サラダとアメリカンなエルサレム
e0009669_92576.jpgなぜかしら、どんどんと食べ物ブログになりつつあります。書きたいことが他にないわけでもないのですが、取り立てて書くほどのことでもなく、プラス、あれやこれやと仕事で頭が一杯。

最近のマイブーム。「サラダ」

もうエルサレムですら寒くなり始めたところに思いっきり季節外れですが、イスラエルの人は本当によくサラダを食べますね。テルアヴィヴなどに仕事に行くと、ランチにはサラダ・バーに行ったり、ベジタリアン・ライフが楽しめますが、エルサレムでもようやく自分でトッピングを選べるサラダ・バーがオープン。

大盛りと普通のどちらかを選び、レタス、きゅうり、アルファルファー、マッシュルームなどなど、好きな野菜、を「あれとこれとそれとどれにしようかなあ~」と選べます。その上にチーズや卵、ツナサラダ、グリルしたなすびにさつまいも、パプリカなども乗せちゃえ!


e0009669_9123116.jpg


今回のチョイスは、レタスにアルファルファー、ローズマリーとグリルしたパプリカとさつまいも、なすび、マッシュルーム、そしてバジルソースのパスタ。これにバルサミコのドレッシングをもらいましたが、それなしでも十分すぎるほど美味しかった。それにパンと飲み物がついて、35シェケル。他のレストランでは同じ値段でステーキ・ランチセットが食べられるほどなので、値段としては決して安くはない。でもたまに、むしゃむしゃ、シャリシャリ、もうええわ・・・って思うほどサラダが食べたくなる。

そして、もう絶対に食べないもの。カフェのケーキ。アメリカンちっくなチーズケーキや、チョコレートムースの美味しそうなケーキがエルサレムでもようやく市民権を得てきましたが、ちょっと待て・・・。一切れ、25シェケル・・・。これだけはいただけません。ピタに詰めたファラフェルが10シェケルほど、シャワルマ(日本ではギリシャ語のギロス?)が17~20シェケル。これでおなかパンパン、一食分。それがケーキ一切れごときに25シェケルとは、なんというか、日本の感覚だったら、財布は薄いのに1000円もするようなケーキを一切れ注文しちゃったわ・・・という感じで、冷や汗たらり。以前はイスラエルの家庭では、おっかさんがケーキやクッキーをよく焼いていたので、こういったおしゃれなケーキの出現はここ最近のこと。しかもアメリカからの留学生がわんさかなエルサレムの街では、どうも価格がアメリカーンなのか、どこかでアメリカーンな憧れがあるのかも。今夜もこういうカフェでちょっとお茶していると、飛び交うはコテコテのアメリカ英語。見渡せば店内はほぼ90%がアメリカからの若い留学生。まるでアメリカのどこかの大学カフェテリアのようで、とってもにぎやか(いや、うるさい・・・)なので、とっとと退散してきました。まあ、街に活気があるのはいいことですけどね。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-29 09:39 | 中東の食卓+α


<< アーティチョークの炒め物、と美... 冬の到来かもしれない >>