元気でやってますか?
どの年に撮ったのかも忘れてしまった。ン?ちょっと待てよ。ガサガサ。あったあった、「本とコンピュータ」。これと同じシリーズのものをここに送った時だったから2004年初め、か2003年の終わり。

ライブレはメア・シェアリム生まれ、筋金入りのオーソドックス・ユダヤ一家の七男坊。あの時、兄弟はぜんぶで14人だったがあれからまた何人か増えたかもしれない。当時、彼は19歳で、お嫁さん募集中だったけど、結婚したという話はまだ聞いてない。彼の住む世界ではもう晩婚組ってことね。この気怠そうな彼の手がブログではけっこう人気だった。って、そう本人に伝えたらすごく喜んでいたっけ。日本に行こうかな〜?もてるかな〜?なんてニコニコしてたのが懐かしい。

マハネ・イェフダ市場のカフェでこの写真を撮っている時も、どこからどう見てもオーソドックスな彼と、どこからどう見ても日本人のわたし、その不思議な組み合わせはジロジロと好奇心の対象だったっけ。でもわたしは彼が好きだったし、彼もわたしが好きだった。いろいろな話をし冗談も言いあった。きっと今会ってもお互いに好きだろう。好き=恋愛という意味ではなく、好き=思いやる人、友、として。

それからしばらくして、ライブレは兄の一人でわたしの友達でもあるダヴィッドを頼りNYに引っ越してしまい、しばらく連絡を取ってないけど、元気かな?久しぶりに彼のイディッシュ語が聞きたくなった。
e0009669_1432091.jpg

(Mahane Yehuda Market, Jerusalem. 2004)
[PR]
by ck-photo | 2007-08-14 14:27 | 何気ない日々


<< 初泳ぎ そういうことか。 >>