ハレンチでイカレポンチ!のサラ・ジェシカ・パーカー嬢
なぜかしら今や大人気のサラ・ジェシカ・パーカーさん。イスラエル国内に貼られた彼女のラックスのポスター。妻以外の女性の肌を見ちゃいけない正統派ユダヤの方々には、それはあまりにも「ハレンチでイカレポンチ」過ぎるらしく、「怒りのテッケン!」で衣替え。まぁ、彼女も一応ユダヤ人なので、他の人に与える影響も考えてもうちっと慎ましやかにしてほしいぞ、ってこともあってなんでしょうね。それにしても彼女、おちびさんですね。
e0009669_6211692.jpg

マンハッタンのアッパーウエストにはたくさんの「ちょっとひげもじゃ」ユダヤ人、と「すんごくひげもじゃ」ユダヤ人たちが住んでいるのですが、よく問題になるのはビルの外観に掲げられたヴィクトリア・シークレットのどでかい広告。ランジェリー姿の悩ましいお姉さんがビルの壁にでーんっと横たわった日には、もうそこのユダヤ界隈では大変です。ボイコットや広告撤回のデモなど、マンハッタンでもエルサレムでも変わりなし。
[PR]
by ck-photo | 2004-11-26 06:20 | 混沌の文化


<< にゃんこ先生はアザラシやったん... バルフ・ゴールドスティンは凶悪... >>