5767年の仮庵の祭り 
e0009669_21352692.jpg


今日の日没から仮庵の祭り(スコット)がはじまります。ユダヤ暦5767年、ティシュリ月の15日。日本では中秋の名月でしょうか。

ユダヤの新年から贖いの日までは重く厳粛ムードでしたが、長い夏の終わりを告げる楽しい仮庵の祭りへとユダヤの暦は移ろいます。雨を祈り、この世が仮の住処であることを確認し、神に感謝するお祭り。

一週間のあいだ、家のベランダや外の通りに建てられた仮の小屋(スカー)で食事をしたり、寝たりします。小屋の中には、イスラエルを代表するくだもの(ナツメヤシの実、ざくろなど)の飾り物や、七夕のようなきらきらした飾りをつけ、子供たちにはそれだけでもワクワク、待ちに待ったお祭り。街中のレストランやカフェも小屋を建て、エルサレムの街はお祭りムード一色。

祭りの前日まで、祭りの道具を売る特別の露天が正統派ユダヤの街メア・シェアリムに溢れます。道具はすべてカシェル(認定)でなければならないので、みな真剣に選びます。

こちら にメア・シェアリムの街の光景を載せておきました。興味のある方はどうぞ。
[PR]
by ck-photo | 2006-10-06 21:51 | ユダヤの暦


<< ラマダンの街角 かんたんチキンパイ&豆腐パイ >>