<   2006年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧
問題はチーズケーキ

ユダヤの食事ではカシェルという規定がありますが、このカシェル規定にはどの食品を口にしてもよいか、屠殺方法、食品の分別、たとえばすべての食品は肉製品、乳製品、卵や魚などそのどちらでもない中立的な食品の3つに分かれるといったことなどがあります。

食品カシェル規定では、肉製品と乳製品を一緒に調理すること、食べることは禁止され、マクドナルドでもチーズバーガーはメニューには見当たりません。また肉製品を食べた後3~7時間は乳製品を取らないことになっています。なので、ステーキのあとのコーヒーには豆乳などでできた代替ミルクが出てきますし、乳製品を使わずに卵白などを用いたなんちゃってクリームでのアイスクリームやケーキがよく食べられます。おいしい?うーん、いろいろ。イスラエルのデザート、本物のクリームやチーズを使っていても、正直言ってあまりおいしいと思ったことってないかも。

おいしくないデザート、その代表がこれ、ベイクド・チーズケーキ。完敗、失望です。写真がその張本人様。見た目はおいしそうでしょ?はははっ、また騙されちゃいました。
e0009669_4262953.jpg

なんていうの、あの歯ごたえが。って、チーズケーキに歯ごたえというところですでに何かが間違っているような気がするのですが、その歯ごたえがまるで「発泡スチロール」。白いチーズケーキを噛むとこう、キシッキシッと発砲スチロースの音が聞こえてきそうな感覚。エルサレムのあの店のもこの店のもどの店のも、そうなのですワ。ちなみにレア・チーズケーキ、ベイクドよりも食べれますが、なんというか・・・むっちゃ甘い!チーズ味の滑らかなお砂糖、でしょうか。

あえてつけたすと、牛乳もひたすら不味い。なんていうのかなあ、水で薄めたシリコンのような牛乳。私、水と牛乳の組み合わせはダメなのですよ。なぜか薄い牛乳って、ダメ・・・。しかも、ビニール袋に入っているから、いかにも「乳」という感じでイヤナノヨ。普通にパックに入ったのも最近よく見かけるようになりましたけどね。


e0009669_4275443.jpg


で、こちら。いわゆるシュークリーム。ですが、中のクリームも乳製品ではなく、代替クリームで作ってあるので、滑らかなはずのクリームは、ぼてっ、モロモロっ。見た目はおいしそ~、でも味はまあまあ。どうもこの土地柄、クリ~ミ~でマイルドという観念が全般にないようです。

一言、「ああ、おいしいチーズケーキとシュ~クリ~ムが食べたいっ!!」
[PR]
by ck-photo | 2006-02-27 04:33 | 中東の食卓+α
うれしい一週間のはじまり
さて、新しい一週間がはじまったばかりのエルサレム。昨日の休みは友達とご飯を食べたり、お昼寝をしたりしてすごしました。お昼寝から目が覚めると、がーん、夜の9時。こんなに長ければ、お昼寝とは言わないですね。はははっ。

休みの日はコンピュータから離れているので、さっそく目が覚めてからブログを見てみると、おおっ~。うれしいお知らせが。

以前ブログを書かれていたとあるお方。惜しくも心無い言葉の銃弾に倒れて重傷を負われたにもかかわらず、イギリスでがんばり続けるお嬢サマ、ななやんさんが再出発!う~ん、おめでとう!待ってたよ!まあ、本当に色々とありました。お互い心に傷を負い、まだそれも完全に癒えたわけではなけれど、それをバネにして、いい勉強をしたと思ってがんばろう!結果、すてきな人々の心に触れることができ、得たことのほうが多い出来事でしたしね。これでいいのだ~。


そして、もうひとつ、かなり個人的なうれしいこと。5年来の親友がいます。おそらく、どんなことがあっても友人でいてくれるであろう、友です。彼はNYに住んでいるので、実際に会うのは2年半ぶりです。彼のいとこが3月のはじめに結婚することになり、エルサレムで家庭を築いてゆくことになりました。それもおめでたい!そのいとこの結婚式のために、私の友人がNYからやって来ます。彼は迷路的な思考回路なので、なかなか腰が重い。結婚式も出席しようかどうしようかと迷っていたので、「カバンひとつで飛行機に乗っちゃえばその後はどうにでもなるって!」と、彼の背中を押しました。

で、ですね~、月曜日の夜中、つまり火曜日の早朝にその友人がNYからエルサレムに到着します!久しぶりの再会、うれしいではあ~りませんか。で、2週間ほどのエルサレム滞在、どこに泊まるのかと聞いたらですね、「知らないよ~」っと。ええ、「後は何とかなる」と言ったような気が、ええ、言いましたよね?ええ、言いましたとも、確かに。

それじゃあ、二週間、うちに泊まるの?!!!!

