルでの仕事については
「こんなんであんなんで、おいおい、なんだそりゃ?っておもうよ」
って、書いてもいいんだろうけど、
最近メインの仕事がどんどんと日本に移ってきて、
ここで同じように
「なんだそりゃ?なんでそうなるねん?」
って書いたら
きっといろいろまずいんだろうなあ。

でも本当に「?」世界なんだなあ。
イスラエルだったら、
その自己主張なメンタリティーに合わせて
いろいろと言えるんだけど、
日本じゃちょっと言えないなあって。

それで思い出した。
25歳のころ、まだ京都にいたころ。
親友の一人で、
京都に30年ほど住んでいるフランス人Dとの会話。

とある知人の行動がとっても「?」だった。
長く住んでも日本に染まらないDに、
日本だったらほかの人が自分にいやな事をしたら、
一回目はなんとなく見過ごして、
二回目は「えーっ???」とムッとして、
三回目あたりでやっと
「ちょっと・・・これ、やめてくれない?すっごくいやなんだけど!」
と我慢の限界で口に出す。
だからまだ何も言わないほうがいいかなって。

だけどDは
「おいおいっ・・・」
って、それはちがうぞと。
一回目にその場ですぐに「NO!」と言えと。
一回目にばしっと伝えるなきゃ、
相手は同じことを繰り返すだろって。
しかも最初は許したのに
今さらって怒るだろうと。


なるほどーっと、
西と東の文化、考え方のちがいに
まだ若かった私は妙に感心した。


それから長い時間がたって、
今度は日本と仕事でかかわるようになって、
そこにとても戸惑いを感じる。
自己主張しなければ生き残れない
白か黒のイスラエルに慣れ
「Yes」とも「No」とも言い切れないような
曖昧な日本の社会システム相手に
どこでどこまで踏み込んでいいのかわからない。
でもここで言わねば、
プロジェクトがとんでもない結果になるだろうと
それも目に見えている。

そのカルチャーギャップとフレストレーション、花粉症、etc.
眠れない日々です。


ちなみに、ユダヤの世界ではプリムの祭りがやってきます。
街中には仮装した若い人がウロウロと。
時間があればアップしますね。


*コメントですが、
以前のようにこちらからのお返事はすぐには書けませんが、
コメントを書く、そしてそれを読むのを楽しみにされている方々も
たくさんいらっしゃると思うので、
ご自由にコメントを残していただけるとありがたいです。

同じようにブログをお持ちの方のところには
またこちらからも遊びに行きますので、
当分そういう形で続けていこうと思います。
[PR]
by ck-photo | 2007-03-04 03:53 | 混沌の文化