あれこれ
この旧市街での一枚、載っちゃいました、表紙に。



ぬわ〜んちゃって。
ちょっとyodaさんのところでみつけたこれで遊んでみただけよ〜ん(爆)。


マハネ・イェフダ・シューク(市場)のそば、ウズベキスタンのブハラのパン屋。
e0009669_2485862.jpg

ブハラには大きなユダヤコミュニティーがあり、世界中のユダヤ人たちの寄り集めエルサレムにもたくさんのブハラ系ユダヤ人がいる。

ブハラのパンはちょっと固めに焼き上げられ、塩味がきいて美味しい。おや?菓子パンがあるね?林檎の菓子パンを買ってみた。ふーん、ふつうにふつうの林檎入り菓子パン(笑)。わははっ、くーたんとぷーたんは気に入ったらしい。

そんでもって、最近のマイブームはこれ。シナモンティー。といっても紅茶は入ってない。シュークで買ってきたシナモンスティック2本と大きめに切った生姜、水をラーメンサイズのお鍋にいれて、ことことと煮出したもの。シナモンの甘みと生姜のピリリ感がグー。夏なら冷やしておいたら冷やしあめみたいでリフレッシュ。

ついでにこっちもアップ。
e0009669_2591915.jpg

むかしからシュークにあるいわゆる定食屋というか食堂。それこそむかしは安かったのだが、今ではすっかりイスラエル国内で有名になり、値段が上がってしまった。おかげでわたしの足も遠のいたのだが、久しぶりに寄ってみた。
サラダ軍勢は、マンゴチャツネ(みたいなもの。ピリ辛、酸っぱい)、キャロット、キャベツ、フェネル、トマト&オニオン。ま、コレ、一般的な食堂の前菜。

頼んだのは、定番のイェルシャルミ・グリル(エルサレム・グリル)。チキンと鶏の心臓、レバー、タマネギを、まさにお好み焼き屋の鉄板の上でジャッジャッ!

e0009669_32882.jpg


お味のほうは・・・
e0009669_342372.jpg

ピタをちぎって、サラダとグリルを押し込めて、マンゴソースをかけて、

うーん、むかし食べたときのあの「うわーっ!おいっしい!」なんて感動はやっぱりないなあ。って、期待し過ぎか(笑)。
とかなんとかいいながら、家ではつくってたりしますが。


そんでもって本日のハイライト。
e0009669_4103956.jpg

えーっとですね。日本でも売ってるそうですが、このガミラ・シークレットという手作り(らしい)石けん。なんでもイスラエル北部のアラブのおばさまが作っているこの石けん、エルサレムでも売ってます。が、まずは検索をかけてみたら、ドン!

あーっ、びっくりした。3000円以上してますがな。いくら手作りとはいえ、たかだか石けん一個にありえないようなバカげた日本の値段ですが、エルサレムでそーーーんっな値段なわけがない。でもいくらかは秘密にしておきましょー(イヒヒッ)。
[PR]
by ck-photo | 2008-01-08 04:20 | 中東の食卓+α


<< シリアのクッキングブック 2008年のメア・シェアリム >>