箱の中からこんなものが出てきたよ
前々からこの写真を載せようと思いつつもすっかり忘れていましたが、机の下を掃除していたら現物が出てきたので「あ、そうだった。」と、今更ながらに思い出しました。

さてさて、取り出したるは一つの箱よ。ちょっとピンボケごめん。
e0009669_6562245.jpg

そして、ひとおつ、中から取り出したるは?
e0009669_724662.jpg


ダイビングのマスク・・・ではござらんよ。ガスマスク。と注射セット。ガスが散布されたらこのペンみたいなのをブスッと太ももにどーぞ。

このガスマスク、イチオウ賞味期限がありまして、あ、使用期限ですか。この前のアメリカのイラク攻撃に当たって、イスラエルでも万が一に備えて全国民に新しいマスクの交付がありました。古いマスクを交換所に持っていくとそれを無料で新しいものと交換してくれますが、余分のマスクがほしい場合や外国の方などは100シェケル(3000円ほど)ほどだったかで購入可です。 しゃれにもお遊びで「かぶっちゃいました♪ う、息がでけん!バタッ。」ってのは、ちとイヤですので、被ってみたところはご想像にオマカセ。
e0009669_7105324.jpg

e0009669_7114129.jpg

この見た目、何のヘンテツもない部屋のドア。実は自宅内の一室のこの部屋は、「しゃえるた~」。部屋の中の窓にも頑丈な鉄の重たいドアが付いていて完全シャットアウト(のはず・・・)。

エルサレムにはこういった個人の家の中だけではなくて、外にもいろんな所にしぇるた~があります。普段はシナゴーグになっている地下しぇるた~も近所にあります。その他ではアパートの建物の地下が住人共同のしぇるた~になっているところが多いですね。

そういえば、湾岸戦争や先日のイラク攻撃の時などは、町中でこのマスクの箱を肩からぶら下げて~、ってな姿がよく見られました。ワタシはおしゃれさんなので、こんな不細工なものはぶら下げられません・・・ってのはウソですが、まあ、エルサレムの場合は、一応イスラーム教徒にとっても聖地とされているのと、アラブの人も大勢住んでいるので諸アラブ軍からの攻撃はないでしょうし、マスクもしぇるた~もいらないと思いますけどね。ま、用心には越したことがないということで、新市街などでもコンピュータバッグのようにごくごく普通に掛けて歩く姿が見られました。

と、こんな季節外れの、時期外れですか、のエルサレムのしぇるた~&ガスマスク事情でした。
[PR]
by ck-photo | 2005-01-18 06:54 | 中東の職人技


<< 木々の新年 טו בשבט が... アラビアン・コーヒーと水煙草でも。 >>