マツァのサンドイッチ、ココナッツクッキー、いちご
過ぎ越しの祭りで食べるマツァを使ったサンドイッチ。
e0009669_20345883.jpg

素焼きのマツァだけを食べると便秘になるので、レタスなどのサラダ菜と一緒に。
手前から手作りさくらんぼのジャム、真ん中は玉子焼き、奥がホムス。
これにサラダ菜を乗せて、その上からもう一枚マツァをかぶせていただきまーす。
が、マツァはバリンバリンで食べにくいので、わたしは2枚で挟まずにこのままサラダ菜を乗せて。
ペサハの晩にはセデルと呼ばれる夕食会のようなものが行われるのですが、
そのときには、西洋わさびとハロセットと呼ばれる甘いペーストをつけて
サラダ菜とサンドイッチにして食べます。この甘辛がなんともグー。

ちなみに、セファラディー系のユダヤの人たちはペサハの間はホムスも食べないので、
こういう食べ方はしないでしょうな。

さて、久しぶりにマハネ・イェフダ市場探索でも。
またしてもいちごの登場。
e0009669_20353184.jpg

先日は1キロ8シェケルだったのが、
昨日は2キロで10シェケルでした。当然買いましたよー。
マハネ・イェフダ市場ではこうやってザザーッと掬って。
ジャムにでもしようかとお砂糖をかけておいたのに、ちょっと摘んでみたら甘くておいしかったのでそのままペロリ。粒がふぞろいなので裏の畑で獲れたよーってな感じ。

店先のマツァ。箱積みですな。
e0009669_20361072.jpg


蜂蜜と練りゴマでできた甘いお菓子ハルヴァ。
e0009669_20363559.jpg

ユダヤのお菓子というよりも、中東アラブのお菓子。たまに食べるとおいしいけれど、
カロリーむっちゃ高し。

一つつまんでみますかねー。
e0009669_20374247.jpg


ペサハ用のうそつきクッキー。小麦を使わずに、原料がココナッツだったりします。
おかげで舌触りがザラザラ。個人的には却下。
e0009669_20381965.jpg


こちらも同じくペサハ用のクッキーなので、見た目はおいしそうだけど、味はどうかなあ。
e0009669_20393456.jpg


西洋わさび。ペサハの時期にはこうしてフレッシュなものが出回ります。
スーパーなどでは一年を通して瓶詰めのものあり。
e0009669_20385844.jpg

[PR]
by ck-photo | 2007-04-05 20:55 | 中東の食卓+α


<< 誰のためのホロコースト追悼日? マツァボールのスープ >>