<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
一年でいちばんホームシックになる日
この国の新年は、毎年9月中旬あたりに訪れるユダヤ暦の新年。
おかげで西暦の12月31日も1月1日もまったく普通の日常。
本当につまらない。


実家では、大晦日の夜から元旦にかけて除夜の鐘が響きます。
それにあわせて御堂では父や兄、役僧さんがお経を上げ、
近所の方々が手を合わせにやってきます。
土蔵つくりの冬の御堂は寒くて寒くて・・・
じっと座っているのはまったくの苦行ですね。わははっ。

子供のころは鐘突き堂で除夜の鐘の係り。
百八つの鐘の数だけの小さなお菓子を抱え、
鐘を突いた方々にひとつずつお渡しする。

むかしは一回一回役僧さんが数えていたようですが、
それだとときどき突いた数が百八つよりも多かったり少なかったりするので、
実家ではあらかじめ百八つ分用意しておいたお菓子になったようです。
今、その係りはわたしの甥っ子がしているのでしょうか。

そしてお経の後には父から新年の挨拶があり、
高校あたりからは、今年は父は何を話すのだろうと楽しみにしていました。e0009669_6305124.jpg

そのあとに家族と役僧さん、関係者の方々と、夜中の二時ごろまで黒塗りの御膳で元旦をお祝いします。

そしてみなさんが帰った後、ほろ酔い気分の父や兄は寝てしまいますが、わたしと母は着物の上から割烹着でお膳の後片付け。それが終わればもう3時過ぎ。

それがずっとわたしのゆく年来る年でした。

子供のころは選択の余地がありませんでしたが、
大人になってからはそんな実家への帰省がいやで仕方なかった年の暮れ。
まわりの友達などはスキー旅行に行ったりコンサートに行ったり。
でもうちではそれは許してもらえなかったので、毎年うらやましいなあと。

でも、なぜか遠い中東に住むようになって、もう30代も半ばになると、この面倒くさかった実家でのお正月がとても恋しいのです。

大晦日とお正月、
一年でいちばん家族を恋しく思い
日本を恋しく思う日となりました。

影で支えてくれている父と母ももう70代に近くなりました。
幸いなことに92歳になる祖母もまだまだ元気です。
来年のお正月はできることならば、実家で家族と一緒に迎えたいな。


みなさんもよいお正月を。
来年もまたよろしくお願いいたします。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-31 06:59 | エルサレム・エルサレム
雪のエルサレム
e0009669_4413566.jpg
e0009669_4415911.jpg
e0009669_6373814.jpg

e0009669_6451426.jpg
e0009669_6571081.jpg
e0009669_6391936.jpg
e0009669_65527.jpg


いつもの景色が美しく変身した、雪のエルサレムでした。



と、情緒的なのはさておき、
現実はというと。

エルサレムの目抜き通りのヤッフォ通り(わたしのよく出没する)や、
ほとんどの通りには溝、または下水システムなるものがなく、
雨や雪が降ると通りは大洪水。
あっという間にちょっとした川になってしまいます。
しかも、乾燥している街路樹は
いきなりの気温差と水分、そして雪の重みに耐え切れず、
あちこちで幹から折れては道路を封鎖。
ちょっとした嵐の後のよう。

e0009669_7115693.jpg


旧市街は屋根があるところが多く、
壁に囲まれていることもあって
徒歩でも20分ほどの街の中心部との温度差があり、
あまり雪は積もっていませんでした。
ちょっとつまらなかった・・・・。
やっぱり旧市街に積もった雪が見たかったなあ。

3年ほど前に雪が降ったときは積雪10センチほどで、
3日間ほど街もなにもかもお休み。
子供も大人もおおはしゃぎ。
昨日も深夜2時過ぎまで
ラジオで明日学校が休校になるかまだ決まらないと。

こんな小さなイスラエルでも
北部とエルサレムに住む人以外では
雪を見たことのない人も多く、
エルサレムに雪が降ると、
テルアヴィヴ方面などから車で家族そろって見学に来る人たちの姿も。