って、それはありえないのですが、まあ、最初の晩は泊まってもらいましょう。私も少し休みを取ってイスラエルの国内を小旅行したいところですし、一緒に回れるといいなあ。ということで、波乱万丈な一週間のはじまりです。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-26 08:45 | 混沌の文化
2月24日(金) 「エルサレム旧市街とその城壁I」
お知らせ~。

BS-iの「世界遺産」ならハイビジョン

「世界遺産」の魅力倍増! 2000年12月4日(月)からスタートした、BS-iの「世界遺産」。高画質・高音質というデジタルハイビジョンの魅力をお楽しみ頂いていることと思います。BS-iでは、2003年10月から「もう一度見たい。」「見のがした。再放送はやってないの?」という視聴者の声にお答えして、TBS(JNN系)での放送と同じ週の金曜日23:00から、ハイビジョンで世界遺産をお楽しみ頂けます。見逃した方も、もう一度ハイビジョンの映像で見たいと思った方も、BS-iでの世界遺産を十二分にお楽しみ下さい。

放送は毎週金曜日 夜11:00。TBS(JNN系)では毎週日曜日 夜11:30からです。



2月24日(金)
「エルサレム旧市街とその城壁I」


[みどころ]
■ イスラーム聖域・岩のドームの内部
現在の中東紛争における対立のシンボルともいえる「神殿の丘」。そこにそびえる黄金ドームの内部の撮影に成功。現存する最古のイスラーム建築の壮麗な内部。そこに祀られている、イスラームの預言者ムハンマドが昇天したとされる岩。
■ 嘆きの壁
失われたソロモン王の神殿の一部にして、ユダヤの魂の拠り所。

[内容]
ユダヤ教、キリスト教、イスラーム。3つの宗教が聖地とする街・エルサレムはまさに世界に二つとない、人類史上最大の聖地。旧約聖書の時代からキリスト教の誕生、そしてイスラームに征服されてから中東紛争にまで至る、奪い合いの歴史…。全てがこの街で起こった。そして世界遺産としても"ヨルダンによる推薦 "という異例の登録が行われ「当事国を持たない唯一の世界遺産」となっている。
2週連続の第1回は、ユダヤの都となった昔から現代までを俯瞰し、聖地の成り立ちとそこにまつわる問題の数々を見つける「総論篇」。「岩のドーム」の内部などの貴重な映像に加え、アルメニア人地区での礼拝などあまり知られていない儀式や、また現在作られつつある「分離壁」など中東問題の現状も紹介。聖地を巡る3000年にわたる歴史を浮き彫りにする。


なんですって。
おたのしみに~。

えっ?!ちょっと待て。

エルサレムの旧市街って、「世界遺産」だったの?!
昨日の晩も行ってたのに・・・、まあ、住んでいたら意外とそんなものかも。
それにしても、おそるべし灯台下暗し・・・。


旧市街ツアーの写真をアップしておきました。 こちら へどうぞ。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-24 21:00 | 旅の空
フィギュア・スケートのユダヤ嬢たち
トリノ・オリンピックもそろそろ終盤。トリノとイスラエルとでは時差が一時間ほどなのでしょうか?夜のフィギュア・スケートはライブ中継。これはうれしいなあ。・・・・なのですが、こちらではなんだか妙にセコイ中継番組の構成。ところどころにコマーシャルが入っちゃうから、上位に入らなさそうに思われる選手や結果発表はカット。おーい、それにかかわらずすべて見たいのですけど。

さて、もう昨夜になってしまいましたが、フィギュア・スケート・ファイナル。荒川静香さんと村主さん、そして美姫ちゃん、がんばりましたね。こうして活躍する日本の方を見るとジーン。日本の外に住んでいるとなおのこと、そう感じてくるからおもしろい。もちろん「がんばる」姿は、国民、民族、宗教に関係なく美しい。

e0009669_8254528.jpg中継されていたフィギュア・スケートを見ていて、あれ?あ?こっちも?ひょっとして?

