ししゃも
さて、ひとつまとめたい話があったのですが、うーむ、ここしばらくのスランプというヤツでしょうか。3週間ほども考えているののどーしてもまとまらないというか、まあ、そういう時もありますわなー。なので、簡単に。

イスラエルにはユダヤまたはロシア正教に関わらず、多くのロシア移民が住んでいるのですが、それに比例してロシア文化なるものあちこちで見かけます。ロシア語の新聞や雑誌はもとより、ケーブルテレビにもしっかりロシア・チャンネル。さらにはテレビ番組にはヘブライ語の字幕の他にはロシア語字幕のついているものも。エルサレムの街を歩けばロシアの店舗もちらほら。通りの看板やチラシにもロシア語が。中東なのに一体ここはプチ・ロシアかと思われる。

さて、エルサレムの台所、マハネ・イェフダ市場のそばにもロシア食品店や本屋が軒を連ねます。といっても数軒ですが。ロシアのスーパーマーケットがあるので、このあいだ、興味津々、はじめて入ってみると、おおーっ、イスラエルでは見かけないビールやワイン、缶詰などやっぱりそこに広がるは小ロシアやね。商品のパッケージもこれまた想いっきりコテコテド派手なロシア調。

ロシアでもよく食べられる干し魚のセクション。おっ?・・・・・これは・・・・ししゃもやよね???
e0009669_22132797.jpg

と、じーっと手に取って見つめること数分。おそらく樺太ししゃも(カベリン)か。結局このししゃもモドキだけを買って、さっそく自宅でフライパンで焼いてみた。コンロに魚焼きグリルなんてついてないですから。
e0009669_22141827.jpg


「ゲホっ!」

収容所のやせ衰えた人みたいな風貌ですが、こっちもムンクの叫びのようになりましたやん。・・・むっちゃ塩っぱい、こんなもん食べれるかー!とちゃぶ台ひっくり返しですが、ロシアの人にはビールやヴォッカのつまみなんでしょうね。次回は一度洗って塩抜きをしてから焼くとしましょうと心に誓い、捨てるのもなんだしと酢漬けにし、ご飯を炊いておかずにしてみた。ん、まあ、ええんとちゃうかなというほどになりました。・・・けど、塩分がやはり気になりましたねえ。

おまけ。本日のまどろみ。
e0009669_22385390.jpg

BGM「大阪で生まれた女」・・・踊り疲れたーディスコのー帰り・・・♪。遊んでいる途中でいきなり寝はじめた。あははーっ。猫って、やっぱり和物が似合うと思うのはわたしだけでしょうか。こんな浴衣でも作ってあげたら似合うだろうなー(←ネコバカ)。でも 将来はイメルダ夫人らしい・・・。
[PR]
by ck-photo | 2007-07-12 22:51 | 中東の食卓+α


<< モロモロな日々 エルサレムの夏の昼下がり >>