<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
パズル
とりあえずブログ休み中ですが、忘れないように雑感メモ。

ソフトウェアなどのローカライゼーションという仕事柄、何人かの翻訳者たちが集まって、その日限りの即席チームとなることが多い。ここ数日はイスラエル北部の町Or Akivaの企業での仕事だった。このオファーがあった時は「遠いから」と断ったのだけど、マネージャーが「今回のはゼロックス関係だから、どうしてもCKちゃんにやってほしい」と、エルサレム近くに住むスペイン語の翻訳者の方をチームに加え、往復4時間の行き帰りをその方の車に乗せてもらえるというセッティングをしてくれた。自分でバスと電車を乗り継げば往復に5時間はきっちりかかるところ、本当にありがたい。

その日の朝、さっそくそのスペイン語翻訳者が自宅の前まで迎えにいらしてくれた。「おはよう!僕はヨセフ」「おはよう!私、CK」と笑顔で挨拶をして車に乗った。50代半ばの男性。お髭は真っ白で、頭には黒いキパが乗っている。Or Akivaまでの道中2時間、何気ない話をしてゆくうちに、どうも私はこの方に会ったことがあるような気がしてならなかった。しかしどこで、いつ、なのかがわからない。ひょっとしたら気のせいかもしれない。そして顔見知りのフランス語翻訳者も加えての忙しい一日が終わって、帰宅。疲れた~。

その晩、記憶を手繰ってみた。どこでヨセフとの接点があるのか、どうしても気になって記憶のパズル。どうも思い出せないので、ネットを使って彼の翻訳した書籍などを調べてゆくうちに、彼のバックグラウンドに行き当たり、記憶のパズルはここで過去と現在を結びついた。2001年の初め、私は彼の住む入植地を訪れていた。知人がそこに引越しをして、その祝いのパーティに行った。おそらくそこでヨセフと会っている気がした。

次の日の朝、2時間の車中でそのことをヨセフに話すと、さらには10年以上も前にアラブ人たちに殺されたお互いの共通の知人がいることがわかり、彼の顔がパーっと明るくなった。そんな偶然ってあるだろうか?と。実は私の親友I君の母とその亡くなった方の母が幼馴染で無二の親友だというところまで話は彫り下がっていった。

それから話は今日の総選挙のことになり、かつてはレバノンで負傷し、その後もテロなどによって友人を亡くしたヨセフは、投票には行かないという。政治や政治家、裁判などのシステム、もはやそれら一切を信じはしないと。大衆の大多数は考えることをせず、そんな大衆の選択する政治家にも政治にも意味も興味もないと。

車は時速100キロで高速をハデラ方面にむけて走ってゆく。道の両側にはかれこれ30分ほどばかりも目を見張るような大きな裕福そうなアラブの街が続き、モスクや塔があちこちに佇んでいる。テロリズムの中心となっている大きなアラブの街も通り過ぎる。その街の半分はパレスチナ側に、そして残りはイスラエル側に。しかしそのテロリズムの潜んでいる街とイスラエル側との間に分離壁はなく、なぜこんなところにと思うようなところに短くその壁は存在していた。

色々な思いが頭の中を駆け巡る。この国、そしてここに住む人たち、過去と現在、そして未来。私。

今回の選挙が、どれほどの意味をこの国と人々にもたらすのだろうか。一つ一つのパズルの断片が埋まってゆく。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-28 20:48 | 戦争と平和
春だから。旅に出かけてきます。
e0009669_6155732.jpg


しばらくこちらのブログはお休みします。
5月に旅から戻ったらね。また再開します。

旅先で時間があれば、あちらのブログでお会いしましょっ。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-27 22:20 | 何気ない日々
焼きたてのパンのぬくもり
e0009669_2134218.jpg


昨日の夜、シギーから電話があった。

「10時半にツィオン広場で待ってて!」

夜の10時半、言われるがままにツィオン広場に行くと
安息日前の夜とあって賑やかだった。
なんや、木屋町みたいやなあ、なんて見ていると、
向こうからシギーがうれしそうに駆け寄ってきた。

「シギー!」
「CK~!」

「で、シギー、頭痛、治ったん?」
「うん、痛み止め飲んだし」
「よかったね。で、どうしたん?」

「お誕生日おめでとう!パン焼いたよ、プレゼント!」

その日の午後、スピーチ・セラピストのシギーは頭痛がして、
クリニックを早退してきた。
それからわざわざ痛み止めを飲んで、パンを焼いてくれた。
この前、彼女の作るパンを食べたいなあって話したから。

