ある日の朝ご飯&夕ご飯
e0009669_20647.jpg

カフカース(カフカス、コーカサス、Кавказ、Kavkaz、Caucasus)のゴマ風味がグーなパンと、バルコニー栽培したザター(中東のハーブ)とチーズのオムレツ。

カフカースって地域、ニホンゴでなんだったっけ?慌てて辞書でくる。ああ、コーカサスだったワ。マーク氏に教えてもらったマハネ・イェフダ市場のカフカースのパン屋。仕事を終えてエルサレムに戻るのは夜8時過ぎが多いので、なかなか平日に市場へ買いに行く時間がない。


e0009669_2402128.jpg

夕ご飯は以前にもブログで登場してますが、「チキンのエルサレム風ソテー」。なーんて書くとかっこいいですが、味は関西のどこぞのお好み焼き屋の鉄板焼きか、食堂の野菜炒め定食か。「ほぼ」ベジタリアンなのですが、暑い日にはこういうのも食べたくなります。フライパンにオリーブオイルを熱し、まずはスパイス(クミン、ガーリック、パプリカ)、そしてタマネギとにんじんを炒めたら、チキンを加えて炒める(鶏レバーやハツを一緒に入れても美味しい)。チキンパウダー(スープの素)で味を整えて、ピーマンを入れ、軽く火が通るくらいに炒める。仕上げにミントを刻んでパパッパッ。おしまい。松の実などのナッツ類を入れても美味しい。付け合わせのトマトは、種の部分を取って食べるととカラダが冷えないそうな。

そして珍しく、食卓にワイン。ここしばらくワインがブームなイスラエル。もともとイスラエル(ユダヤ)のワインには宗教的な理由などからも歴史があり、イスラエル国内にもワイナリーもたくさんありますが、最近ではカシェルでないワインもどんどんと欧米から入って来ている現状。イスラエル産で一番美味しいかなと思ったのはYardenだったのですが(ここしばらくは飲んでないのでわかりませんが)、なんせ50シェケルとかもっと高いものも多く、そうそう買うわけにはいかん。といっても日常的にはほとんど飲まないんですが。反対に20シェケルを切るよな安ワインはどれも美味しくないので、こういうのも飲まない買わない。

この夜はイスラエルのガリラヤ地方のワイナリーDaltonの白ワイン。Daltonのワインは値段も30シェケルほどでまあまあお手頃、イスラエル・ワインとしては味もそこそこいける。このボトルのラベルを見ると、バニラとパイナップル風味で、スウィートでうんじゃらかんじゃら、いろーいろと書いてあるけれど、うーん、そう言われればそうかも?というほどでしょうか。個人的にはもう少し甘くなくドライなほうが好き。まあ、確かにフルーティーで美味しかったですが。ちなみにうちにはワイングラスがなかったので、ボトルと一緒に購入したのが写真のコレ。イスラエルでは有名な一流メーカー。なーんちて、本当は市場の商店で5シェケル(100円ちょいね)だったんですよ、わははっ。
[PR]
by ck-photo | 2007-08-06 03:15 | 中東の食卓+α


<< brotherhood 夢 >>