tel aviv なお仕事
e0009669_741961.jpg

e0009669_7415787.jpg

e0009669_7424586.jpg


エルサレムがスピリチュアルな都なら、テルアヴィヴはビジネスの都。

以前はエルサレムはヘブライ大学など学問の都でもあったのですが、インティファーダ以来はそれもテルアヴィヴ大学のほうへと移り変わっていったようです。

このふたつの街の大きさはそれほど変わらないのに、エルサレムは垢抜けない村のようで、小さな中心街と旧市街を除いては巨大なベッドタウン。黒ひげも人口30%、というのがその理由のひとつかも。まあ、標高800メートル、砂漠の山にあり娯楽もなければ、学ぼうか、ともなるかもね。

その反対にテルアヴィヴ。どことなくLAのような街、もしくは大阪、というのが私の思うテルアヴィヴ。車がなければ端から端へは移動できないけど、シェルートというミニバスが頻繁に走っているので非常に便利で、街のスピードは躍動的。でも、中東でありながら、いかにも地中海沿岸の街のレイジーな雰囲気もあって、なかなかおもしろい。やはり海のある街っていいなあ。そりゃ、ビーチに座ってビールでも飲めば開放的な気分になるし、スピリチュアル?お勉強?なんて関係ないワ~ってなるなあ。車で高々一時間でこうもちがうものなのですね。

先週のお仕事はこのビルの上のほうにあるオフィスででした。
眺めがいいな~。地中海も見えるし、こんなオフィスなら毎日でもいいかな~。
[PR]
by ck-photo | 2006-06-22 08:00 | 混沌の文化


<< バス停がキライなわけ 携帯電話 >>