ユダヤっぽい名前が目に付いた。銀メダルを受け取られたサシャ・コーヘン選手。ま、名前からしてユダヤ。ウクライナ系のユダヤのご両親だとか。

銅メダルを受け取られたロシアのイリーナ・スルツカヤ選手も、父方がユダヤの方で、テル・アヴィヴの北にあるナタニヤという街に親戚がいるらしい。と、そんなことなどどうでもいいような情報なのですが、それをあえてアピールするこちらのテレビのアナウンサーにちょっとクスッ。上位3位には入りませんでしがた、アメリカのエミリー・ヒューズ選手もしかり。皆さんそろって、小柄でキュート。でも、日本人の荒川選手がスラリと誰よりもスレンダーなのが、これまたおもしろかった。
e0009669_832473.jpg
なんだかオチも何もないエントリーですが、トリノを見ていて、氷の上を滑るユダヤのお嬢さん方が多いなあと思ったのでした、はい。それにしても、ユダヤ・パワーを突破した荒川さん、美しかったです。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-24 06:02 | 混沌の文化
エルサレム旧市街のフォト・ツアー
ということで、なんとか再出発。
旧市街の入り口ヤッフォー門からアラブ市場を通ってキリスト教地区の聖墳教会、
そしてエチオピア教会までツアー開催中。
このあとはユダヤ地区方面と嘆きの壁へ参ります。

いかんせん、中東でございます。
サングラスとお水のペットボトル持参でお願いします。

ツアー参加の方はこちらからどうぞ。


[PR]
by ck-photo | 2006-02-24 00:23 | 旅の空
お湯がデタ! 春の足音
ということで、とてもよい天気の今日のエルサレム。
冬も終わりつつあるのかなあ。
今冬は雪にお目にかかれず、ちょっと残念。
中東に降る雪ならず。

お昼ごろに起きたら、お湯がデタ!
水道から、熱いお湯がデタ!
こりゃメデタイ!

イスラエルの家の屋根にはソーラー・パネルとタンクが乗っている。
太陽熱でお湯を作る。

曇りや雨の冬の日々は、電気で沸かすスイッチを入れなければお湯はデテコナイ!
日ごとに水道の蛇口からお湯がデルようになるごとに、
情緒も何もないけれど、切実に春の足音を感じるヨ。

e0009669_22392766.jpg

[PR]
by ck-photo | 2006-02-21 22:40 | エルサレム・エルサレム
ユダヤの結婚式のフォトと「こらぼ さらくだ」
本家フォト・アルバムのほうにユダヤの結婚式の様子を載せました。
ほんまはあと何枚か載せたいものがあったのですが、プライバシーのため、やめました。

フォト・アルバムは こちら からどうぞ~。

金曜日のテレビ番組の前に、旧市街のフォトものちほど載せておきますね。
お楽しみに~。

で、これから旧市街、行ってきま~す。

____________________

もうひとつ、お知らせ~。

「こらぼ さらくだ」 のほうに、サラさんから新しい文化日記をアップしていただきました。
そちらもどうぞ~。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-20 22:09 | おしらせ
うちのおかん
うちのおかん、はすごい人だ。

数年前、62歳の時に、交通事故で頭を数針縫う怪我をして救急車に乗った。

救急隊員が無線で病院に連絡を入れる。

「え~と、今、病院に向かう途中です、どうぞ~」
「おいくつの方ですか?」
「高齢者の方です」

ぷっつ~ん!

「ちょっ、ちょっと!こ、こ、こ、高齢てなんやの!
こっちが62歳っていうてんのに、なんで素直にそう言わんのん!か~!失礼やなあ~!」
「す、す、す、すみません・・・。年齢を言うたら失礼かと・・・」
「“高齢”なんていわれるほうが、よっぽど失礼やわ!」

気を使ったのに、かわいそうな救急隊員。
ほんまに頭から血ぃ流してるケガ人なんか?うちのおかん。
ちゅうよりも、単に血の気の多い人?



