行きそびれた割礼式
今年ももうあと一ヶ月というところになりました。ああ、早いなあ。でもユダヤ暦のイスラエルでは年の暮れという雰囲気もなく。自分の中では今年はいろんな意味で見直しの一年というか、迷いと選択の一年でした。仕事のほうも、じっくりと一つ一つに取り組むのではなく、二つも三つも掛け持ち。ひとつ終わっても休みが取れることもなく、すでに次のプロジェクトが重なっている状態で、ばたばた。ゆっくりと時間をかけるよりも、とりあえず終わらせなければ、と、あまり心に余裕がない一年でした。しかも無駄な労力がかなり多かった。

おかげで今年は今ひとつ健康面もよくなく、先日のマーク氏の晩の後から急性胃炎か何かのようでだるーい日々です。すぐに疲れて、ちょっと横になったつもりが気がつけば7時間とか寝ています。それでも仕事の締め切りはやってくるし、困った困った・・・。どこかで、うがー!と叫びたい心境です。

一週間前に親友のシギーの弟さんに息子が生まれ、今日の午後に、ユダヤの民の一人となるべく割礼式がありました。シギーのいとこで、私の友人でもあるKちゃんもせっかくNYから来ているので、行こうと思っていたのですが、残念ながら欠席。式の後には当然、食べろ食べろの宴会。行っても別に食べなきゃいいのですが、見たら食べたくなるし、この胃袋と精神力でオイリーなユダヤ料理と騒がしいお祝いの場に行くのはちとキツイ・・・。ユダヤの祝い事では、アルコール類をがんがん飲むということはあまりないですね。出てもワインで、ビールなどはあまり見かけません。エルサレムでは、大人がへべれけに酔っ払うのは、一般的にはプリムの祭り以外ではあまりないように思います。

と、ここまで書いて、いったい何を書こうとしていたのかを忘れてしまいました・・・。はーっ。来年はもう少し精神的に楽な一年になることを祈りつつ・・・。コメントのお返しが遅れていますが、ぼちぼち行きますのでよろしくー。


追伸:これまで「ブログ村ランキング」に参加させていただいていましたが、これもそろそろおしまいにしようと思います。これまでどうもありがとうございました。
[PR]
by ck-photo | 2006-11-28 11:33 | エルサレム・エルサレム


<< イタリアン シナゴーグ fro... 久しぶりに、これぞ中東の食卓? >>