たまにはね。

e0009669_630273.jpg

料理なんぞ。
なんていうと、ふだんは一体なにを食べているのかと思われるでしょうが、
さて、なんでしょう?自分でもわかりません(笑)。

(おうどんとか、おそばとか、お寿司とか、
「うーっ、食べたいー!」と思うものほとんどがここにはないから)

とか書くと、イスラエルにだってなんちゃってSushi屋ぐらいはあるじゃないか、
と言われそうですが、ええ、たしかにありますが、高い&美味しくないので、
わざには行きませんな。ちなみにエルサレムだけでも六軒ほどありますね。

さて、お豆のスープを作ってみました。
白いんげんとなんやらこんやら冷蔵庫にあったものをスパイスで整えて。
クミン、ターメリック、パプリカ、などなど、
はじめにスパイスを多めのオリーブオイルで馴染ませるように炒めるのがコツ。
こうしないと、出来上がりでスパイスがのどごしトゲトゲしていまいちなり。

いただきまーす!の前にはもちろん、ヒルベとスフーグを。
ヒルベもスフーグもイェメン系のものですが、
これが食べたいが故にスープを作ると言っても過言ではないほど、好みの調味料(というのか?)。

e0009669_7525571.jpg

(フェヌグリークの種・借り物画像)

ヒルベ(一番上の写真の黄緑っぽいヤツ)はfenugreek Seed、
フェヌグリーク(和漢名:ころは、霊香草、霊凌香)という種を
ガッシガッシ叩いてつぶして水とレモン、ガーリックなどで味を整えたもので、
甘酸っぱく、後味ピリリ!とろろん系。味というのはなんとも表現しがたいですが。
アフリカ、中東、インドなどで栽培され、非常に健康食。カレーにもグー。
そして催乳ハーブとして有名でもあり、なーるほどー。
イェメン系のお嬢様方、ものすごく細身なのに胸が豊かな理由はこれでしょうか。

そしてスフーグ(一番上の写真のまんなかのヤツ)はもうおなじみですが、
コリアンダー&チリがスパイシー。これもくせになりますね。

モロッコ料理もおいしいけれど、イェメン料理も捨てがたい。



これを作っている途中、ずっとカウンターで監視していたお方が(笑)。
e0009669_631112.jpg

それにしてもたんたん、
エリザベスかザビエルか、
ふりふりリボンで舞踏会でも行くかのように見えるのですが・・・。
いつのまにこんなに毛深く・・・。(笑)



e0009669_631386.jpg

・・・いーや、ぜんっぜんあかんでっ。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-24 07:08 | 中東の食卓+α


<< IP, who is? シュトライマレ体験   カウン... >>