そんなおかん、と同居しているうちの兄はトイレが長い。
しかも彼は何かにつけて間が悪い。
おかん、が救急車で運ばれている間、

「鬼のいぬまに~♪」

と、何も知らない兄はトイレに小旅行に行った。

「ほ~。おかんがいてへんと、落ち着くねえ~」


ぷるるるる~ぷるるるるる~

「でえへんなあ・・・」

ぷるるるる~ぷるるるるる~

「・・・でたっ!」


「もしもし!あんた~!ちょっと、どこ行ってんのん?人が救急車で運ばれてんのに~」
「トイレ!んコ!」
「くそやろうがくそしてたんか・・・」

おかんは、ほんまに私のおかん、やろか・・・。


うちのおかん、は瞬発芸が得意である。
彼女の口から出るのはその瞬間の気持ち。
それが現実とクロスしているかはあんまり関係がないらしい。
良くも悪くもとても素直なおかた。

去年の11月ごろ、電話での会話。

「お父さんなあ、ちょっとすい臓にガンあるらしいわ・・・。
でも、今はまだ赤ちゃんガンでたいしたことないって。
そのうち手術して取るとかって話やねんて~・・・」

「そうなんや・・・・・」

それから私はかなり落ち込んだ。
父がガンだったら、これからの余命はどのくらい?
もし亡くなったら?父がいなくなる、ってどういうこと???

かな~り、落ち込んだ。

そして昨日の電話での会話。

「お父さんどうしてる?」
「ああ、一週間ほどな、病院入ってるよ~。また心臓の件で」
「あ~、そうなんや。でもそれはいつものやつやろ?
で、この前いってたガンの話、・・・どうなったん?手術はせんでもええのん?」
「はっ?あんた、何いうてんのん???」
「へっ???・・・お母さん、そういうてたやん、去年に・・・」
「え~?知らんで~、ぜんぜんっ。
ガンとちゃうよ。すい臓の調子がちょっと悪いだけなんやでっ」

・・・・・・あの心配はっ?!うちのこの数ヶ月の苦しみはっ?!・・・・なんやったんやっ????

おかん、すごいなあ。
たくましい~。長生きしてください。

って、この前は星山のキムチをどっか~ん!と食べて、
スイミングで1800メートル泳いだんやて。
さすが星山のキムチ~って感動してはった。
で、その後に気持ち悪くなって吐いたんだそうです。
しばらくはキムチは食べたくないわ~、だは~、って笑ってたわ・・・。

この調子やったら、心配せんでもうちよりも長生きするわなあ・・・。


e0009669_2247355.jpg

おかん、の描く絵。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-20 00:42 | 混沌の文化
デニスのオーブン焼き
ちゅうことで、イランのサラさんのところで目の毒にあたり、お魚を買ってしまいました。
デニス(鯛の種類)2匹で、30シェケル。800円ほど?高いなあ・・・・。
大きさは20センチほどかな。お刺身用におろすにはちょい小さめなので、あきらめた。

「塩焼きにしてご飯と食べたらおいしそ~」

ともいつも思うのですが、魚焼きの網は日本から持ってきてあるものの、
煙が尋常ではない・・・・。

e0009669_12465456.jpg


一番後片付けのラクな方法。アルミホイル焼き。
市場で一緒に買ってきたコリアンダーをばばばーっと乗せて。
コリアンダーは安いよ。一把で100円ほど。パセリも同じぐらい。
オリーブオイルとお塩、ローズマリー、ちょっと甘い果実酒をかけて、
まわりに赤ピーマンも添えて、きゅっと閉じます。
180度ほどのオーブンで20分ほど。

e0009669_12475369.jpg

蒸し焼きになったのが上のこれ。ほほほ~。
おしょうゆとレモンをかけて、おなべで炊いたご飯と食べました。
おいしかったんやで~。目のまわりとほっぺが好きっ。
やっぱり私は猫科のようです。はい。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-19 13:01 | 中東の食卓+α
「自らの舌と口を守る者は、自らの魂を危険から守る」
エルサレムには金曜の日没から土曜の夜、明るく輝く星が肉眼で3つ見えるまでの24時間とちょっとの休息日がある。ユダヤの世界では安息日(シャバット)と呼ばれているその日。

