焼きたてのパンのぬくもり
e0009669_2134218.jpg


昨日の夜、シギーから電話があった。

「10時半にツィオン広場で待ってて!」

夜の10時半、言われるがままにツィオン広場に行くと
安息日前の夜とあって賑やかだった。
なんや、木屋町みたいやなあ、なんて見ていると、
向こうからシギーがうれしそうに駆け寄ってきた。

「シギー!」
「CK~!」

「で、シギー、頭痛、治ったん?」
「うん、痛み止め飲んだし」
「よかったね。で、どうしたん?」

「お誕生日おめでとう!パン焼いたよ、プレゼント!」

その日の午後、スピーチ・セラピストのシギーは頭痛がして、
クリニックを早退してきた。
それからわざわざ痛み止めを飲んで、パンを焼いてくれた。
この前、彼女の作るパンを食べたいなあって話したから。

ありがとう。
これからも友でいてね。

それからカフェで二時間ほどおしゃべりをしてから帰宅すると、
NYのI君から電話があった。

「オタンジョビ、オメデト~♪

Happy birthday to you♪
Happy birthday to you♪
Happy birthday dear CK~♪

Mazal Tov!120才までね!」

「ありがと~!」

「それで、CK、今年一年の目標は何?」
「はいっ?」
「誕生日でしょ?目標考えてないの?」

考えてなかった・・・。
わかりましたですよ、考えますよ。目標。
このところ、あんまり考えることしてなかったからなあ・・・。

ありがとう、I君。
これからも友でありますように。

またひとつ、年を重ねることになりました。

e0009669_21204433.jpg

おまけのなすびはこちら
[PR]
by ck-photo | 2006-03-24 21:24 | 中東の食卓+α


<< 春だから。旅に出かけてきます。 歯を磨いたら 飲んじゃダメなん... >>