ハヌカの街角 その①
e0009669_2162281.jpg

エルサレムのヤッフォ通りにある大きなお菓子屋さん&レストランのスフガニヤ売り場。
やっぱり何度見ても今年のスフガニヤは疲れてる。
なんだか今ひとつおいしそうじゃないなあ。

ひげものおにいさんもどれにしようかな~と真剣な後姿。
e0009669_2165267.jpg

エルサレムのお菓子屋さんやファラフェル(ひよこ豆の揚げ団子)の店など、こういうふうにセルフサービスというか、自分で好きなものを袋に詰められる店が多い。というのも、何事にも首を突っ込まなくては気のすまない国民性、自分の手で自分の選んだものを自分の持つ袋に入れたい。こんなちょっとしたことでもよーッく国民性が出てるなあと。個人的にはこれはちょっとNGかも。激甘シロップがかかっていたりするので、べたべたなところにお客の出入りでかなり埃もくっつくだろうし、しかも、マナーがないエルサレム。手でつかんだあとで気に入らなかったらしく、また戻す人も。おーい、汚いやんか。だからおなか壊すんやな。


e0009669_2173319.jpg

こちらはアップルピツァというアメリカ移民&留学生ご用達、エルサレムのリトルアメリカな店のハヌキヤ。ピツァは1スライスで10シェケル。高いなあ。

下は近所のイタリアンレストランのハヌキヤ。この窓だけ見るとNYのどこかの店の窓のような。写真左端のヘブライ語で書かれたものはカシェル認定証。カシェルを守っている人たちが入店前にどこの認定証なのかわかるように、レストランの入り口などにこうやって認定証が張られている。
e0009669_2182100.jpg

ヘブライ文字の書かれたハヌカの駒。
e0009669_2182394.jpg



で、日没にあわせて毎日ハヌキヤに火を灯すのですが、エルサレムの繁華街のど真ん中でも
大きなハヌキヤが出現。
e0009669_2184950.jpg

ハバッド派とよばれるひげもじゃ軍団(正統派ユダヤ)が主催で派手派手なユダヤ宗教ポップミュージックにあわせて毎晩点火。ハヌカ三日目の昨夜も消防車のクレーンに乗ってがんばっておりました。火を灯した後には、スフガニヤが配られ、いらなかったんだけど思わず手が・・・。ということで、またひとつ食べちゃいました。いったいハヌカが終わるまでスフガニヤを何個食べるのでしょうか・・・。

それにしても今週はかなり冷え込むエルサレムです。
[PR]
by ck-photo | 2006-12-18 21:25 | 中東の食卓+α


<< Jerusalemの夜 こらぼ さらくだ 久々の更新 >>