クレープに誘われて、探偵落第
e0009669_9164417.jpg

@jerusalem

エルサレムでつかの間の流浪生活をしていたNYの友人ノアム。
今夜はお見合いなんだと、ウキウキ。
彼の後を目的地のカフェまで尾行してみよう!
と思ったら、クレープの焼けるいい匂いに心を奪われて、
ノアムを見失ってしまったよ。

でも行き先のカフェはちゃんと知っていたから、
彼のデートの相手の後姿と、ノアムの楽しそうな笑顔をキャッチ。
ちゃんと、NYのいとこに伝えておいたからね、ノアム君。

クレープ、おいしかったよ。
[PR]
by ck-photo | 2005-11-11 09:20 | 混沌の文化


<< 砂漠の山々からヨルダンを望む バル・ミツヴァのお祝いのケーキ >>