ユリ・ゲラーの再来
もうすっかり記憶のかなたに忘れさられていましたが、こういうイスラエルの方がいらっしゃいました。

ウリ・ゲラー。e0009669_6455958.jpg

そう、かのスプーン曲げの教祖様。ユリ・ゲラー殿。英語のスペルがUriなので、日本ではユリですが、地元ヘブライ語だとウリですね。現在は英国で、とっても大きなウリ・ゲラー御殿にお住まい。で、なぜ今になってかはわかりませんが、テレビ局の特集で昨日と今日、そして来週にまたがってウリ・ゲラー特集なイスラエル。流暢にヘブライ語を話すウリ・ゲラー。と、イスラエル人なので当たり前なのですが、ずっとどこか他の国の方だと思っていたのでなんだか不思議。

今回の番組の目玉は、ウリの後継者選び。いわゆるそのー、ひとつの超能力者というんでしょうかねえ、となぜが口調が長島サンっぽく怪しくなってしまうのですが、マインド透視など特殊能力を持っている人たちが競い合う。そして最終的にはその中の一人をウリが選び、「ザ・ウリ・ゲラー後継者」が確定されるというものらしい。今夜の出場者5人の中にも、おおー、「送ってください送ってください、ほら、みなさんの念力をテレビを通して~・・・・・・、やった!割れた!」と、ステージの上のグラスがパリーン。・・・いや、ほんま、割れましたワ。来週はどうなるのでしょうか。

そして番組のはじめには、当然のごとく、ウリの超能力をテレビを通してこちらに送られましたよ。なんだか妙に懐かしい。「□ ☆ ○ + ~~~ 」の5つからウリがひとつ選んだものを、テレビを通してウリが目ぢからで視聴者にバッチーンッ。

「ほーら、今から送りますから、いいですか、僕の目を見て~!エイヤッ!」

いやー、ウリの目がかなりキラリと光って、はい、ちょっと怖かった・・・。で、視聴者はウリからの「キタキタキター!」のイメージを番組宛に電話投票。ウリの目ぢからからわたしが受け取ったイメージは「□」。誰がなんと言おうがこれ。番組最後にその回答があったので、どうよ?と思っていると・・・「☆」!ぜんっぜんちがうやん!ということで、わたしにはそういった能力皆無という現実。

とかなんだかんだと、久々にこういう「元祖いんちきくさい番組」を見たので、結構おもしろかった。いえ、こういった能力そのものがいんちきくさいのではなくて、イスラエルだから余計に眉唾ものに見えるというか。でも四国ほどのイスラエルですでにこういう方々が最低でも10人ほどいるということは、世界中にたくさんいるということでしょうね。すごいなあ。さて、来週後継者に選ばれるのはどなたなんでしょうか。楽しみの少ないイスラエルで(特にテレビでは)、なんだか妙に楽しみです。


(この番組のコマーシャルがまたなかなかのでき。ウリのウェブで観覧できます。そちらの真ん中にある「Uri Geller's Articles and News」をクリックするとそのコマーシャル映像が流れます。その下の写真はこれまたなぜかあべ総理。わははっ、なんだかおかしい。

このテレビ局のウェブで本日の番組の一部が見られます。
右下の画像画面をクリックするとウリさんが登場。)
[PR]
by ck-photo | 2006-11-19 06:46 | 中東の職人技


<< シラミの先進国 12月のカレンダー >>