アーティチョークの炒め物、と美しい日本
そしてまいどの中東の食卓です。

アーティチョークの炒め物。
季節感のあまりないエルサレムですが、昼間はまだ日本の5月ぐらいでしょうか。
それでもここしばらくで朝夕はすっかり冷え込んできました。
ちょっとこってりしたものが食べたくなったかも。

e0009669_11393773.jpg

便利なのでスーパーなどに売っている缶詰を使います。
マハネ・イェフダ市場で生のものの写真を撮るのを忘れました。

にんにく、たまねぎのスライスをぎゅっと握ってから、
オリーブオイルをひいた中華なべで、炒めます。
そこに戻した干ししいたけ、ねぎ、キャベツ(または白菜)のみじん切りを加え、
缶のアーティチョークもえいっ、よく火を通します。
これに作り置きのハーブ入りトマトソースをよくからめてできあがり!
今回は干ししいたけを入れたので、
トマトソースの代わりにおしょうゆとお酒で味付けをすればあっという間に中華風。
それもおいしそうやなあ。

アーティチョーク、食感はたけのこの炒め物。
野菜大好きなわたしとしてはかなりうれしい一品です。
ブロッコリー(エルサレムでは高級品)を入れてもよさそう。
お肉がほしい方は、ミンチを入れるといいでしょうね。


e0009669_0304551.jpgそして、今日の午後、宝物がひとつ増えました。
大切にしている絵本のコレクションにもう一冊、こんなすてきな絵本が浜名湖の湖畔のお友達から届きました。

画家の原田泰治さんと、歌手でありなんでも器用なさだまさしさんの絵本、というか、原田さんのほんわりとした絵にさださんの美しい歌の本。ページをめくるたびに、古きよき日本がそこにあり、日本にいても海外にいても、とにかく思いっきりホームシックになりそうな一冊です。永久保存版ですね。こんな砂漠の僻地までこれぞという品を送っていただいて、本当にどうもありがとう!

e0009669_0315898.jpg

その湖畔のお友達に教えていただいたのですが、さださんって歌のほかにも美しい絵本や本も書かれているのですね。

小さいお子さんのいる方、そして大人の方もぜひ本屋さんで見てみてください。

で、美しい日本といえば、こちら、のらさんのブログ。今回ののらさんの写真がなんともこの絵本と重なります。


原田泰治美術館


追記・・・投稿直後には「エルサレム・アーティチョーク」と書いてありましたが、ボケてました。
これとエルサレム・アーティチョークは別物っ!
エルサレム・アーティチョークはお芋のような、でも味はちょっとごぼうのような野菜です。
これは単なるアーティチョーク(の芯の部分ね)ですワッハッハ。失礼おば。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-31 00:46 | 中東の食卓+α


<< 本番前、プレ・デモ サラダとアメリカンなエルサレム >>