静寂とともに生きる~隠れキリシタンの谷間
e0009669_5125182.jpg
アナトットの近くの谷間。

1世紀の終りから2世紀のはじめにかけて、ローマに禁じられていたキリスト教。
その時代にエルサレムから逃れてきたキリスト者たちが、
この谷間の洞窟に隠れ住んでいた。
谷間は夏でも泉から流れる水をたたえ、植物を育て、
野生の動物たちもやって来た。
砂漠のオアシス。

そこには静寂を求める者たちの修道院もあった。
その古の修道院は1990年に再び建てられ、
現代の騒音から逃れる者たちが静の音を聴きながら生きている。
[PR]
by ck-photo | 2005-12-12 05:13 | エルサレム・エルサレム


<< 限りなく旧約聖書な風景 砂漠の山々からヨルダンを望む >>