<   2004年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
エルサレムのゴミ箱アート
宇柳貝四方山話さんの世界のゴミ箱からのTBです。 エルサレムの街角のゴミ箱、リサイクルビン、集めてみました。

e0009669_058871.jpg

e0009669_0584531.jpg


この上の写真のゴミ箱、軍艦みたい。こういう軍艦ゴミ箱(もう箱じゃないですね)が道路によくドカンと置いてあり、中には野良猫君たちが住んで(?)ます。

下の丸いドラム缶のようなのはおそらくリサイクルなんでしょうが、非常にゴミを入れにくいので、個人的にはほとんど使ったことがありませんワ。なんだか手を挟まれそうな気がして・・・。
e0009669_192233.jpg

e0009669_1104419.jpg

e0009669_1111194.jpg

e0009669_1113478.jpg

e0009669_1121480.jpg

ふと思ったのですが、一体これは誰が描くんでしょうね。学生さんとかのプロジェクトだったんでしょうか。
[PR]
by ck-photo | 2004-07-22 00:51 | エルサレム・エルサレム
またしても罠にはまる・・・。
こんなニュースが飛び込んできました。


『イスラエル最大の商業都市テルアビブ中心部で11日の朝7時ごろ、バス停近くに仕掛けられた爆弾が爆発し、イスラエル人1人(19歳の女性兵士)が死亡、34人以上が負傷した。パレスチナ解放機構(アファラトの支配下のPLO)主流派ファタハ系の武装組織アルアクサ殉教者旅団が、犯行を認めた。』


さて、このPLOのやり方、上手いなあとつくづく感心するのです。
今年の3月に入ってから彼らはピタリと自爆攻撃をやめていました。
その裏にはきっと何かあるはずと思っていたのですが、やっぱりでした。

つい昨日の今日に壁建設に関する停止が求められて、イスラエルの立場がぐーっと悪く見られるよな状況になりましたよね。

そこで、です。

そこで、PLO側が爆弾を仕掛けてイスラエル人を吹き飛ばしても、世界世論はイスラエルには同情しません。さも当然の報いのようにさえ感じさせてしまうかもしれません。そして、PLOのいわゆるこういった血も涙もない馬鹿げた爆発行為が正当化されていく。

あっぱれ、おみごと、PLOよ。
そして、なんとかせんかいイスラエルよ。
このイスラエルとパレスチナのばかばかしさ、
ほとほと腹がたってきましたが、もう脱力感いっぱいです・・・。
[PR]
by ck-photo | 2004-07-11 00:47 | 戦争と平和
耳に残るは君の歌声
2000年のベネチア国際映画祭で脚光を浴びた『耳に残るは君の歌声(原題The Man Who Cried)』。『オーランドー』に続くサリー・ポッターの力作。出演は『アダムス・ファミリー』や『バッファロー66』のクリスティーナ・リッチ、普通の人の役を演じたことってあったっけのジョニー・デップ(けっこう好きですが)、この女優さんは本当にうまいねケイト・ブランシェット、そして、『ショー・ゲーム』などでおなじみ名脇役ジョン・タトゥーロなど、個性派俳優が勢揃い。
e0009669_574262.jpg

この映画全般に流れる歌や曲がまたなんともよい。ビゼーが書いたオペラ『真珠狩り』の名曲『Je Crois Entendre Encore』がこの映画のテーマソングとして流れ、映画で流れるこのイディッシュ語版が何とも悲しげに魂を揺さぶる。ゆっくり流れてゆくこの映画は、じっくりと一人で観ることをおすすめ。ちなみにイディッシュとはユダヤ(ジューイッシュ)という意味。

『耳に残るは君の歌声』はこちらのAmazonでも購入できます。

ネタバレOKの方はこの先へ。
[PR]
by ck-photo | 2004-07-03 05:04 | 戦争と平和