ありがとう。
これからも友でいてね。

それからカフェで二時間ほどおしゃべりをしてから帰宅すると、
NYのI君から電話があった。

「オタンジョビ、オメデト~♪

Happy birthday to you♪
Happy birthday to you♪
Happy birthday dear CK~♪

Mazal Tov!120才までね!」

「ありがと~!」

「それで、CK、今年一年の目標は何?」
「はいっ?」
「誕生日でしょ?目標考えてないの?」

考えてなかった・・・。
わかりましたですよ、考えますよ。目標。
このところ、あんまり考えることしてなかったからなあ・・・。

ありがとう、I君。
これからも友でありますように。

またひとつ、年を重ねることになりました。

e0009669_21204433.jpg

おまけのなすびはこちら
[PR]
by ck-photo | 2006-03-24 21:24 | 中東の食卓+α
歯を磨いたら 飲んじゃダメなんだってば
久しぶりに気持ちの悪いことをした。


朝方まで仕事をしてから寝て、昼ごろに起きて歯を磨いた。

ワタシの歯磨きは長い。

ボケボケに寝ぼけた自分の顔を
バス・ルームの鏡で眺めながら歯を磨く趣味はないので
コンピュータに向かってメールなどのチェックをしながら
ガシガシガシガシ。

5分ほど、あ、気がつけば10分ほども
ガシガシガシガシ・・・シャワシャワシャワシャワ。

いい加減、口の中が唾液でいっぱいになったから
口をゆすごうと立ち上がってバス・ルームに行った。


あれ?
なんかバス・ルームに差し込む太陽の日差しと
シャワー・カーテンの加減がよくないなあ・・・。


っと、歯ブラシを唾液でいっぱいの口に突っ込んだまま
ちょっと何気に上のほうの窓を見上げた。
バカなことをしてしまった。


っくん・・・・・。


ゲホッ!

ゲホゲホゲホッ・・・・。


あわてて、できる限り吐き出した。
顔が真っ赤になって
涙が出た。

喉が~
器官が~
胸焼けが~

胃がムカムカする。
気分がすこぶる悪い。


ひょっとしたらこういう時のために
ユダヤの人たちには
カシェル印付きの歯磨き粉があるのだろうか
ワタシのようにうっかりバカみたいに飲んでしまってもいいような
カシェル印付きの歯磨き粉


なんてアホなことを考えた。


ちなみにカシェル印付きのトイレットペーパーもあるんだよね・・・。


考えないでおこう。



P.S.今日のエルサレム、20℃なり。暖かいね。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-23 21:46 | 混沌の文化
ユダヤの食卓・プリムのパーティ
先週のプリムの祭りの晩に、エルサレムのジャーマン・コロニー(ドイツ人居住地)と呼ばれる地区に住む、家族同然(ワタシ、ほぼ養女状態)のお付き合いのご夫婦のお宅へ行ってきました。エルサレムには旧市街のほか、それぞれの区にそれぞれの歴史あり。ジャーマン・コロニーもまた古い地区。ワタシの自宅から歩いて35分ほどかな。

プリムのお祭りとあって、今年のこのお宅の仮装テーマはハワイアン!60代後半のこのご夫婦は、二人そろって数ヶ国語を話す言語学者なのですが、ドアを開けると、「プリム・サメアハ~♪ アッロハ~♪」と、花の首飾りにパナマ帽、アロハシャツと思いっきりおちゃめにハワイア~ン♪

(残念ながら ↓ こちらに載せた写真はすべてボケております。みんなで食卓についている時に一人だけパシャパシャ写真を撮るってのも失礼だから、遠慮して撮ったのがそのまま現れてます。あは~。そんなもんですワ。)

e0009669_11115220.jpg

食事の前のテーブルセット。プリムらしく華やかに。手前のグラスの後ろにちょっとだけ写っている赤いお皿は、ワタシが作って行った巻き寿司。集まったのはこのお宅の息子さん一家と他に3家族。子供は5人+1人。にぎやか、にぎやか♪


e0009669_11132036.jpg

このお宅のおいしいお料理の数々。オーブンで焼いた香ばしいチキン♪クランベリー・ソース、にんじんのサラダ、クランベリーとパイナップルの入ったグリーンサラダなどなど、しっかりゼンブ食べたよ♪


e0009669_11142033.jpg

奥さんがルーマニアからの移住者なので、ルーマニアの国民的料理ママリガも。イタリアではポレンタと呼ばれるママリガ、とうもろこしの粉をスープで炊いたん。クスクスみたいな感じで大好き♪


e0009669_11152034.jpg

そして、アシュケナジー系のユダヤの食卓には欠かせないクーグル。クーグルにはポテトで作ったクーグルと、ヨルシャルミ・クーグル(エルサレムのクーグルという意味)と呼ばれるヌードルのクーグルがありますが、ヌードルは焼きそばみたいな麺のものと、ラザニアのような平べったいものの二種類。このお宅ではいつもヌードルのクーグルで、お味は甘しょっぱい。日本人にはどことなく馴染みのある味、薄めの照り焼きソースみたいな。ポテト・クーグルのほうがワタシは好きだな~。柔らかいハッシュド・ポテトのような感じ。って、わかりにくいか・・・。


