耳に残るは君の歌声
2000年のベネチア国際映画祭で脚光を浴びた『耳に残るは君の歌声(原題The Man Who Cried)』。『オーランドー』に続くサリー・ポッターの力作。出演は『アダムス・ファミリー』や『バッファロー66』のクリスティーナ・リッチ、普通の人の役を演じたことってあったっけのジョニー・デップ(けっこう好きですが)、この女優さんは本当にうまいねケイト・ブランシェット、そして、『ショー・ゲーム』などでおなじみ名脇役ジョン・タトゥーロなど、個性派俳優が勢揃い。
e0009669_574262.jpg

この映画全般に流れる歌や曲がまたなんともよい。ビゼーが書いたオペラ『真珠狩り』の名曲『Je Crois Entendre Encore』がこの映画のテーマソングとして流れ、映画で流れるこのイディッシュ語版が何とも悲しげに魂を揺さぶる。ゆっくり流れてゆくこの映画は、じっくりと一人で観ることをおすすめ。ちなみにイディッシュとはユダヤ(ジューイッシュ)という意味。

『耳に残るは君の歌声』はこちらのAmazonでも購入できます。




ストーリーは1927年のロシアの寒村、幼い娘と遊ぶ父の歌声から始まる。この時代、ロシアでは徐々にユダヤ人に対するポグロム(迫害)が激しくなっていた。母のいない幼いフィゲレ(イディッシュ語で鳥という意味)をユダヤの村に残し、父はアメリカへいつ戻れるとも知れない出稼ぎへと去ってしまう。そして、村は襲われ、フィフェレは命からがら馬車に乗せられ一人逃亡する。港から父を追いかけアメリカへ渡る船に乗るはずだったフィゲレが辿り着いたのは、どうしたことか、なんとイギリスだった。

辿り着いたイギリスで、フィゲレはスージーと改名され、養女にもらわれてゆく。誰もイディッシュ語を話さないイギリスで、外国人としてのフィゲレは孤独に苛まれてゆくフィゲレ。そして第二次世界大戦が勃発し、人々はその運命に流されてゆく中、ユダヤ人のフィゲレは彼女と同じくマイノリティーであるジプシーの男と出会い恋に落ちる。その中でマイノリティーとしての強さと誇りを取り戻したフィゲレは、恋に終わりを告げ、生き別れの父を捜しに戦火の中、船でアメリカへと渡る・・・。ハリウッドで再開した父は病に倒れ、フィゲレは父の歌っていたあの歌を口にする。
[PR]
by ck-photo | 2004-07-03 05:04 | 戦争と平和


<< またしても罠にはまる・・・。 ぬり壁と御殿 >>