ちらし寿司、京おんなの復讐
ん、もー、くやしー!いっつもいっつも、がっつーん!と一撃を食わされ続け、ついに京おんな、復讐を誓いました。「打倒!神戸のおやびん!」・・・・ぷっ。なんて、冗談ですが、おやびん宅、いつもあんまりにもツボをついた食卓に猫三昧でステキすぎます。

ってことで、京おんな、神戸なんぞには負けてられまへん。

和食&アジアのごはんが簡単に口にできる方々には「それがどーしてん?」なものですが、ふーんっだ。昨日の夜中、どうしても食べたくなって作っちゃったもんねー、ちらし寿司!・・・おやびんのおいしそーな冷麺「中華冷麺の季節」には勝てまへんが・・・。って、情けなや、すでに負けてる。

e0009669_7325498.jpg

e0009669_7331125.jpg


いくらはお酒につけよーと思ったら、あらら、切れてました。で、こちとらエルサレム、「じゃ、ちょっと角のコンビニまでー」というわけにもいかず、台所に残っていたちょっと甘めのユダヤな赤ワインで試してみました。お、ちょっと欧風いくら。なかなかイケマス。で、スモークサーモンと、お味はすっかりバッテラなユダヤな酢漬けのニシン、と久しぶりに奮発しましたわよ。

エルサレムでなんちゃってちらし寿司、ごちそうさまでしたー。で、夜中にこんなカロリー高そうなものを作らせてくれたおやびん、怨むわよ。おりょ?・・・復讐だったはずなのに・・・・。
[PR]
by ck-photo | 2006-05-11 22:06 | 中東の食卓+α


<< Chulent ・豆シチューな金曜日 チクリと痛い現実 >>