やっぱりたくさんの人、家族、が集まって食べる食事はおいしいね。
感謝感謝。

e0009669_1155374.jpg



[PR]
by ck-photo | 2006-03-23 11:42 | 中東の食卓+α
To Me You Are So Beautiful バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン

.... בײ מיר ביסטו שײן ,ביי מיר האסטו חן

e0009669_11581366.jpg


「私が知り合ったすべての男友だち 
それもたくさん男友だちはいるけれど
あなたにはじめて会うまで私は孤独だった
あなたが現れたとき私の心は軽やかになって
いつもの世界がまるで新しくなったかのように見えたのよ

あなたは本当にすばらしいって認めざるを得ないわ
あなたにはあなたにふさわしい言葉しか似合わないわ
だからあなたのすばらしさを説明できないかしらって 
頭をひねって考えてみたの

バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン どうか説明させて
バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン あなたがすてきだって
バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン もういちど説明するわ
この世でかけがえないのはあなただってこと

ベーラ!ベーラ!って言ってもいいし
ヴンダバーって言ってもいいわ
どんな言葉だってかまわない 
あなたがどれほどすばらしいかって伝えたいだけ

とにかく説明したかったの
バイ・ミア・ビスト・ドゥ-・シェーンってこと
だから私にキスをして
そしてわかったって言ってよ!

バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン もう聞き飽きたかしら
だけど説明させて
バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン あなたがすてきだって
バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン 古ぼけた歌い文句かしら
だけどもういちど言わせて
私にふりむいてほしいって

ベーラ!ベーラ!って言ってもいいし
ヴンダバーって言ってもいいわ
どんな言葉だってかまわない 
あなたがどれほどすばらしいかって伝えたいだけ

とにかく説明したかったの
バイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーンってこと
だから私にキスをして
そしてわかったって言ってよ!

(日本語訳:CK-Photo)


Of all the boys I've known, and I've known some
Until I first met you I was lonesome
And when you came in sight, dear, my heart grew light
And this old world seemed new to me

You're really swell, I have to admit, you
Deserve expressions that really fit you
And so I've wracked my brain, hoping to explain
All the things that you do to me

Bei mir bist du schon, please let me explain
Bei mir bist du schon, means you're grand
Bei mir bist du schon, again I'll explain
It means you're the fairest in the land

I could say bella, bella, even say wunderbar
Each language only helps me tell you how grand you are
I've tried to explain, bei mir bist du schon
So kiss me, and say you understand

Bei mir bist du schon
You've heard it all before, but let me try to explain
Bei mir bist du schon means that you're grand
Bei mir bist du schon
Is such an old refrain, and yet I should explain
It means I am begging for your hand

I could say bella, bella, even say wunderbar
Each language only helps me tell you how grand you are
I've tried to explain, bei mir bist du schon
So kiss me, and say that you will understand」



1933年に書かれた古いイディッシュ語の歌

ユダヤの姉妹バリー・シスターズ(The Barry Sisters)がイディッシュ語で歌い
のちに英語に訳されてアンドリュー・シスターズ(The Andrew Sisters)で大ヒット
ベニー・グッドマンにも演奏されて古典ジャズにもなった
1993年の映画「Swing Kids」のラスト・シーンでも挿入されていたんだって


わたしのこころに響くそんなイディッシュ語の歌、日本語に訳してみました
イディッシュ語の歌詞も載せたかったのでインターネットで探してみたけど
見つからなかったのがちょっと悲しい


どんなメロディーか聴いてみたい?
この2つを聴き比べてみるとおもしろいよ


■バリー・シスターズ(The Barry Sisters)のちょっと悲しげなユダヤのメロディーで、
イディッシュ語のバイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン:ダウンロードはこちら

■アンドリュー・シスターズ(The Andrew Sisters)のスィング・ジャズっぽいアレンジで、英語のバイ・ミル・ビスト・ドゥ-・シェーン:ダウンロードはこちら

(上記の下線部をクリックした後に表示されるページのグリーン色の「Download Now」をクリックしてください。ダウンロードはこれからの一週間の限定。)
[PR]
by ck-photo | 2006-03-22 03:06 | 混沌の文化
↑と→の関係
さてと、たまにはまじめな話でもしてみようかな。

