Tシャツ買っちゃったもんね
だからどうしたってことではないのですが、イスラエル、特にエルサレムでまともな洋服を見つけるのは一苦労。日本の大きな街では当たり前にあるようなブランド店なんてほとんどなし。イタリアのブランド物を売っている店が一軒ありますが、むっちゃくちゃ高い・・・。一般庶民にはなかなか手が出ず、お客はヨーロッパや米国からの移民たちがほとんど。以前はそういうところでも買いましたが、なんだかあまりにも馬鹿げた値段にアホらしくなってしまい、遂にはFoxやらカストロといったイスラエリーカジュアル・ブランドでワンシーズン着て捨てる、という自分の中では最悪のパターンに陥りました。

とにかくシンプルで品のよいものというのがない国(または街)です。すべてにおいて、その日暮らしというか、目先のことだけがそこにあって、いいものを長くなんて観念がまったく存在しない。なので、エルサレムのベンイェフダ通りやマルハ・ショッピングモールで売っている洋服はどれもテロンテロンなポリエステル系で、いかにも安っぽい(といっても一枚30シェケルぐらいしてるので、800円ほどかな?)。一シーズン着たらもう着たくなくなるようなもの。特に女性物はふつうのシンプルなコットンのTシャツなんてないし、男物だとどーでもいいようなコットンTシャツはあるけど、ぜんっぜんかわいくない・・・、おっさん風。

が、先日、仕事の帰りにエルサレムの中央バスターミナルの中で見つけました。コットン100%のTシャツ!しかもかわいい!古着っぽい感じでゆったりナチュラルなのが気に入りました。
(本音は、胸の切り替えのおかげでおなか周りがかなりゆったり目だったから。わははっ)
e0009669_11505375.jpg


e0009669_1151717.jpg思わず、同じものを色違いで2枚、つかみ取り。オリーブグリーンとチャコールグレー。だって、今度はいつめぐり合えるかわかりませんもん。で、気になる値段は69シェケル・・・高いっ!日本円で1700円ぐらいなのかなあ。むっちゃ高いぞ・・・。ユニクロあたりで1000円ほどでありそうなのに。かわいいちょうちょうはあってもなくてもいいし、タグはこんなに拘ってもらわなくてもよいぞ。だってどうせ捨てちゃうんだし。その分、コストを下げて頂戴。
e0009669_11511982.jpg

と、ぼやいても仕方がないのでレジに向かう。その途中に目に入ったのが、男性用のふつーのコットンTシャツMサイズ、35シェケル!ほぼ半額。女性物もそれくらいの値段にしてほしいなあ。思わずそっちだけにしようかと一瞬迷いましたが、イスラエリーなおっさんになってはいけない!と自分に言い聞かせ、かわいいTシャツと、でもやっぱりそれもついでに買っちゃいました。だって、コットン&サイズがちょうどだったんだもん。合わせて消費税込みで180シェケルほどの消費(4500円ほど)。おおー、Tシャツ3枚にもったいないなあ。

で、買ったはいいけど、まだ冬なんですな、これが。下に長袖Tシャツを着るという手もありますが。しかも昨日は雹がバラバラバラバラッと。屋根をぶち破くかの勢いでした。旧約聖書でもモーシェが出エジプトする時に、カミサマがファラオに納得させるために災害として雹が登場するのですが、やはりその時と同じく、この土地の雹の降り方って尋常ではないというか、激しすぎますね。

e0009669_1148073.jpg

あまりにも降りつける音がすごかったので、ベランダに出て手を出してみましたが、イタタタタッ。小石が降って来るような痛さでした。しかも大きいなあ。アーモンドの花はどうなったのかな。
[PR]
by ck-photo | 2007-01-22 12:04 | 中東の職人技


<< 地中海の魚のから揚げとナチュラ... 春の便り >>