ウソのような現実
非常に悲しい事が。

昨日のホテルの爆発で友人が亡くなりました。
たった今、悲報が入りました。

亡くなった彼はほんの27歳でした。
ホテルの部屋のカギを取りに行ったっきり帰って来なかった。
一緒にいて助かった彼女は22歳です。クロアチアの出身で、家族ぐるみの付き合いです。
一緒に住んでいて、近々結婚を考えていた二人でした。




これ以上になにをみなさんに伝えればいいのでしょうか。
言葉ではありません。

涙。
虚無感。

映画じゃない、本じゃない、理論じゃない。

ただあるのみの現実です。
そしてこの現実は続くのです。
[PR]
by ck-photo | 2004-10-08 23:44 | 戦争と平和


<< ガンダルフの髭のように生きてゆこう -A Voice of Jer... >>