三都そら物語

このブログの一番上の夜景は、テルアヴィヴ上空。夏に旅したときの一枚。旅の疲れでぼ~っとオレンジ色の光を見つめたまま、すっかりシャッターチャンスを逃してしまいました。いつも旅のはじめと終わりには、イスラエル上空の眺めには心を奪われます。


今回は、夏のはじめにテルアヴィヴ⇒イスタンブール⇒ザグレブへと飛び立ったときの写真です。すっかりこの写真を忘れていました。だからどうしたという写真でもないのですが。


テルアヴィヴのベングリオン空港。空港に国旗が掲げてあるのも珍しいような・・・。
e0009669_502980.jpg

2000年のミレニウムにあわせて、新しい空港を建設するも、やっぱりイスラエル。2000年には間に合わず。新しくていいのですが、無意味に広い&おもしろくない&以前の場所からさらに地中海よりになったこととドルの変動で、エルサレムから空港までのミニバスが値上がり。狭くても機能的な前の空港のほうがよかった・・・。これは関空ができたときにも思いましたね。それまでは伊丹空港で十分だったし、京都からもシャトルバスで1000円ほどとお手軽だった。ちなみに、空港内のマクドナルドは珍しくカシェルなんですね。それにしても高すぎ・・・。


ベングリオン空港内で見た軍用機。運搬用でしょうか。
e0009669_51453.jpg


ベングリオン空港から地中海沿岸にかけての街。こういった街並みが多いイスラエル。
テレビのニュース映像とはまたちがった砂の色。日本のニュースで見ると、ものすごい色あせ方。
e0009669_56210.jpg



地図で見るのと同じ地形をしているのが、あたりまえやん・・・と思いつつも「おお~っ!」
改めて、緑のない国ですね。地中海は美しいけど。そして地球は丸かった!
e0009669_581350.jpg






そして飛行機は一路、トルコ上空へと。テルアヴィヴから2時間もかからない。
e0009669_592720.jpg


そして、飛んでイスタンブ~ル♪ カラフルなアパート郡ですね。
e0009669_511555.jpg

イスタンブール上空に差し掛かると、とたんにモスクの塔がにょきにょきと飛び出してくるのがおもしろい。
e0009669_5374779.jpg


イスタンブールからさらに2時間ほどで、森と水。ほぼおとぎの国、クロアチア上空。
e0009669_5125427.jpg

写真の奥の山際、そのあたりがクロアチアの首都ザグレブ。高いビルなんてまったくなし。
緑豊かな森が広がります。

「本日はトルコ航空をご利用いただきまして、まことにありがとさん。また搭乗してね!」
とトルコ語とかぎりなく肩肘の張らない英語でザグレブに到着。
e0009669_5141879.jpg

空港の規模は・・・、伊丹よりもはるかに小さい・・・。
石川県の小松空港ほど。といってわかる方も少ないか・・・。

なんとも牧歌的。ユーゴな空。時間が止まってますね。
e0009669_5455456.jpg



中東の街から東西のクロスロード、そして東ヨーロッパ。三都空の旅。
[PR]
by ck-photo | 2006-09-27 05:48 | 旅の空


<< レイチェルは「雌のひつじ」  チキンスープと秋  ユダヤの新年 >>