Waters of Eden ~楽園の水
e0009669_913042.jpg結婚式についてちょろちょろと書きましたが、今回はユダヤでの既婚女性の月経について。

女のカラダには毎月毎月の変化がありますよね。月のもの、生理。ユダヤの教えでは血はあまりよいものとしては扱われていません。血には魂が含まれているとカバラというユダヤの神秘主義などでは信じられ、カシェルというユダヤ教の食品規定では、お肉に含まれている血はタブー(旧約聖書創世記だい9章4節「ただし,その魂つまりその血を伴う肉を食べてはならない」から)。血の滴るステーキなんて、レストランでもみたことはありません。きちんとカシェルで処理されたお肉は恐ろしいほどに血抜きがされています。

さて、話は生理に戻って、この気だるい生理期間中と生理が終わってからの7日間、身体はゆっくりと休みを取り、次の排卵期へと準備をしていきます。つまりその間の最低12日間、ほぼ1ヶ月の半分、夫は妻に触れることをぐっと我慢。妻と夫はベッドを共にせず、夫は他の部屋で寝たり、ベッドの間を広くしたりと誘惑に負けないように工夫がされます。ま、妻にしてみれば願ったりかなったりかもしれない休暇ですが。宗教色の厳しい家庭では、その期間中の日常生活でも食事時にお皿を手渡したり、間接的に触れることさえしないこともあります。その休息の日々には、女性がついつい忘れがちなこと、自分のカラダの権利者は自分だということを思い出させてくれます。

そして生理開始から約12日が過ぎて、やっと夫は妻に触れることが解禁となるのですが、おっとっと。その前に女性がしなければならないことがあります。解禁の日の夕暮れ、つまり新しい日のはじまり(ユダヤでは一日は日没とともにはじまります)に妻は「ミクヴェ」と呼ばれるところへと行きます。

女性用と男性用に別れたミクヴェは清めの場所。元来ミクヴァは現在のように室内にあるものではなく、天然の水の流れる泉や川でしたが、今は各ユダヤのコミュニティーに立派なミクヴェが建てられています。ミクヴェには、体温ほどに暖められた天然水が常に流れている小さな浴室があり、そこにゆっくりとつま先から頭のてっぺんまで全身沐浴して身を清めます。それを3度ぽちゃんぽちゃんと繰り返し、神に祈りを告げ、ようやく晴れて妻はエデンの園から流れて来る水によって清浄されたことになります(なので水道水ではなく必ず流れのある天然水を用います)。

ミクヴェから帰りリフレッシュした妻。約12日間の短いようでながーい禁欲生活の終わりのハネムーンの夜。この日は赤ちゃんを授かるには最高の日。というのは、日本ではオギノ式などが一般に知られている排卵日の数え方ですが、実は生理が始まってから12~13日目、これが女性が最も妊娠可能な日です。しかし、世のユダヤの男性諸君よ。もし妻が機嫌を損ねてミクヴェへ行かなければ、いつまでたっても妻に触れることはできないので、常に妻には優しくしておかないとね・・・。これは万国共通、世の中の夫諸君に言いたいことですが。(笑)
[PR]
by ck-photo | 2004-08-31 09:00 | ユダヤ雑学


<< オリンピックのその後で ウェディングドレスとソウルメイ... >>