オーソドックスユダヤの街メア・シェアリムから
旧市街の雪を見ようとそこの住人たちもカメラ片手にやってきていました。
雪の壁を背後に写真を撮りながら
イディッシュ語で「もう一枚!もう一枚!」とおおはしゃぎの彼ら。
黒い帽子には当然濡れ防止にシャワーキャップのようなビニールが・・・。
これは雨のときにもよく見かけますが・・・。

南アフリカから移住してきた友人も
この雪が初めての雪。

なんて美しいんだろう・・・・と空から舞う雪を眺めていました。


☆雪のエルサレムのスライドショーはこちら
[PR]
by ck-photo | 2006-12-29 07:00 | エルサレム・エルサレム
エルサレムに降る雪
外は雪が降っています。
このままだと今夜はエルサレムも積もるでしょう。
北部では昨日から積もってました。

数年ぶりの雪のエルサレム。
楽しみだな~。
10センチでも積もれば明日は学校も会社も商店もお休み。
カメハメハな歌のような街です。

いい写真が撮れたらアップしますね。
e0009669_22404594.jpg
e0009669_22411213.jpg

[PR]
by ck-photo | 2006-12-27 22:13 | エルサレム・エルサレム
イスラエルの花
毎年クリスマスイヴとクリスマスは空模様が大荒れに荒れるエルサレム&ベツレヘムですが、今年はなぜかよいお天気でした。と思ったら、今日になって荒れましたねえ。今年はカミサマは一日間違えましたかな。かなりべたべたじめじめ寒いです。

最近ちょっと暗めの写真が多くていけませんが、「花」について。
e0009669_4364078.jpg


イスラエルの花は以外と美しく、ヨーロッパに輸出しているものもあるそうです。が、がっくりなことがひとつ。輸出しているのはどうかしらないけれど、エルサレムの花屋の店先でそれらの美しい花をくん~くん~しても、ぜんっぜん、匂いがない。子供のころから大好きなフリージアはあの香りがあってこそだと思うし、バラだってやっぱりあの香りがないとつまらない。はじめのころはこちらの鼻が悪いのかと思いましたが、いやいやそうではなくて。しかも、バラだったら花瓶にさして一ヶ月ほども開かず枯れず・・・。いったいこれは造花なんでしょうか?と。11月の半ばに買った写真のこのバラも、この状態で一ヶ月ほどもちました・・・。その代わり、感想の激しい夏場は3日ほどで花瓶に入ったままパリパリパリっとドライフラワーになってます・・・。どないやねん・・・。

e0009669_4375676.jpg


香りある本物の花に触れたいなあ。

ちなみに、シクラメンはこのあたりでは高価な観賞植物ではなく、まったくの野生ですな。もちろん花屋にも並びますが。うちの近所の公園では、2月ごろからあっちこっちの岩の割れ目に咲きます。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-27 04:53 | エルサレム・エルサレム
フツパ事件簿@アメリカン・コロニー・ホテル
先日のこと。1900年代のはじめ創業、エルサレムでも歴史ある「American Colony Hotel(アメリカンコロニーホテル)」へ友人とお茶に行ったときのこと。

e0009669_2571683.jpg

このホテルは古くから世界中のジャーナリストたちの贔屓宿というものの、かなり辺鄙なところにあり、歩く気分ではなかったので、ぴっかぴかのベンツで運ちゃんはアラブ男のタクシーに乗った。どうやら彼はわたしたちを観光客またはショートステイの外国人にわか住人だと思って、ホテルまでの道のりをぐーるぐーると余計な回り道をし始めた。

友人(男性)が助手席に座り、わたしは後部席。この友人は欧州からエルサレムに移住してきて7年ほどで、でもあまりイスラエルのフツパ(受けいれがたい悪態、無礼)気質になじまず、いまだに欧州の礼儀正しき男性。タクシーも自動的にメーターをかけてくれているものと思ってしまうらしい。