先日、「とりあえず伝達事項のみ」と、珍しく実家の父からの短いメールが来た。心臓の手術を終えてまたすぐに仕事に取り掛かっているとのことで、マルティン・ブーバーの古典「我と汝」に惹かれるとのこと。

「しかし、ブーバーの思想はユダヤではなく、でもキリスト教ではない。宗教の根源にかかわる思想であろう。ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論もおもしろい。現在のユダヤ人はこういった思想を忘れているのではないでしょうか」

「いいえ、お父さん、ブーバーの思想の元々はハシディズムですから、ユダヤ思想が彼の思想の元ではないですか?なので彼の思想が宗教の根源であってもおかしくはないでしょうね。宗教の根源や暴力批判論を忘れているのがユダヤでしょうか?そうは思いませんよ」

そう返信したら、それきり返事が来なかった。あらら、またやってしまったか・・・。どうも父は難しい年頃のようで、母に言わせると、ちょっとした私の言葉にがつーんっと傷つくようだ。父に対する愛情が欠けているわけではないのにね。

ユダヤの正統派神学や哲学ではブーバーは取立てて注目されてもいないので、「我と汝」はきちんと目を通していない。信仰について書かれていることぐらいは知っている程度。私は寺という場所に生まれた瞬間から宗教の環境で育ち、宗教がいつもそこにあった。それでも宗教って、信仰ってなんなのかなあと問い詰めれば、これといった明確な答えを見出せていないように思うし、ひょっとしたら一生かかって見つけられるか見つけられないかの課題のような気もする。信仰ってなんだろうかなあ。

その信じるものが神であれ仏であれ、いかなる時にでも人を正しく導いてくれるものが宗教なんじゃないかなあと漠然と思ったりする。疲れて力尽きそうな時に、道に迷いそうな時に、絶えられないような悲しみの時に、天にものばるようにうれしく輝いた時に、いつでもそばにいてくれるそんな存在なんじゃないかなあとも。信仰という、何かを信じるということは人を強くするんじゃないかなあ。信じるということによって、また立ち上がってゆけるんじゃないかなあ。そして神↑と↓自己、それを通して自己←→他者とへ、←↑→、人と人をつなぐものではないかとも。先日NYに戻ったI君の言葉、「自分のためだけではなく友のために祈る」のように。神↑↓自己の間に信頼と愛が生まれ、自己←→他者の間にも信頼と愛が生まれる。

なんてことがブーバーの本に書かれているかどうかは知らないけれど、父がおもしろいというのなら、一度「我と汝」をきちんと読んでみようか。お父さん、話はそれからですね・・・って、父がこのブログを読んでるはずもないですが。私と父、まずは、父↑↓娘の関係もさることながら、汝と我、父←→娘の関係にもう少し力を入れたほうがいいかもね。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-20 22:22 | 日曜の哲学カフェ
テヘランとエルサレムの魚と水 ~こらぼ さらくだ
テヘランのサラさんとのコラボ・ブログ「こらぼ さらくだ」の文化日記のほうに、テヘランとエルサレムのお魚事情をアップしました。コメントも待ってます~。

テヘランとエルサレムの魚と水からどうぞ。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-20 02:14 | 中東の食卓+α
やっぱり納豆が好きっ!
というわけで、ワタクシ、関西人ながら、やっぱり納豆が大好きっ!
子供の頃は「うへ~・・・なんやこれ~???」だったのが、
ある時大人になったら「おいしいやんか~!」

エルサレムでもアジア食品はそこそこ手に入ります。マハネ・イェフダ市場のそばにアジア食品点が一軒ありまして、マルコメ味噌もヤマサのおしょうゆも、お海苔も売ってます。涙ちょちょ切れね。でもやっぱりマイノリティーな納豆は置いてない。

「おかん、納豆送ってけろ?」
「はいよっ、待っときや~」

一週間半後、朝っぱらからドンドンと自宅の玄関のドアを叩く音。
来た来た来た~!!実家からの小包が~!

パンパカパ~ン。

輝かしき納豆様のご到着の瞬間でございます。

いや~、海を越え、空を飛んで、納豆様、よくぞここまで辿り着きましたなあ。
夏に送ってもらったらすごいことになりそうだけど、冬場は気温的にもOKみたい。
お米を炊いて、納豆様をコネコネコネ。手巻きにしちゃいました。
こうしてエルサレムで食べる納豆もまた格別なりよ。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-19 06:39 | 中東の食卓+α
旧ブログ
突然ですが、旧ブログの公開を断念します。
理由はお察しの通りです。
[PR]
by ck-photo | 2006-03-19 01:44 | おしらせ