スコット、仮庵の祭り。
正統派ユダヤの町、メアシェアリムに行ってきました。飛び交う言葉はヘブライ語に英語、そしてイディッシュ語。町中が今週の水曜日にはじまるスコット(仮庵(かりいお))の祭りの準備で大忙し。

新年とヨム・キプールが終り、秋のはじめ、穀物の収穫もすむ頃にこの祭りはやってきます。その昔はエルサレムへ参拝に来る祭りであるペサハ(過ぎ腰の祭り)とシャヴオットと並んでユダヤの3大祭りの一つでした。

スコットの祭りでは、男性は自分の所有地にスカと呼ばれる小屋を家の外に建てます。スカの天井は椰子の葉などで覆うのですが、所々に隙間を作り、空や星が見えるようにします。祭りの7日間は、男性はこのスカで食事をしたり、夜はここで寝泊まりしますが、スカに住むことによって、聖書の出エジプト記に書かれているように、ユダヤの民がモーゼに連れられてエジプトから脱出し、砂漠を40年さまよった事を忘れまいとします。

つまり物質の豊かさにまぎれてついつい忘れがちなこと、この現世の生活は決して自分達の力だけではない、それはカミサマによって与えられたものだと再確認します。そしてスコットのもうひとつの目的は、世界中に雨がもたらされることを祈ります。

これは夕暮れのメアシェアリムの様子。スカの中に飾るお飾りや雨乞いの道具を買いに来た人たちで、町はとても混雑していました。

e0009669_8171273.jpg

e0009669_8173168.jpg

論議がお好きなひげもじゃさんたち。
e0009669_8174718.jpg

ユダヤ人、3人よれば4つの意見が出ると言われるほど。
e0009669_81811.jpg

e0009669_8182276.jpg

[PR]
by ck-photo | 2004-09-29 08:04 | ユダヤの暦


<< あなたは何人知ってる? ユダヤ人特集 ゾンビの街エルサレム ヨム・キ... >>