カテゴリ:おしらせ( 27 )
「グロスマンを読みながら(対話への対話)」 2007年10月 08日 
『グロスマンを読みながら(対話への対話)』でのわたしの対話者、ウェブ・パブリッシャー葉っぱの坑夫の主宰者である大黒さんによる久しぶりの投稿です。


「 書く糸口、考える立ち位置を探しながら」




2004年の夏からはじまった大黒さんとのこのさみだれプロジェクトですが、わたしとしてはとても意義のあるもののひとつ。

今週はとにかくゆっくりと机に向かう時間がとれないので、コピーして、テルアヴィヴ(仕事場)←→エルサレム(自宅)の長距離バスの中で読みながら噛み砕いていこうと思います。大黒さんへの返信もまた考えがまとまった時に投稿します。

おしらせまででした。
[PR]
by ck-photo | 2007-10-09 04:26 | おしらせ
過去ログ:2005年 01月
お待たせ、旧ブログ「中東に降る雪」、2005年 01月の過去ログです。
この月も濃ゆかったですネ・・・(笑)。

安息日用のパン [2005-01-24 07:25 by ck-photo]
木々の新年 טו בשבט がやって来る! [2005-01-23 07:17 by ck-photo]
[2005-01-18 06:54 by ck-photo]
アラビアン・コーヒーと水煙草でも。 [2005-01-16 06:42 by ck-photo]
アメリカン・コロニー・ホテルにてコーランの響きを聴きながら
[2005-01-14 06:33 by ck-photo]
あなたはリチャードさんではござらんか。なぜここに? [2005-01-12 06:24 by ck-photo]
アッバス君へ。議長当選へのはなむけの言葉。 [2005-01-11 06:06 by ck-photo]
日曜日の哲学カフェ 「夜と霧」第3章 死の蔭の谷にて [2005-01-09 05:41 by ck-photo]
えるされむの地図 へぼへぼ版 [2005-01-07 05:32 by ck-photo]
アラブな東エルサレム [2005-01-06 05:12 by ck-photo]
中東のお正月料理!っと言えば・・・。 [2005-01-02 06:34 by ck-photo]
[PR]
by ck-photo | 2007-09-10 07:55 | おしらせ
過去ログ: 2004年12月

この月もがっつり、書いてましたね〜・・・。これでもこの月の記事の2/3ほどだけ再更新。「日曜日の哲学カフェ」は割愛。過去の自分に脱帽(爆)。懐かしのにゃんこセイセーも登場してます。くっ(涙)。 次回はようやく2005年に突入っす。

エルサレムより・・・ [2004-12-30 19:28 by ck-photo]
猫だってエルサレム色 [2004-12-27 19:57 by ck-photo]
言葉っておもしろい 〜アメリカン・イディッシュ英語 [2004-12-22 19:14 by ck-photo]
朝の祈りの道具 テフィリン [2004-12-21 19:53 by ck-photo]
食べ物への祈りについて [2004-12-21 19:04 by ck-photo]
プラハの旧ユダヤ人墓地 [2004-12-20 18:53 by ck-photo]
石を置きませう。でなければトリツカレチャウのよ・・・。ユダヤ神秘主義の死後の魂の観念と石の関係。 [2004-12-14 18:48 by ck-photo]
じょーじ君もハヌカ [2004-12-14 20:20 by ck-photo]
マカロンではないけれど [2004-12-13 20:23 by ck-photo]
おかげさまでエルサレム、優勝です。 [2004-12-09 20:04 by ck-photo]
光のお祭り ハヌカ [2004-12-07 20:02 by ck-photo]
エルサレムのドラえもんなり。 [2004-12-07 18:40 by ck-photo]
ダイエットだよ。 [2004-12-03 18:36 by ck-photo]
おうちでエステ 〜死海の泥パック [2004-12-02 18:30 by ck-photo]
「塀の向こう」の別荘で [2004-12-02 17:12 by ck-photo]
にゃんこ先生はアザラシやったんかっ?! [2004-12-01 20:06 by ck-photo]
[PR]
by ck-photo | 2007-07-25 20:35 | おしらせ
過去ログ:2004年11月
旧ブログの2004年11月の過去ログをアップしました(下から古い順です。)数年前の古い記事ですが、読み直してみると日記的な部分もあり、いくつかはかなり濃い記事ながらも懐かしくもおもしろかった。コメントもどこでもいつでもどうぞー。

この2004年の11月から、「日曜の哲学カフェ」というコーナーで、ホロコーストを生き抜いた精神科医ヴィクター・フランクルの著書の一冊『夜と霧』の朗読&討論会を始めました。その週の朗読か所を本文から抜粋して載せたりとなかなかおもしろかったのですが、今それをするとどうも著作権にも引っかかるような気がして、残念ながら今回は載せませんでした。いいよね?