後部席に座っていたので、はたしてメーターが回っているのかよくわからず、まあいいわ・・・と思いながら、ホテルに到着。さて、降りようとすると、アラブ運ちゃんが「じゃ、45シェケル」と、ふつうなら25シェケルあたりのところを、なんともフツパなことを言い始めた。欧州紳士の友人はびっくらこいて、「そんな話は聞いていない、メーターはどうした?」とまっとうな返答。アラブ運ちゃんはここぞとばかり、「乗ったときにヘブライ語でホテルまでは45シェケルだよ、と言っただろうが!」と怒鳴り声。

聞いてないなあ・・・そんなこと。と思うも、男社会に生きるアラブ人相手の場合は女性は黙っていたほうがいい。友人とアラブ運ちゃんの水掛け論がヒートしはじめて、当然45シェケルも払うつもりもないわたしと友人は、「そいじゃ、払わないから」と一言残し、ホテルのロビーへと。

「こいつら払わねえって言いやがるんだ!X&%*$(#)@_!)*&$$#!!! (放送禁止用語の羅列)」

と、ロビーまでアラブ語の汚い言葉で罵声を飛ばしながら追っかけてくる運ちゃん。アラブ語はわからなくとも、そういう言葉は自然と理解できる。ロビーのフロント係りがすばやく警備員を呼ぶと、さらはアラブ運ちゃんは「警察を呼べ!警察だ警察!」と野太い声で叫ぶので、そこでこっそり友人に耳打ち。

「うん、警察呼べって方向に持ってったほうがいいよ。メーターなしでの営業は法律で禁止されてるから、捕まるのはあっち。」

それを聞いて、ふふんっと勝ち誇る友人。

「オー、それじゃ、呼んでもらおうじゃないか。だって、おまえ、それって違法だろ?」
「な、な、なんだと!汚いユダヤ人め!すべてのユダヤ人はお前のようなやつばかりだ!」
「オー、すべてのアラブ人はお前みたいなずるいやつばかりか?」

と、こんなちょっとした言い合いでも、宗教や民族が入り込む。で、だんだんと無駄に疲れてきたので、運ちゃんには「ほなサイナラ」と、ホテルのカフェに向かう。そうなればこちらはホテルのお客、でも運ちゃんは警備員が止めるのでさすがにそこまでは入ってこられない。

それからしばらくすると、カフェに警備員が申し訳なさそうにやってきて、他のタクシーの運転手に問い合わせたら、わたしたちの乗った距離だと25シェケルが妥当だとのことなので、申し訳ないがそれだけはこのアラブ運ちゃんに払ってもらえないかと。それならいいですよと、25シェケルを運転手にと警備員に渡して、一件落着。

と、いつものエルサレムの光景ながら、なんて疲れる日常なんだろうか。でもこのホテルは同じアラブ人経営といえども、まさにそんなエルサレムのオアシス。石造りの小さなアラブのお城のようでちょっと息抜きに最適。とはいうものの、そこにたどり着くまでがしんどすぎか・・・。

e0009669_257385.jpg

[PR]
by ck-photo | 2006-12-26 03:05 | エルサレム・エルサレム
Jerusalemの夜
美しいのかクモの巣なのかよくわからないエルサレムの目抜き通り、ヤッフォ通りのライトアップ。クリスマスがやってこない街だけど、こうすると雰囲気だけでも冬らしい。去年まではほんのちょっとだけのライトアップ、今年はがんばってるなー。
e0009669_19115619.jpg


e0009669_1912167.jpg一年中この角に住んでいるおじさん。通り過ぎる若者。

右端の壁についているゴミ箱のプジョーのマークみたいなのは、エルサレム市のエンブレム。


e0009669_1914970.jpg

こうしてみると雪のようできれいだなあ。(でも道路の真ん中に立つのは禁止ね。笑)
[PR]
by ck-photo | 2006-12-20 19:24 | エルサレム・エルサレム
ハヌカの街角 その①
e0009669_2162281.jpg

