ふーん、と思ったこと。Vistaとあるある。
「あるある大辞典」とかなんとかというテレビ番組のデータ捏造が問題になっているようですが、うーん、いまさらなにを・・・という気が。

25、6歳のころ、実はいわゆるそういったギョーカイというところで働いていたことがありました。しかも関西テレビ系の番組などの製作もあったので、あら懐かしい。

テレビ番組でも良いものも粗悪なものもいろいろですが、こういった視聴率や儲け主義に走っていいる番組の多かれ少なかれでは、ヤラセというか、適当に作り上げることを特に気にしないかも。と、まあ、そういうと語弊があるかもしれませんが(もちろんモラルとしてはそういうことはしてはならない事なのですが)。たとえば、深夜番組の制作に関わっていたときの話ですが、製作側のスタッフだったワタシが番組に出ちゃったことがありました。そのほうがストーリーがおもしろいからと。まあそういうことやらなんやら、それでも当時の番組は今から考えるとまだまだまともなほうだったのかもしれない。

そうこうして、なんだかとてつもなく心身ともに不健康そのものの世界だったのと、ちょうどマクロビオティックなどの生活がしたかったので、サヨウナラ。まわりの友達などには「ギョーカイなんて入りたくても入れないのにもったいない!」と言われ、確かにおもしろくはあったけど自分では「ふーん、そう?別にぃ」ってな感じあっさりでした。今思うと、あの時辞めずに続けていたらまたちがった人生があったかも?

さて、Vista。ウィンドーズの新しい製品で「PCの新時代」とか謳われていますが、仕事で何度かVista Ultimate(日本語版)を使ってみました。はじめは「おおーっ!ビジュアル的にはすっごくきれい!」と感心。エクスプローラもファイアーフォックスのようにひとつのウィンドーでいくつも開けるので便利。他にもいろいろと「やっとおいついてきたかなあ?」と思えるような設定ですが、「一歩進んだ」という感じでもなし、並んでまで買うほどでもなさそうな・・・。個人的にはXPに飽きたから使ってみようかなという感じでした。限りなく個人的な意見ですが。

んま、何気ないそんなことでした。

e0009669_674446.jpg

二つ目のバルコニーがはじめてエルサレムで住んだアパート。いかにも昔のエルサレムという雰囲気で、ステンドグラスのついた窓や天井の高いアパートでした。好きだったなあ。この日の洗濯万国旗はおとなしいほう。おばちゃんのデカパンがずらりと並ぶこともあり。
[PR]
by ck-photo | 2007-01-31 06:20 | 何気ない日々


<< 名の記憶と木々の新年 アーモンドとオリーブの花咲く頃 >>