ハレンチでイカレポンチ!のサラ・ジェシカ・パーカー嬢 [2004-11-26 06:20 by ck-photo]
バルフ・ゴールドスティンは凶悪犯罪者かヒーローか。 [2004-11-25 07:45 by ck-photo]
敬愛なるブロガーさま、「脳内便秘症」に気をつけて [2004-11-24 07:37 by ck-photo]
魚とサカナ - 旅行の役にも立たない ヘブライ語ミニミニ講座
[2004-11-22 07:24 by ck-photo]
雨音はクラゲの調べ [2004-11-21 09:46 by ck-photo]
黒猫のたんご de えるされむ [2004-11-19 09:43 by ck-photo]
マカビアンなビールとスポーツ、と歴史と。 [2004-11-17 09:03 by ck-photo]
H君の場合 [2004-11-14 08:40 by ck-photo]
終わりとはじまり [2004-11-12 08:38 by ck-photo]
Nature Kartaの祈りも届かず不死鳥ならず
[2004-11-11 07:33 by ck-photo]
イスラエルで最も貧困な市 2004年ワースト1位は・・・?
[2004-11-10 07:29 by ck-photo]
黄金のドーム・神殿の丘が聖地と呼ばれるそのワケ
[2004-11-08 04:49 by ck-photo]
一切れのパン [2004-11-04 04:33 by ck-photo]
ニッポンのイスラエル旅人 [2004-11-02 04:28 by ck-photo]
『テヘランの死』と『強制収容所でのある若い一人の女性の死』
[2004-11-01 04:21 by ck-photo]
現実ってこんなもの・・・。 [2004-11-01 04:18 by ck-photo]

過去ログ、まだどんだけあるねん・・・。
[PR]
by ck-photo | 2007-07-08 06:46 | おしらせ
過去ログ:2004年 10月
2004年10月の過去ログ一覧です。

この頃はこんなにもブログに費やすパワーと、何でも書きたいことを書ける自由な気持ちがあったのかとびっくりです。若かったつうことですかね。(笑)

あなたは何人知ってる? ユダヤ人特集。 [2004-10-04 09:27 by ck-photo]
メディア [2004-10-06 04:41 by ck-photo]
-A Voice of Jerusalem- エルサレムからの声 [2004-10-08 08:49 by ck-photo]
ウソのような現実 [2004-10-08 23:44 by ck-photo]
ガンダルフの髭のように生きてゆこう [2004-10-10 19:47 by ck-photo]
夏の終わり、砂漠を湿らすのは雨の音。 [2004-10-12 19:51 by ck-photo]
あなたのイスラエル人度チェック [2004-10-12 20:45 by ck-photo]
杉原千畝氏と「ふぐ計画」とニッポンと。 [2004-10-17 21:13 by ck-photo]
知られざる1945年の脱走劇 [2004-10-18 21:23 by ck-photo]
死海のほとり [2004-10-21 02:30 by ck-photo]
散らばった羽毛のごとく [2004-10-22 21:25 by ck-photo]
塩の玉 [2004-10-24 02:18 by ck-photo]
ユダヤの葬式とシヴァ [2004-10-26 02:42 by ck-photo]
なんちゃってジャーナリスト、サイクリングへゆく。 [2004-10-27 03:23 by ck-photo]
胸に掲げられた星を見つめなおしてごらん。 [2004-10-28 03:29 by ck-photo]
彼の心理を探る!なんちて。 [2004-10-29 03:35 by ck-photo]
[PR]
by ck-photo | 2007-06-25 03:47 | おしらせ
過去ログ2004年6月〜9月 復活。
とりあえず2004年6月から2004年9月中旬までの、3ヶ月間の旧ブログの記事をまとめて復活させました。あー、しんど。でもホント、いろいろと書いてたんですねえ・・・。いろんな意味で自分でも驚いちゃいました。わははっ。