エルサレムのヤッフォ通りにある大きなお菓子屋さん&レストランのスフガニヤ売り場。
やっぱり何度見ても今年のスフガニヤは疲れてる。
なんだか今ひとつおいしそうじゃないなあ。

ひげものおにいさんもどれにしようかな~と真剣な後姿。
e0009669_2165267.jpg

エルサレムのお菓子屋さんやファラフェル(ひよこ豆の揚げ団子)の店など、こういうふうにセルフサービスというか、自分で好きなものを袋に詰められる店が多い。というのも、何事にも首を突っ込まなくては気のすまない国民性、自分の手で自分の選んだものを自分の持つ袋に入れたい。こんなちょっとしたことでもよーッく国民性が出てるなあと。個人的にはこれはちょっとNGかも。激甘シロップがかかっていたりするので、べたべたなところにお客の出入りでかなり埃もくっつくだろうし、しかも、マナーがないエルサレム。手でつかんだあとで気に入らなかったらしく、また戻す人も。おーい、汚いやんか。だからおなか壊すんやな。


e0009669_2173319.jpg

こちらはアップルピツァというアメリカ移民&留学生ご用達、エルサレムのリトルアメリカな店のハヌキヤ。ピツァは1スライスで10シェケル。高いなあ。

下は近所のイタリアンレストランのハヌキヤ。この窓だけ見るとNYのどこかの店の窓のような。写真左端のヘブライ語で書かれたものはカシェル認定証。カシェルを守っている人たちが入店前にどこの認定証なのかわかるように、レストランの入り口などにこうやって認定証が張られている。
e0009669_2182100.jpg

ヘブライ文字の書かれたハヌカの駒。
e0009669_2182394.jpg



で、日没にあわせて毎日ハヌキヤに火を灯すのですが、エルサレムの繁華街のど真ん中でも
大きなハヌキヤが出現。
e0009669_2184950.jpg

ハバッド派とよばれるひげもじゃ軍団(正統派ユダヤ)が主催で派手派手なユダヤ宗教ポップミュージックにあわせて毎晩点火。ハヌカ三日目の昨夜も消防車のクレーンに乗ってがんばっておりました。火を灯した後には、スフガニヤが配られ、いらなかったんだけど思わず手が・・・。ということで、またひとつ食べちゃいました。いったいハヌカが終わるまでスフガニヤを何個食べるのでしょうか・・・。

それにしても今週はかなり冷え込むエルサレムです。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-18 21:25 | 中東の食卓+α
こらぼ さらくだ 久々の更新
テヘラン大学に勤められているサラさんとのイスラーム&ユダヤブログ「こらぼ さらくだ」ですが、久しぶりにちょろり更新しました。

エルサレムの旧市街のまわりをぐるりと囲む城壁にはいくつかの門があります。そのひとつは黄金門と呼ばれ、ユダヤの教えではメシア(救世主)はオリーブ山のほうからこの門を通ってやってくるとされています。しかし、それを防ぎたいムスリムはその門の前に墓地を作り、門をふさいでしまいました。

ブロックされた黄金門、とムスリム墓地

その黄金門の写真などアップしてあります。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-18 17:44 | ユダヤ雑学
ハヌカがやってきた!
二日前の安息日(金曜の日没)からハヌカの祭りがはじまりました。ユダヤ暦ではたいてい12月の半ばごろにあたるので、少しは年末の行事らしいというか、街も少し華やいでワクワクするお祭り。

ハヌカの8日間の間、毎日、日没にあわせて玄関先や通りに面した窓におかれたハヌキヤとよばれるオリーブオイルのランプに火を灯していきます。各家庭ではお父さんが火を灯し、こどもたちがそばで歌を歌ったり、スフガニヤとよばれる穴の開いていないドーナツを食べます。このスフガニヤ、中には赤いジャムやキャラメルクリームが入っていますが、赤いジャムは決してイチゴジャムとはいえず、むちゃくちゃ子供だましのジャムです。が、ふつうのイチゴジャムよりもこのインチキ臭さがなんともハヌカで、けっこう好きだったりします。今年お店に出ているスフガニヤがあまりおいしくないというか、パサパサしてました。(←もう食べちゃった)