街の商店もレストランも企業も、そして公共の交通機関はすべてお休み。道行くのは歩いている人たち。車もあまり走っていないし、近所からも大きな音楽なども聞こえてこない。聞こえてくるのは家族が集うの食卓の音と、その温かいにおい。やはり「幸せ」って何よりもすてきだと思う。

私は一週間の6日間を自宅、または企業のコンピュータの前でコツコツした孤独な作業をしながら過ごす。仕事だからそれは仕方がないけど、そろそろ一日ぐらいはコンピュータも浮世も関係のない静かな世界ですごしたいと思っていると、金曜がやってくる。これはありがたい。休みには、コンピュータを離れて本を読む。できるだけ、その時の自分の心の状態にピンと来るものを読む。

イカンセン、他称・宗教オタクの私(笑)は、そのご希望にそえるようにと、昨日はそれらしい本を何冊か読んでみた。と、いうのも、久しぶりに訪ねてみたあのブログ、そのブログ、あっちのブログ、妬みによる中傷や、その人に成りすましてよそ様に嫌がらせをしたり、色々と相次いでるらしく、コメントを閉められたり、しばらくお休みすることになったり、真っ向から公開対決している姿もあった。ざっと4、5件ほども。去年の暮れからの似たような個人的な出来事からも、それは人事ではなかった。

以前、旧ブログで何度か紹介したラビ・ホフェツ・ハイムというユダヤの賢者の教えを書いた本を、休みの間に久しぶりに読み返してみた。相変わらず、濃い~い核心的な精神世界がそこにある。その濃い~い本にも引用されているのが、ヘブライ語で「ミシュレイ」という旧約聖書の「箴言(しんげん)」の言葉。箴言はダヴィデ王の息子ソロモンの言葉であるという見方もあり、そうすると3000年ほど前の話になるけど、人の本質はどうも時間と共に変化・向上するものではないらしい。


ミシュレイ(箴言)から引用:(順不同)
興味のある方はこちらの本もどうぞ:Malbim on Mishley(英語とヘブライ語)


「愚かなる者よ、いつまで愚かであることに愛着し、智慧をあざ笑い続けるのだ?いつまで知るということを拒むのだ」


「智慧を得なさい、分別を得なさい。智慧を捨ててはならない、智慧はあなたを守るだろう。智慧を得ることに勝ることはない。できるならば、分別も得なさい。智慧を愛しなさい、それはあなたに誉れをもたらすだろう」


「私(神)はあなたに智慧と、正しい生き方を教えた。歩くうえで、あなたは何にもたじろがせず、走ってもつまずきはしない。これまでに学んだことを忘れてはならない。それはあなたの命であり、それを守らなければならない」


「歪んだ者の道をゆくな。歪んだ者の行いをまねるな。それらを避け、通り過ぎなさい。歪んだ者は悪事を行わずには眠れず、誰かを傷つけなければ眠れない」


「本当ではないことを決して話してはならない」


「もしあなたが自分の口から出た言葉に捕らわれたり罠にかかったならば、急いであなたを放すようにその者に告げなさい。罠にかかった鳥やシカのように、あなたは急いでそこから逃げなさい」



ソロモンの格言集:

「賢き者は智慧を蓄え、愚かな者の口は今にも破滅するのである」


「憎しみを隠す者の唇には嘘があり、中傷をするのは愚かな者である」


「他者について話すことは愚かであり、智慧のある者は沈黙する」


「噂話(中傷)をする者は秘密をもらし、誠実な者は事を秘めておく」


「愚かな者は自分の尺度が正しいとし、智慧のある者は助言に耳を傾ける」


「嘘の命は短く、真実は永遠に生き続ける」


「愚かな者は罪を分かち合い、正しき者は神のよき意をわかち合う」


「賢き者の舌は智慧を語り、愚かな者の口は無知を語る」


「賢き者が愚かな者と論ずるとき、愚かな者は怒り、嘲笑い、満足することはない」


「癒しの舌は命の樹となり、よこしまな舌は精神を傷つける」


「不忠な者はいさかいを植え付け、陰口は友を引き裂く」


「自らの舌と口を守る者は、自らの魂を危険から守る」



* リンクは都合により外しました。
[PR]
by ck-photo | 2006-02-19 03:21 | 日曜の哲学カフェ