過去ログに興味のある方はこちらのタグ「中東に降る雪」をクリックすると、アップした分のタイトルがまとめて表示されます。

コメントも開いてますのでどうぞご自由に書き込んでください。
時間のある限り返事もしますよ(笑)。

それ以降の過去ログもアップしていく予定です。
[PR]
by ck-photo | 2007-06-20 21:29 | おしらせ
ちょっとお知らせ。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実はこのブログに移る前に書いていた「中東に降る雪」というブログがありました。諸事情により2005年の11月で打ち止め終了し、その後長い間封印してあります。先日、いつも良きアドバイザーである友人からのメールで、その旧ブログのことを思い出し、一年ぶりかぐらいでログインしてみました。(はい、パスワードを思い出すのに少々時間がかかるまでに放置してありましてん・・・。)

久しぶりにそのブログを読み返してみると、自分でも驚くことばかり。ヘー、こんなことをこんな風に書いてたんや、と。そこで思いきって「開けごま!」。そろそろ自分でこの呪縛を解かなければいけないなと、旧ブログの記事を少しずつ手直しをいれながら、こちらで公開して行こうかなと思っています(それよりも370件に近い記事がある旧ブログを公開するという簡単な手もあるのですが、公開するならもう少しニホンゴ(笑)らしく手直ししたいなと)。旧ブログの記事にはタグ「中東に降る雪」を付けてゆきます。

ということで、これからもどうぞよろしくです。(ん?何が?・・・よくわからんけど。笑)
[PR]
by ck-photo | 2007-06-18 20:21 | おしらせ
サーバーの調子悪いですね。
このブログのサーバーの調子がどうも今ひとつらしく、先日メンテナンスを終えたそうなのですが、またまた開いたり開かなかったりしてますね。コメントもうまく投稿できないこともあるようです。ということで、接続できなかった訪問者さんたちにはイライラかと思いますが、まあそのうち(I hope so)治るでしょう。しばしご辛抱をば。
[PR]
by ck-photo | 2007-06-15 22:49 | おしらせ
リセット
ちょっと休憩。

ブログのコメントのお返しも追いつかないし、
きちんと書く時間が取れないので
しばらくのお休みです。

頭の中に余裕ができたら
時々ぽつーんぽつーんと更新するかもしれませんが。

こちらのフォトウェブはこれまでと同じく更新してゆきますので。

e0009669_22144530.jpg


ああー、花粉症がしんどいなあ・・・。
杉にアーモンドに・・・。
この時期のエルサレムで花粉の飛ばない日はないような・・・。
からっからに晴れた日、
雨の降りそうな日、
風の強い日。
毎日がそのどれか。
[PR]
by ck-photo | 2007-02-25 22:18 | おしらせ
ずっこけ版、ロスト・ラゲッジ
さて、お知らせです。

2006年の今年は、人生を本当の意味で出発してから10年目にあたりました。まだ京都の真如堂のそばに住んでいた1996年、生と死、人生、自己について、すべてを白紙に戻してはじめなくてはならない重要な年でした。インド仏教のヴィパサナとよばれる、見ざる聞かざる言わざる、読まず書かず、ただひたすら自己と向き合っての瞑想を二週間、誰とも一言も話さずに山に篭って行ったのもその年の11月の終わり。それからの10年への区切りということもあり、これまでのエルサレムでの人生とこれからどこに行くのか。いろいろな意味で大きな節目の年だったように思っています。

e0009669_23471834.jpgそして流れ流れて漂着したエルサレムで、葉っぱの坑夫のプロデューサーの大黒和恵さんに背中を押していただき書き始めた「ロスト・ラゲッジ」。今回、それをなんとか12月8日に出版するに至りました。イスラエルにかかわった17年、ホロコースト、そしてインティファーダのエルサレムの日々から逃亡したNYのユダヤの街ボーロパークでの出会いと日常。そしてユニバーサルな問題になりつつあるアイデンティティーについてなども交えながら、ショートエッセイ風にとりとめなく綴ってあります。

「ロスト・ラゲッジ   エルサレムのかたすみで」
著:大桑千花

定価:1,575 円(税込)
出版社:而立書房
JAN/ISBNコード:4880593362

全国の書店、また、インターネットではAmazonその他のウェブでも購入できます。

と、まじめな話は置いといて、で、ずっこけたそのワケとは。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-13 00:11 | おしらせ