(写真は去年の使いまわしでごめん)

さてハヌカですが、もともとは紀元前2世紀のマカビヤ(ユダヤの一派)と、エルサレムを占領したギリシャの戦いにあります。ギリシャ軍はユダヤの人々をギリシャ化しようとしユダヤの行事などを禁止し、エルサレムのユダヤ神殿を奪いましたが、そこにエルサレム奪回へと戦いを挑んだのがマカビヤでした。そして、まったく勝ち目のなさそうだった彼らが奇跡的に勝利し、神殿を取り戻します。そして神殿を清め、オリーブ油で火を灯そうとしましたが、そこにはたったの一日分のオリーブ油しか残っていませんでした。新しいオリーブ油が届くまでにはまだ8日も待たねばならず、しかしその一日分のオリーブ油は奇跡的に次の8日間灯り続けたということです。

このことからハヌカでは8日間、家の前や通りに面した窓にハヌキヤをおき、人々が神が起こす奇跡を忘れないようにと、ランプの火を灯します。そして油にちなんだ食べ物を食べます。代表的な食べ物には、じゃがいものおやきのようなポテトラトケス、スフガニヤなどなど。子供たちはハヌカのお小遣いをもらったり、ヘブライ文字の書かれたコマをまわして遊びます。

ハヌカの間の日没後、家々の玄関口に灯る火が美しいエルサレムの街角です。今週中にいちど、写真を撮ってきます。お楽しみに。


ちなみにこのスフガニヤ、この同じドーナツをベルリンではベルリーナと呼びますが、アメリカのケネディー大統領が1963年にベルリンを訪れたときのスピーチはあまりにも有名。ドイツ語で「わたしはベルリン市民だ」というところ、文法を間違えて「わたしはベルリーナ(ドーナツ)だ」と、ドーナツ宣言してしまいましたね。そんなにこれが食べたかったのでしょうか。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-17 19:49 | ユダヤの暦
ずっこけ版、ロスト・ラゲッジ
さて、お知らせです。

2006年の今年は、人生を本当の意味で出発してから10年目にあたりました。まだ京都の真如堂のそばに住んでいた1996年、生と死、人生、自己について、すべてを白紙に戻してはじめなくてはならない重要な年でした。インド仏教のヴィパサナとよばれる、見ざる聞かざる言わざる、読まず書かず、ただひたすら自己と向き合っての瞑想を二週間、誰とも一言も話さずに山に篭って行ったのもその年の11月の終わり。それからの10年への区切りということもあり、これまでのエルサレムでの人生とこれからどこに行くのか。いろいろな意味で大きな節目の年だったように思っています。

e0009669_23471834.jpgそして流れ流れて漂着したエルサレムで、葉っぱの坑夫のプロデューサーの大黒和恵さんに背中を押していただき書き始めた「ロスト・ラゲッジ」。今回、それをなんとか12月8日に出版するに至りました。イスラエルにかかわった17年、ホロコースト、そしてインティファーダのエルサレムの日々から逃亡したNYのユダヤの街ボーロパークでの出会いと日常。そしてユニバーサルな問題になりつつあるアイデンティティーについてなども交えながら、ショートエッセイ風にとりとめなく綴ってあります。

「ロスト・ラゲッジ   エルサレムのかたすみで」
著:大桑千花

定価:1,575 円(税込)
出版社:而立書房
JAN/ISBNコード:4880593362

全国の書店、また、インターネットではAmazonその他のウェブでも購入できます。

と、まじめな話は置いといて、で、ずっこけたそのワケとは。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-13 00:11 | おしらせ