あなたはリチャードさんではござらんか。なぜここに?
ぱらぱらと読んでいたインターネットの英字新聞の記事で彼の姿を拝見。
よ、大将、おひさしぶりっ。

が、しかしやね。
なんで思いっきりアメリカ~ンなあんさんがここに???

e0009669_624596.jpg


パレスチナのテレビ放送でのリチャードさんいわく。

「Hi, I'm Richard Gere, and I'm speaking for the entire world,We're with you during this election time. It's really important: Get out and vote!」

だそうな。しかも最後にはアメリカ~ンなアラブ語で「投票に行こうぜ!」。

東エルサレムのパレスチナ人住民の多くは、イスラエルの住民票を保持しているので、今回のパレスチナ自治区・議長選挙にはほぼ無関心。だって、彼らは同じパレスチナ人でも自治区のことなんて関係ないのね。エルサレムの生活のほうがいいに決まってますわなぁ。それに対して東エルサレムの票を得たいが為の自治区の苦肉の策が、この「リチャードさんだってテレビで呼びかけなんよ」攻撃。

昨日の自治区の資金話ですが、こんなところに使われちゃうのね。一体彼への出演料は???まさか良きチベット仏教徒(彼ね)の世界平和へのボランティアってこともあるまいに。

あはは、ああ、あほらしっ。
[PR]
by ck-photo | 2005-01-12 06:24 | 戦争と平和


<< アメリカン・コロニー・ホテルに... アッバス君へ。議長当選へのはな... >>